次の一手・詰将棋

スポンサーリンク

次の一手・詰将棋は こちら へどうぞ。
主に画像を使って解説しています。
初級向けから上級向けまでいろいろあります。
私の対局動画へのリンクがある記事もあります。
出来るだけ丁寧に解説したつもりですが、不足などがあれば仰ってください。

 

将棋ウォーズ 私の六段昇段までの記録(10秒将棋編)

スポンサーリンク

三段まで・・・ノンストップ。初期の方は動画を撮影しながら実況していたところでアンドロイドがフリーズすることが多く、そのせいで五段到達まで80局近く余分に指すことになろうとは思いもしませんでした(笑)

三段・・・22勝3敗
一度ある段位で止まってしまった場合、昇段まで20連勝くらいが必要になります。

四段・・・40勝11敗
四段は私の中では結構苦戦した印象なのですが、こうして見てみると好成績ですね。

三段、四段合計 76局 62勝14敗 (千日手も1、2回あったような) 

五段・・・約 100勝40敗

スポンサーリンク

五段では並みいる強豪たちに苦戦しながらも割と早めに達成率99%近くに到達していました。弾丸で六段になれないと10秒が六段に上がれない縛りがあったためにずっと達成率90~99パーセントの間をうろちょろしていました。

次回は、弾丸の成績を調べてみたいと思います。
こちらは最新定跡研究開始前と研究後でだいぶ違います(笑)

 

広瀬流四間飛車穴熊の現在 その2

スポンサーリンク

さて、前回は居飛車側が▲69金型で▲24歩△同歩▲35歩と仕掛けてくる変化を調べたが、振り飛車側も△66歩▲同銀△74桂という反撃の筋があって互角に戦えた。


今回は一旦▲79金寄とより、△55歩と振り穴側から先攻する形を見ていきたい。以下▲24歩で上の第1図。
ここが後手の分岐点で、△56歩と△同歩▲35歩に分かれる。
△56歩は私も実戦経験がある形で。以下▲23歩成△55角と進み、▲32とが自然だが、△28角成▲42とに△22飛!という手があって僅かに先手有利そうだが難解。そこで一旦▲24飛と逃げ、△19角成に▲32と・・・ではなく(32となら△同飛~△52飛~△55馬で振り飛車指せる)▲34飛と横歩をとるのが好手(第二図)で、これなら飛車も侵入できそう、と金も活用できそう、ということで居飛車が良し。まとめると、△56歩は上記の最善を尽くして第2図に持ち込んで居飛車良し。

なので第1図▲24歩には△同歩が本線となる。
以下、▲35歩と突いた時にA、△56歩とB、△同歩があるがAから順にみていく。
Aは以下▲34歩△55角▲24飛△22歩に▲35角が好手。以下△19角成▲33歩成~▲34歩で第3図。


ここから△55馬に▲33歩成~▲54桂が入って先手わずかだが良し。△24馬には▲同角で依然両取りが残るので△同銀だが、▲同飛が厳しい。△43馬しかなさそうだが、▲56飛△44桂▲55飛で、△51香(第4図)には好手がある。【第4図、5分で三段】


正解・・・
▲54歩。△同馬は取って33角。△同香なら▲45飛△34馬▲65飛。次の▲53銀を狙いにして先手良し。
ということで、色々な有力手はあるものの先手が最善を尽くすと、どうも広瀬流穴熊は苦しそうな感じだ。最もその程度の微差から逃げ切れるなら誰も苦労しないが・・・

再掲第1図から△同歩▲35歩に B、△同歩も▲55歩△44飛▲38飛△46歩▲同角△56歩(下図)と進むが・・・

ここで▲68銀と引けば勝ち切るまでは大変ながらソフトの見解は居飛車やや良し。次の▲35飛が味のいい手だし、△45飛と受けても▲28飛で次の▲22歩が厳しい。以上で広瀬流穴熊の現状を終わりにしたい。プロ相手ならともかく、アマ大会ではまだまだ十分通用しそうだ。
四間飛車穴熊ではやはり「広瀬本」が参考になる。定跡以外の部分でも手筋や局面の捉え方など、非常にためになる本だった。

スポンサーリンク

/////広瀬本

 

