藤井聡太七段vs斎藤慎太郎七段 午後7時の形勢 第66期王座戦挑戦者決定戦

スポンサーリンク

先手:斎藤慎太郎七段(残り1時間31分)
後手:藤井聡太七段(残り1時間31分)

戦型は最近何度見たか分からない「相雁木」になった。両者とも得意としている形だ。19時の時点でソフトの形勢判断はほぼ互角。ごく僅かに先手ペース。
藤井七段は何度も見せている「居玉」での戦い。一昔前なら「居玉は避けよ」という格言が常識だったが、現在ではもう古いのかもしれない…。

両者とも残り時間をしっかり残していることから、本格的に形勢が揺れ動くのは
あと1~2時間後位だろうか。ただし、両者とも薄い形なので一度形勢が傾けばいっぺんに決着が付きそうだ。

スポンサーリンク

 

藤井聡太七段の増田康宏六段戦における「待った」疑惑について 

スポンサーリンク

この件についてはyoutubeにて動画でもUPしたが、上手く喋れなかった部分やあらぬ誤解を生んでしまった部分、批判された部分も一部あったので文字にて補足していきたい。

既にこれだけ騒ぎが大きくなってしまっている上に、映像がばっちり残っていて
「少なくともマナー違反、厳密に言えば待ったの反則だろう」という認識が多数を占めている現状を考えると「おとがめなし」というのは難しいだろうと思う。そもそもマナー違反をしなければ勝てないようなレベルの棋士では無いので、一旦反省して頂き、こういった件がこれで最後になればいいなと思う。
 今回の件に対して心情的には「見逃してあげても…」と思ってしまう部分はある。しかし、プロはアマのお手本にならなければいけないので、これからトップ棋士として棋界を何十年も背負っていくであろう藤井七段にはやはりマナーも美しくあって欲しいと思う。
 既に実力はトップクラスとは言えまだ15歳の少年。本局においては咄嗟の場面において若さが悪い方向に出てしまったというところか。

   処分の内容についてだが、重くても「当該対局おける対局料の没収」程度で済むと思う。というか済ませて欲しい…。
銀河戦における加藤一二三九段vs阿部隆七段(当時)の戦いにおいて加藤一二三九段が
プロ史上初めて「待った」の反則をした(桂を不成で盤上においたが、その後何度かカラ打ち後にチョンチョンとやって、結局10秒後くらいにひっくり返して成にして盤上に置いた。視聴者からのクレームで後日調査された結果「待った」が認定された)ことがあった。その時は

①当該対局の対局料の没収
②次期銀河戦の出場停止処分

という極めて重い処分内容となった。
今回は10秒程滞空時間があって「成か不成か選択していた」加藤九段の場合と違い、全ての動作が0.5秒程度で完結しており「盤上に打つべき駒を間違えたことに気付き咄嗟に取り替えた」
というのが実際のところだと思う。なので、前例に比べて悪質性は低いと個人的には考えている。仮に待ったが認定されたとして「次期竜王戦出場停止」まではいかないはずだ。間違いなく連盟から藤井七段に対して厳重注意は行われる筈だが、その先の処分がどこまで行くか。それも注目ポイントだ。

スポンサーリンク

万一問題行動後に藤井七段が大逆転で勝利していたりしたら、恐らくyahooニュースのトップになるレベルでこの問題が騒がれていたかも知れない。今後そうした事態が起こらないことを一ファンとして祈るばかりだ。藤井七段は修正能力が非常に高いので、恐らくもう大丈夫だろうと信じている。

 

藤井聡太七段vs増田康宏六段 20時の形勢 竜王戦決勝トーナメント

スポンサーリンク

先手:増田康宏六段 残り時間1時間20分
後手:藤井聡太七段 残り時間0時間36分

形勢は先手有利→ほぼ互角→先手有利→ほぼ互角という波を繰り返しながら、現局面(61手目)は「ほぼ互角」のようだ。ただ、藤井七段の玉が居玉であったり、残り時間がもう40分を切っていて最終盤は1分将棋に追い込まれそうということも加味して考えるとだいぶ危ないような気がする。竜王ドリームに向けて、藤井七段としてはここが正念場か。流石に増田六段クラスになるとそう簡単に負けてはくれない。双方の持ち時間から考えて、21時~21時半頃には形勢がハッキリしそうだ。

スポンサーリンク

 

竜王戦決勝トーナメント 藤井聡太七段vs都成竜馬五段 17時の形勢

スポンサーリンク

先手:都成竜馬五段(6組優勝)
後手:藤井聡太七段(5組優勝)

