定跡講座 先手早石田 その5 両天秤の△14歩

スポンサーリンク

さて、前回まで▲75歩に△42玉で対抗する形を詳しく調べていたが、どうも▲39玉型で端桂を含みにしてくる戦法が有力で居飛車が苦労させられている印象だった。


             第一図
そこで、プロの実戦でも△42玉に代えてこの第一図の△14歩が増えている印象だ。
ここから▲16歩と受けると後手は△54歩(のちの▲55角を消す)と突く。そこで仮に▲78飛なら△88角成▲同銀△45角で後手良し。▲85角には△84歩▲63角成△52金右▲64馬△62飛がある。そこで先手はいったん▲66歩と突く。(▲68飛は△88角成から△22飛と対応し、左銀を64に持っていけば後手の作戦勝ちとなる。)下の第二図で次の手が面白いので少し考えてみて欲しい。

             第二図

ここで△44角!が面白い手。狙いは△22飛の向かい飛車。以下▲78飛△22飛と進展したプロの実戦例もある。その将棋は以下、第三図までと進展して先手が▲37銀と後手の軽い形を咎めようとしたものの、次の一手で早くも後手が有利になってしまった。


            第三図

正解は・・・
△35歩。▲同歩△同角に▲48玉のような受けだと△26歩!からの強襲が成立する。
実戦は△同角に▲65歩△57角成で、後手良しとなった。

上記のような手順を踏まえて、藤井九段―村山七段戦が指された。それが下の第四図。


             第四図

まさに「丸山ワクチン」といえる受け方。手順は、△14歩に▲78飛△88角成▲同銀△32銀。△14歩で相振りを見せつつ相手の指し手によって機敏に居飛車にシフト。以下、何気なく玉を囲い合うが、第五図、13手目の▲38銀がなんと敗着。後手に決め手があるので少し考えてみて欲しい。


            第五図

正解は・・・
△28角。以下▲74歩△同歩▲55角△33桂▲82角成△同銀▲18飛の第六図で
一見後手がハマっていそうだが、実はハマったのは先手の方だった。おわかりだろうか・・・。


           第六図
正解は・・・
△17角成!!これで決まっている。以下、▲同桂△16歩で桂・飛を食いちぎる手を見せて後手優勢。先手も▲13歩から▲46角とせめてもの反撃を見せたが構わず攻めきって後手が快勝となった。

という訳で、13手目の▲38銀は成立せず、▲38玉と寄って駒組を進めることになるのだが以下高スペックPCでソフトに対戦させてみたところ、△62銀▲74歩△72飛▲46角△44歩▲77桂(第七図)と面白い進行をたどった。


           第七図

スポンサーリンク

以下、△92飛▲73歩成△同銀に角を切って▲74歩!で決まったかに思えたが、△72飛でいい勝負のようだ。以下は▲82銀!△同飛▲73歩成△81飛▲65桂(第八図)と進んだが、ここで渋~い受けの好手があった。


            第八図

正解は・・・
△71飛。歩切れを正確に突いている。ここから後手のペースになり、最後は第九図のカッコいい決め手が出て後手の勝ちに終わった。(以下▲48金直△69銀!▲59金に△25角打!で決まり。)


             第九図

何れにせよ、今後先手は角交換で手得&端に2手かけて出遅れた後手の駒組を徹底的に咎めるような速攻を見せてくるのではないかと思う。きりが無いので今回はこの辺にしたい。長~い文章になってしまいましたが、ここまでご覧頂いてありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

【4手目△42玉の戦い】
・5手目▲78飛に△45角急戦~侮れぬ▲78飛~
定跡講座
・77角型
定跡講座
・石田流本組
定跡講座
・▲39玉型端桂狙い
 定跡講座
【対局動画】 VS七段

【おすすめ書籍】

 

最速で初段になるための手順

スポンサーリンク

まず、効率良く上達する方法に関しては大人も子供も関係なく、「定跡」があります。

一、1手詰の本を購入するかネットで問題集を探す。
それを反復し、100問程度をそれぞれ2~3分以内で解けるようになったら3手詰を同じ要領で解きこなす。次は5手詰を同じ要領でやって、5手詰を卒業したら・・・
二、「次の一手」の本を購入するかネットで問題を探してひたすら解く。
同じ問題を何度も反復して、詰将棋の時と同じように2~3分以内に解答が頭の中で閃くようになったら・・・
三、(四間飛車の)定跡を勉強する。
最初は四間飛車がおすすめです。この間、実戦は一切不要。
「詰将棋という、王様を詰ますだけの単純な練習」→「次の一手という、詰将棋よりは複雑だが明快な解答を探すだけの単純な練習」→「定跡という、次の一手よりは複雑だが一手一手しっかりと意味のある手順を理解しながら覚える」
という手順によって、効率良く強くなることが出来ます。
実戦は「詰将棋」「次の一手」「必死問題」「定跡」の塊です。ある程度の力がつかないうちに実戦をやっても、何をやっているのか分からない間に勝敗が決まってしまい、得られるもののないまま時間だけが過ぎてしまうことになります。この記事を読んでくれているのはただ楽しみたいだけでは無く、効率良く強くなりたいという意思を持った方ですからそれではご不満でしょう。是非、上記の手順を守って初心者から初段までの最短記録を作って欲しいものです。

スポンサーリンク

 

将棋が数学的な終焉を迎える時、プロ制度はどうなるのか?

スポンサーリンク

最近、ソフトに指定局面戦を指させてその戦型の結論を出そうと試みている。
  実際、青野流はかなり深いところまで研究出来た実感がある。youtubeにも動画をアップした。素晴らしいクオリティの棋譜なのでぜひ見て欲しいと思う。過去にプロが間違えて形勢が傾いた局面をいくつも潜り抜けて、ほぼ最善と思われる手順が終局まで続いた。正直に言って正確性を欠いている部分は多々あると思う。だが、一昔前は一人でこんな深いところまで研究することなど不可能だった。
  私のPCはデイトレード用ということもあり、かなり高スペックなものを用いている。だが、将棋ソフト開発を専門としている方々はこれより遥かに高性能なPCで日々ソフトを強化している。つまり今、この瞬間にもたくさんの強力なソフトによって凄まじい早さで将棋というゲームそのものが裸にされつつある訳だ。
  指定局面からソフト同士で指させるという研究は既にプロも取り入れている。棋王戦に挑戦中の千田五段は、1日の時間の8割をflootgateで行われたソフト同士の棋譜を見ることに費やしているという。人間の棋譜より価値が高いと判断しているのだろう。
   ソフトの性能が上がれば上がるほど研究スピードは進み、プロ棋士たちの指せる戦型は少なくなっていく。実際、ソフトの強さに比例して圧倒的にプロ間で序盤の定跡の進歩が早くなっている気がする。
  このスピードで将棋が解析されていけば早ければ5~10年以内には将棋の主要な変化のほぼすべてが網羅されてしまいただの暗記ゲームになって将棋のプロの歴史が幕を閉じることになるのではないかと個人的には思っている。

羽生先生が私と同じような考え方をしている人からインタビューされて、こう答えていたのが印象に残っている。

「そうなったら、将棋のルールを少しだけ変えればいいんですよ」

スポンサーリンク

流石に七冠制覇するような人だ。もう未来も読み切っているのだろう。

定跡講座 先手早石田対策 その2 石田流本組の咎め方

スポンサーリンク

※結論を知っている方も、終盤の超絶技巧の部分は是非見てみて欲しい。
今回から急戦でなく、プロ間でも実戦例の多くある形を調べていく。持久戦になった場合、居飛車は左美濃で対抗するのが一番有力だと思う。左美濃にすれば大体下図までは一直線でこうなるところ。▲56銀と上がったところで、ここで次の手が大事な一手になる。少し考えてみて欲しい。


         第一図

上図正解は・・・
△24歩が大事な一手。▲45銀に△23銀を見せている。角道を止めずに受ける唯一の手段だ。以下、普通に囲いあって下図の31手目が後手の岐路になる。本当は39玉型で待機して▲25歩△同歩▲17桂と端攻めの筋を狙うのが最先端だが、それは次の次の記事で解説したい。本譜は▲77桂と石田流本組を目指したが、ここでは▲77角も非常に有力。それは次の記事で解説したいと思う。