広瀬流四間飛車穴熊の現在 その1

スポンサーリンク

第1図は△54歩まで。これが広瀬流穴熊の基本図。手順はこちらの基本図から▲66銀△64歩▲78金△91玉▲99玉△82銀▲88銀△52金左▲68角△45歩▲59金△62金寄▲69金△65歩▲77銀△63銀▲36歩に△54歩。

ここから、▲24歩と仕掛けるか(本頁)▲79金寄(クリックでリンクに飛べます)か。どちらも有力だ。
6筋に金銀の壁を作って、5筋から軽く捌くイメージで指す。広瀬八段が王位を獲得する原動力になった戦法だ。
だが、現在は若干居飛車側が有利という結論が出ているようでプロ間では指されていないようだ。今回はその理由をソフトを使って調べていきたいと思う。
居飛車側は▲78金、▲68角型を早めに作ってその後に右金を寄せていくのが大事な手順なので間違えないように気をつけたい。


第一図で先手の指し手は▲79金寄(クリックでリンクに飛べます)か▲24歩△同歩▲35歩に分かれる。今回は▲24歩を詳しく見ていく。
以下△同歩▲35歩に△32飛▲38飛△42角▲34歩だと△64角が絶好のサバキで振り飛車も十分やれる、と解説されることが多いようだがウォーズの実戦にてそこで▲22歩と打たれて困った。
▲22歩以下、△19角成▲21歩成△29馬▲35飛△47馬と気持ちいい手順は続くのだが、▲79金寄と寄られて次の▲33歩成が受け辛い。
実戦は第2図のように△66歩と突いたが、ここで正着を指されていたら難解だった。
【第2図、正着は?5分で五段】


正解・・・
▲66同銀。
以下、△74桂▲77銀△66歩▲同歩△56馬▲33歩成△67歩▲59角△66桂▲同銀△同馬▲32と・・・(第三図)

第三図から△68銀と打ってどうか。以下▲同角△同歩成▲同金上にぱっと見は△64香や△88馬▲同金△79銀・・・難解としか言いようがなさそう。

実戦は第2図で手抜きで▲33歩成だったため、△67歩成~△66歩▲同銀△65歩▲同銀△58馬▲57金△68馬▲同金△44角で後手が有利な展開になった。

・・・という訳で、第1図ではいったん▲79金寄の方がやはり無難な感じだ。

スポンサーリンク

////広瀬本

 

三間飛車 サイトマップ

スポンサーリンク

【先手三間飛車】
・中田流XP
・早石田
・3→4→3戦法
・後手急戦
・穴熊

【後手三間飛車】
・中田流XP
・早石田
・3→4→3戦法
・後手急戦
・穴熊

角換わり

スポンサーリンク

【ノーマル角換わり】
腰掛け銀
・早繰り銀
・棒銀
・右玉などその他

【一手損角換わり】
・腰掛け銀
・早繰り銀
・棒銀
・右玉などその他
腰掛け銀

戦法別定跡・棋譜・実況動画まとめ

スポンサーリンク

※リンクのない項目は準備中
【居飛車対振り飛車】
・一間飛車
・向かい飛車
・三間飛車
・四間飛車
・中飛車
・角交換振り飛車
【相居飛車】
・角換わり
・横歩取り
・相掛かり
・矢倉
・急戦矢倉
・右玉
・右四間飛車(左美濃)
【相振り飛車】
・3手目66歩の戦い
・相三間飛車
・先手石田流に4手目△14歩から相振り飛車
・三間VS角道オープン型四間
【その他】
・4手目△33角戦法
・3手目▲77角戦法
・筋違い角戦法

まだまだ追加できていないコンテンツも多いですが、できるだけ追加していきたいと思います。よろしくお願いします。
定跡だけでなくできるだけ終盤の方まで検討するようにしています。
ブログ記事は次の一手形式で振り返ることが多いです。
また、youtubeにアップした対局動画へのリンクもございます。

スポンサーリンク

相居飛車サイトマップ

スポンサーリンク

・角換わり

・横歩取り

・相掛かり

・矢倉

・急戦矢倉

・右四間飛車(左美濃)

・右玉

・その他あればリクエストお願いします。

定跡だけでなく、できる限り各変化とも終盤の方まで突っ込んで調べていきたいと思います。
・ソフトVSソフトの棋譜
・プロの実戦
・私の将棋ウォーズの対局実況動画など
色々と充実させていく予定です。