いよいよ竜王戦の決勝トーナメントが開幕した。竜王戦は1~6組に分かれているが、上の組に行けば行くほど優遇される変則トーナメントとなっている。例えば1組優勝者は1回勝つだけで挑戦者決定3番勝負に進出できる
。同様に1組2~4位と2組優勝は2回勝てば挑決、1組5位、2組2位、3組優勝は3回勝てば挑決。
4組優勝は4回、5、6組の優勝者は5回勝つことが求められる。
このように1組は5位までが決勝トーナメント入りでしかも上の方から。
3組以下は優勝者しか決勝トーナメントに出られず、しかも下の方からのスタートとなる。
本局の藤井七段、都成五段にとっては非常に険しい道程だが若くて勢いのある両者は恐らく気にしていないのではないか。目の前に敵がいれば倒す。ただそれだけだろう。藤井七段はそうやって連勝を瞬く間に29まで積み上げてみせた。

17時現在、形勢は後手の藤井七段がややリードのようだ。(後手+300程度)
最早見慣れた形となった相居飛車の「相雁木」からポイントを奪いにきた都成五段の攻めを巧みにいなして逆に優位を掴んだ。現状は後手のみが一歩を手にしており、一番いいタイミングで仕掛ければ優位を拡大できそうな形。藤井七段はそうした「リードを広げるセンス」というものが卓越しているため、本局でもそう簡単に仕掛け所を誤るようなことは無いだろう。時間もまだまだたっぷり残っている。ただし都成五段の粘りも素晴らしいものがある。6組優勝、C1昇級を決めた勢いは藤井七段にとっても脅威だろう。ここからどういう展開になるのか、全く目が離せない。

スポンサーリンク

残り時間
先手:1時間29分
後手:2時間49分

王座戦挑決T 19時の形勢 藤井聡太七段、「誘いのスキ」からカウンターでやや有利か

スポンサーリンク

相雁木囲いから小競り合いの後、藤井七段が右玉に構え、深浦九段は左に囲って
スキをうかがう形。藤井七段の陣形の「22」の一瞬のスキが生じたのを見て深浦九段が鋭く仕掛け、本格的な戦いが始まった。一見すると、と金が出来た分先手が上手くやったような感じ。しかしこれは藤井七段がワザと見せた誘いのスキだったようだ。
と金に構わず端から逆襲してみると藤井七段が有利な形勢になっている。
百戦錬磨、元タイトルホルダーのA級棋士すら罠にかけてしまうこの老獪さ。
15才とはとても思えない。

先手:深浦康市九段 残り時間1時間45分
後手:藤井聡太七段 残り時間1時間27分
戦型:雁木vs右玉

スポンサーリンク

藤井聡太七段vs深浦康市九段 運命の王座戦挑決トーナメント2回戦 12時の形勢

スポンサーリンク

先手:深浦康市九段
後手:藤井聡太七段

戦型は相雁木。ここ最近のプロ将棋界においてもう何度見たか分からない形。
△73桂を跳ねた藤井七段に対し、深浦九段は▲37桂を保留し▲38飛と積極的に仕掛けを見せる。藤井七段は雁木囲いをつくったものの、玉はまだ居玉の状態。
最近の藤井将棋では居玉から速攻やカウンターを決めて圧倒するパターンも多いだけに、本局でもそれを狙っているのかもしれない。実際、雁木と居玉の相性はとても良いと感じる。左に行けば1手で雁木囲いだし、右に行けば1手で右玉囲いが完成からだ。相手の出方次第でどちらに行くか決めればよい。

残り時間
先手:4時間12分
後手:4時間26分

スポンサーリンク

今深浦九段が33手目で▲38飛と動いた局面。この攻め筋の対応は形勢に直結しそうなだけに、研究範囲でなければ昼食休憩も利用して藤井七段が大長考すると予想しておく。
形勢はソフト評価値で後手がプラス50。何とソフトはこの袖飛車をあまり良いと考えていないようだ。まあ±100は誤差の範囲内で、実質全くの互角と見てよいだろう。