         第二図
上図▲77桂には△23銀と銀冠を目指す。以下▲97角に△32金と閉まったところが再び先手の岐路。下図で結論から言うと▲98香が最善手でギリギリの戦いになる。
因みに▲46歩は△92飛!が佐藤康光九段の好手で、以下▲79角△72飛▲97角△92飛・・は千日手模様。▲46歩に代えて▲65歩が成立すると大変だが、上手い対応があって後手よしになる。知らない方は考えてみて欲しい。


          第三図
 正解は・・・

▲65歩には△同歩▲同銀には△62飛!が好手。知らないと指せない手だ。以下▲74歩には△同銀▲同銀△69飛成で後手よし。ここで▲98香が入っていると、香取りが無いので逆に先手良しになる。なお、▲65歩△同歩▲同桂なら今度は△84飛と浮く。以下、▲74歩△同歩▲53桂成に△99角成と香を取り、▲52成桂△同銀▲79飛△33馬▲64角△93香▲55角△44桂▲69飛△64歩が進行の一例(第四図)。難解だが馬が強く、こうなれば後手持ちか。


          第四図

では▲98香にどう指すかだが、△84飛と浮くのが豊島七段が指した新手。これで仕掛けを封じてしまえば、銀冠穴熊まで囲って後手が千日手以上に出来そうだ。そこで先手が仕掛けるとしたら△84飛の瞬間しか無く、仕方なく▲65歩と仕掛ける。以下△同歩▲同銀に、好手がある。知らない人は考えてみて欲しい。


          第五図
 正解は・・・
 △95歩。対して▲同歩△同香▲96歩△同香▲同飛△77角成は後手よし。以下一例は▲92飛成△87馬▲64歩△65馬。
なので、同歩では無く▲74歩△同歩▲64歩と攻め合って若干後手よしながらギリギリの戦いになる。ここからは高スペックPCにてソフト同士で戦わせてみた。「超絶技巧」としか言いようのない素晴らしい手順が展開されたので、是非見てみて欲しい。
 第六図。▲64歩に△54銀▲同銀△同歩▲41銀から角と金を一直線に取り合ってと金を作ったところ。後手の次の手が好手だった。


          第六図
 正解は・・・

△75歩!仮に△98とだと▲53と△42銀に▲65桂がぴったりで、後手良しとは思うが実戦的には先手が勝ってしまいそうな流れだ。△75歩はとれば△74銀!が狙いの一着で桂をもぎ取れる上に52の銀が動けば63のと金を外せる。
実戦は△75歩以下、▲46飛△77角成▲43銀成と進んで下図。ここでまたため息の出るような一着が出る。それが第七図、△41歩!!

スポンサーリンク


          第七図
 この局面になってみれば仕方なく打つとは思うが、「この手で良し」と逆算して何手も前から組み立てているのが凄すぎる。以下後手も私の棋力では受け切る自信の無い大迫力の喰らい付きを魅せるも、下図の▲43銀に対して次の手が決め手となって後手が勝ち切った。少し考えてみて欲しい。

正解は・・・

△36桂!以下▲同歩△43銀とはずして、▲65桂に△46角▲同歩△52金!▲53金△42銀!と達人の凌ぎで後手勝ち。
先手:久保利明 後手:羽生善治 と書いてあっても全く疑わずに受け入れてしまいそうな棋譜だ。以上、長くなったが石田流本組は居飛車がやれるということで、今はプロ間では指されていない。次回は第八図で▲77桂でなく▲77角の戦いを見ていく。こちらも
非常に厄介だ。

          第八図

【おすすめ書籍】

 

定跡講座 先手早石田対策 その1 侮れぬ▲78飛△45角超急戦

スポンサーリンク

 苦手戦法は?とアンケートしたところ、▲76歩△34歩に▲75歩と突かれる形と答える人が結構多かった。実は私もその一人だ。そこで、今回から3~4回に分けて先手早石田の対策をやっていきたいと思う。 個人的に、▲75歩には△42玉と上がるのが最善だと思っている。そこから▲78飛と回って、後手が角交換から△45角と打ち返す超急戦がある。今回はこの形を調べていこうと思う。主流の変化ではないが、プロの実戦にも何度も現れている形で、「知らない」では通らない(というか私がハマってやられました・・・) 。さて、△45角と打てば下図の△33桂まではほぼ一本道。(▲58玉では▲68金もあるが善悪は微妙。今度調べてみたい)ここで▲74飛と走ってくる手に対して次の一手は何でしょう?


