先手中飛車対策・後手超速2

スポンサーリンク

前記事はこちら 

第7図は初手から▲76歩△84歩▲56歩△62銀▲68銀△42玉▲55歩△73銀▲66歩△75歩と進行した局面。75歩で△64銀は▲65歩△同銀▲67銀で、ソフト的にはいい勝負なようだがあまりやる気がしない。


ここからソフトの実戦例は▲67銀△32玉▲75歩△64銀▲76銀△72飛▲48玉△86歩▲同角△34歩 と進んだ。(第8図) ▲67銀では▲同歩もあり、後程調べたい。


第8図まで進むと居飛車も面白そうだ。
続いて第7図から▲同歩だが、△64銀▲67銀△32玉・・・と進むと上の変化に合流する。この変化は個人的には今後主力で使う予定なので、ソフトやプロ、私の実戦棋譜を今後とも随時追記していきたい。

スポンサーリンク

“先手中飛車対策・後手超速2” への2件の返信

  1. こんにちは〜)^o^(

    対振り飛車用の飯島流は、どういう駒組み目指せばよろしいでしょうか? 中飛車は、よくないですか?宜しくお願いします(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA