叡王戦

第7期叡王戦決勝トーナメント速報 船江六段、一回戦突破

スポンサーリンク

船江六段が佐々木六段を下し2回戦進出。次は近藤七段と。
二回戦は斎藤八段ー村田or出口戦勝者、佐藤天ー丸山九段。
2月21日の豊島九段ー中田功八段戦は要注目。
藤井聡太叡王への挑戦権を決める戦いが白熱している。

スポンサーリンク

叡王戦は4~6月。藤井叡王、初防衛なるか?
チェスクロックで持ち時間各4時間という、八大タイトルの中では最も持ち時間が少ない棋戦。
長い持ち時間を得意とする藤井叡王にとっては八大タイトルの中で一番厄介な五番勝負となるかもしれない。

-叡王戦