正解は・・・
△92飛。歩を温存して飛をかわす(ほっとくと▲82角成~▲72飛打!で崩壊)のが羽生ー丸山戦で丸山先生が指した手で、恐らく正着。長らく△73歩の一手と思われていたがその変化は詳細は省くが先手がやれそうだ。
そんなこんなで(△92飛以降▲34飛△32金)19手目は先手も分岐点。図の▲36歩では▲36飛もあるところだが、△54歩~△52飛と同じように反撃してどうか。プロやアマ高段者の実戦では▲36歩が多い。やはり▲36飛に比べ桂頭にプレッシャーをかけられるのは大きい。


上図では手が広いところだが、プロの実戦例やソフトでの検討によると、後手は先ほども述べた△54歩の筋で反撃するのがどうも最善のようだ。△26馬▲38銀(金)の展開もありそう。△54歩に同飛は△62銀と上がってやや後手が指し易そうなので、実戦例はだいたい▲77角だ。そこで△52飛と回って下図。

ここから▲86角が気になる筋だが、△41玉▲33飛成△同金▲53桂には△同飛!(逃げると▲61桂成で駒損が大きく後手少し苦しそう)▲同角成△62銀で▲35馬なら△55桂で若干後手よし、▲86馬なら△32玉と▲21飛の筋を消せばソフトは後手やれるとの見解。そこで、▲86角で無く▲35飛と引く実戦例が多い。以下、△26馬▲38銀に△44歩や△35馬~△55歩など色々あるが私の研究では下図の△24歩がのちの▲15角の筋を消して最善で、ごくわずかに後手持ちかなぁと言ったところ。

ソフト同士の実戦では以下、▲27歩△35馬▲同歩△55歩と進んで、24歩がぴったり働く展開になった。今回は一応ここまでで▲78飛△45角の筋の研究を終わりにしたい。

スポンサーリンク

【おすすめ書籍】

初心者の方が最短で初段まで行くための方法

スポンサーリンク

お子さんに将棋のルールを教える方法 は こちら 
初段から六段までは こちら

【初心者の方が最も効率良く強くなる方法】
(動画はこちらです)

私は、小学生の頃、おじいちゃんに将棋を教わって一か月弱で初段になりました。その方法が、

・詰将棋1~5手(2週間半)→次の一手(1週間)→実戦(1週間)

です。年齢関係なく、上記のやり方が一番早く上達できると思います。

「王様を詰めるだけというハッキリした勉強」→「次の一手という詰め将棋に比べればあいまいだが、ちゃんと考えれば正解が導き出せる勉強」→「複雑な定跡の勉強」 と進めることにより、「将棋って難しすぎてワケが分からないよ!」となることを防ぎつつ、読みの力が確実に進歩していける最高の道程だと思います。というか、定跡の勉強なんてプロが毎日苦労してるやつですからね…。

【1か月で初段までたどり着くための6つの過程】

①まずは1手詰の本を買ってひたすら解く。読み終っても、全問2分以内に解けるようになるまで何度も読み返す。

②3手詰めの本を買って①のようにひたすら解く。

③5手詰めの本を買って①のようにひたすら解く。

④次の一手の本を買って、分かり辛いところは盤に並べながら、①のようにひたすら解く。

⑤とりあえず四間飛車で実戦デビュー

⑥四間飛車の定跡を覚える

詰将棋の本は下に貼らせて頂いた浦野先生のものがいいと思います。プロの棋士として活躍される一方、有数の詰将棋作家としての顔も持っているため上達に役立つ問題というのを心得ています。高橋先生の本も名著です。先日、将棋にハマっている友人に高橋九段の1手詰の本をプレゼントしたのですが(ブログで紹介した手前、浦野先生の本をあげようと思ったのですが売り切れでした・・)ボリュームも内容も非常に良かったです。