将棋ウォーズ六段昇段までの記録(弾丸編)

スポンサーリンク

※勝敗記録は若干誤差があるかもしれません。

四段まで・・・ほぼノンストップ
四段・・・75勝39敗
弾丸は当初非常に苦手で、慣れるまで非常にてこづりました。
元々私の将棋は振り飛車にして優勢でも劣勢でも粘り強く差を縮めたり広げたりするタイプなのですが、3切れでそんなことをやっていたらアッという間に時間が無くなります。
そのことに気づくのに30局位かかりました。弾丸四~五段レベルの人たちにそんなモタモタしていたら内容の前に時間で負けてしまいます。そして、比較的短手数になりやすい居飛車系統の将棋を大目に取り入れることで五段昇段を果たせました。

五段・・・149勝83敗

負けた将棋は大体、
劣勢になる→粘る→(そのまま押し切られる or 追いつくも時間が切れる)
のパターンでやられていました。
なので、五段昇段の原動力にもなった居飛車系を多く取り入れるようになりました。しかし、最新定跡を熟知した強者たちに連敗を繰り返し、気がつくと達成率が5%にまで落ちて昇段どころか降段の危機に見舞われました。
そこで「自分は終わった人間なのだからもう将棋の勉強をする必要はない」という考え方を改め、ようやく最新定跡の勉強に着手します。最新定跡を勉強して採用してみると、青野流や石田流、急戦矢倉などで面白いように勝てることに気づきました。

例え優勢になれなくても、定跡を勉強していれば終盤の入り口まで1分半くらいで飛ばすことが出来、ある程度持ち前の終盤力を発揮できる展開になります。将棋から離れていた時期も詰将棋パラダイスだけは毎月解き続けていたので、終盤はそれなりの切れ味をキープできていました。そこで初めて、3切れの本質が「いかに定跡を研究しているか」にあることに気付いたのです。

スポンサーリンク

改心後(笑)はどうにか勝ち星を集めることが出来、ようやく六段昇段を果たせました。
これからも苦しい戦いが続くとは思いますが、やる以上は七段昇段を目指して研究を続けていきたいと思います。またネット将棋だけではなくリアルの大会にも積極的に出場していこうと思っています。全国優勝してブログ読者もチャンネル登録者も100倍・・・とかなるといいですね(笑) まあまずは代表争いができるレベルになれるよう訓練していきたいと思います。

 

 

先手番一手損角換わり

スポンサーリンク

第一図。何の変哲もない横歩取りの出だしだが、横歩取りが嫌いな方はここで▲22角成とやってくる。級位者の対戦でも良く見かけるし、ウォーズの五段、六段の方もしょっちゅうやってくる。


進んで下図。(第1図となっていますが第2図です)
先手(1手損したので実質後手)が端の位を取らせる代わりに▲48飛と先攻の構えを見せてきたところ。この局面も定跡化されているのか、実に良く見る局面だ。ここで手筋の受けがある。これを知らないと不利になると思う【下図、5分で初段】


正解・・・
△42銀。45桂と飛ばれた時のアタリを事前に避けた手で、この手がさせれば角換わりで右四間に振ってくる指し方は怖くないと思う。向こうが手詰まりになれば9筋の位が光ってくる。進んで第三図。端と4筋の突き捨てを入れられたところだが、ここで▲44角と打たれた場合の受け方を考えてみて欲しいと思う。【第三図で▲44角と打たれたらどうしますか?5分で二段】

スポンサーリンク


正解・・・
△33桂。△33銀は▲26角と引かれて、次の▲45桂がきつい。△33桂に▲65桂なら△73角で良し。▲75歩なら△43金右と上がって、以下▲33角成~▲45桂に△44銀▲34歩△37角で良し。
という訳で実戦は第3図で▲44角を見送って一旦▲68金右と固めてきたが、△59角▲38飛と進めて次の手が厳しかった。 【第4図、ふんわりした厳しい一着。5分で1級】


正解・・・
△46歩。放置していれば△35歩や△68角成~△47金の含みがある。実戦は▲58金と寄ってきたが△77角成~△49銀で大勢が決した。
このように、角換わりで右四間にしてくる指し方は非常に有力だがきちんと受け方を知っていれば怖くない。ご覧頂いてありがとうございました。