第76期名人戦第6局2日目 午後20時半 とうとう形勢傾く

スポンサーリンク

先手:佐藤天彦名人
後手:羽生善治竜王
持ち時間は先手残り9分、後手残り18分。
 
形勢はうちのソフトで後手プラス400程度と、ようやく差らしい差がついた。羽生竜王やや良し、だ。後手玉は角に睨まれているとはいえ銀冠の堅陣。角筋は止めようと思えばすぐ止められそうだ。先手玉は中住まいで、後手の△65桂に睨まれている形で
いつでも△57歩があり非常に嫌な形。後手有利という反転も頷ける格好だ。
ただし羽生竜王としてはここ最近1分将棋を始めとする早指しで勝てていないというデータがあるので、何とか1分将棋に入る前に大差をつけておきたいとところ。一方の佐藤名人としては当然そのデータは頭に入っているはず。「1分将棋の叩き合いなら自分が勝つ」という計算もあるだろう。そうした側面を考えると、寧ろ追い込まれているのは羽生竜王の方かもしれない。
何とかこのカド番をこらえて「タイトル通算100期を名人で」というファンの夢を叶えて欲しいところ。

スポンサーリンク

第76期名人戦第6局2日目 19時の形勢とここまでの流れ

スポンサーリンク

先手:佐藤天彦名人(3勝)
後手:羽生善治竜王(2勝)
戦型:2手目△62銀から後手の74の歩を取るタイプの横歩取り

序盤:歩損の代償に得た手得を生かしたい羽生竜王だったが、佐藤名人に上手く立ち回られ手得の生かし辛いゆったりとした展開に持ち込まれる。こうなると歩得が光る展開となり、先手の佐藤名人が200点程リード

中盤(現在):佐藤名人が仕掛けるも羽生竜王が銀冠の堅陣から巧みに切り返し、現在はほぼ互角。評価値は後手+50程度。

スポンサーリンク

前局で羽生竜王の先手番をブレイクして勢いに乗る佐藤名人が一気に防衛を決めるか、羽生竜王がブレークバックして3勝3敗のタイに持ち込むか。目が離せない展開が続く。

棋聖戦第2局、後手の豊島八段がやや有利。羽生竜王連敗のピンチか

スポンサーリンク

豊島挑戦者の先勝で迎えた棋聖戦第2局。
羽生竜王は現在連敗中で内容もあまり良くなく、非常に苦しい戦いが続いている。一方豊島八段は各棋戦で挑戦者になるなど絶好調。

先手:羽生善治竜王
後手:豊島将之八段
戦型:雁木

15時30分現在、59手目まで進み
先手持ち時間:1時間31分
後手持ち時間:1時間45分

スポンサーリンク

ソフトによる形勢評価値:後手+400程度

羽生竜王がここで負けると棋聖戦は0-2となり、防衛には3連勝が必要となる。
現在実力レーティング1位で絶好調の豊島八段に3連勝はかなり厳しそうなため、
実質この一局が勝負になるだろう。
両対局者が現在の局面をどう評価しているのかも気になる。
仮に羽生竜王が棋聖戦を落とすと、名人奪取か竜王戦の防衛にタイトル通算100期を懸けることになる。名人戦も2-3と苦境に立たされており、目前と思われていたタイトル通算100期に思わぬ暗雲が立ち込めている。
ファンとしては何とか粘って欲しいところだが。

藤井聡太七段vs石田直裕五段 竜王戦5組決勝 18時の形勢 勝者が本戦入りの大一番

スポンサーリンク

戦型:角換わり腰掛け銀▲48金型対△62金型
先手:石田直裕
後手:藤井聡太
18時現在の残り時間
先手:1時間36分
後手:2時間44分
ソフト評価値:18時現在ほぼ互角

戦型は角換わりの48金ー62金の対抗形。何十年もプロ間で指されてきた58金(52金)型があっという間にソフト研究によって淘汰され、現在は消去法でこの形が選ばれているような気がしてならない。果たしてプロ将棋は今後どうなっていくのだろう。作戦選択の自由がどんどん失われていくようで心配だ。
将棋は石田五段が桂損を厭わずに積極的に仕掛け、ややリードの中盤となっていた。今後定跡化されそうな見事な攻めだった。
しかし小ミスが出たようで、18時現在はほぼ互角に戻っているようだ。
ここで夕食休憩となった。
夕食
石田五段:小雀弥の他人丼
藤井七段:イレブンのハヤシライス

スポンサーリンク

現在、実力レーティング2位の藤井七段としては本戦トーナメント入りを決めてさえしまえば挑戦の可能性は大いにある。竜王戦七番勝負は10月~12月のため、
今年中の八段昇段(竜王位獲得で規定により八段)の目すら出てくる。
更に現在ベスト8に残っている王座戦トーナメントで勝ちぬいて挑戦→奪取を決めれば今年中に王座、竜王の二冠となる可能性も残っている。
そして来年一つでもタイトルを獲得or防衛すればそのままタイトル3期の規定により九段昇段となる。まあ流石に飛躍しすぎだが、藤井七段の実力を考えると全くあり得ない話でもないだろう。