藤井聡太

竜王戦第6局、2日目封じ手開封直後~10時の形勢

スポンサーリンク

先手:藤井竜王
後手:広瀬八段

戦型:角換わり腰掛け銀

藤井竜王が数字上は僅かに有利(+300点ほど)で1日目を終えたものの、
広瀬八段も最善の粘りで応対。

スポンサーリンク



藤井竜王が有利になる手順をAIが示していたものの、
「これは人間的には恐らく指さないだろう」というレベルの
非常に難しい手順だった。





結果的にAIの最善手は指されず、互角に。

その後、広瀬八段に千日手に持ち込む筋が生じた。
ただしこれもまた非常に指し辛い手順で、結果的にそれを逃し
現局面では再び「僅かに藤井竜王有利」に戻った。

藤井竜王に鋭い角打ちが飛び出し、現局面は約300~400点ほど
先手(藤井竜王)が有利になった。


10時のおやつは両者、「濃厚パンプキンプリン」 おいしそうですね!

-藤井聡太