また、次の一手本は下に貼らせて頂いた「次の一手」で覚える将棋基本手筋コレクション432 (将棋連盟文庫)

が、昔評判の高かった次の一手本を2冊まとめたものなので、お買い得でハズレがなくていいと思います。

四間飛車の定跡の勉強に関しては、

【四間飛車定跡本まとめ記事】

こちらの、藤井猛先生の書いた本が圧倒的にオススメです。

また、マイナビ 将棋レボリューション 激指14
上のリンクの将棋ソフトを一本持っていれば
かなり上達の助けになると思います。秒読み機能や駒落ちや強さ設定(14級からプロ級まで)、詰将棋や次の一手問題等が充実しています。7000円台で購入できます。ボイス担当は竹俣紅女流と香川愛生女流です。参考記事:激指14について

【詰め将棋本】

1手詰ハンドブック

スポンサーリンク

 

浦野 真彦 毎日コミュニケーションズ 2009-11-25
売り上げランキング : 3624

by ヨメレバ
3手詰ハンドブック
浦野 真彦 浅川書房 2011-09
売り上げランキング : 3899

by ヨメレバ
5手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦 浅川書房 2013-12
売り上げランキング : 21017

by ヨメレバ
7手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦 浅川書房 2015-05-16
売り上げランキング : 102273

by ヨメレバ

【次の一手本】

「次の一手」で覚える将棋基本手筋コレクション432 (将棋連盟文庫)

将棋世界 マイナビ出版 2016-06-15
売り上げランキング : 10823

by ヨメレバ

 

将棋・ひと目の手筋―初級の壁を突破する208問 (MYCOM将棋文庫SP)

【四間飛車定跡本まとめ記事】 

↑こちらは四間飛車本です。

 

 

渡辺 明 毎日コミュニケーションズ 2006-08-01
売り上げランキング : 18270

 
by ヨメレバ
精選必至200問 (将棋パワーアップシリーズ)
青野 照市 創元社 2010-02-19
売り上げランキング : 77754

by ヨメレバ

※将棋本においては、amazonランキングが10万位に入っていれば売れている=人気のある本と判断できます。 5万位以内はまずまずヒット、1万位以内等は大ヒットと言っていいでしょう。

 

三間飛車定跡 サイトマップ

スポンサーリンク

先手早石田
・3→4→3戦法
・中田功流居飛穴破り
・4→3戦法
・鬼殺し
・急戦
・穴熊

 

 

 

 

 

先手早石田

・▲76歩△34歩▲75歩に対し
1、4手目42玉の戦い
・石田流本組
・77角型
・最強の端桂

・4手目△14歩

 

 

将棋ウォーズ 3切れ その66 VS五段 角換わり早繰り銀

スポンサーリンク

角換わりの早繰り銀をやってみました。早指しだとひたすらこちらが攻める展開になり易いので、実戦的に勝ちやすい戦法だと思います。

上図は後手が△86歩▲同歩と突っかけた局面。ここで当然△85歩かと思いきや、△65桂だったので▲34歩△22銀▲73角から先手が良くなりました。私の仕掛けは後手の63の浮いた銀に目をつけたもの(どこかで▲45角の筋を狙っている)でしたが、結論から言うと△85歩とされたら若干無理筋だったようです。詳細は感想戦でやっていますが、以下は▲同歩は同飛で終わるので▲45角と打ち、△54銀に▲23角成!と特攻する予定でした。以下△同金▲24歩と猛攻してどうかですが、△同銀▲同銀△27歩▲同飛△49角と反撃されると、どうもこちらの自信の持てない形勢です。
後手がこの手を逃してからは順調に先手が優位を拡大し、下図のように進みました。次の一手から決まりました。その手を当てて見て下さい。

 

【次の一手、5分で2級】

 

スポンサーリンク

正解は・・・

▲22角成でした。同金に33銀から攻めが繋がり、先手良しです。
33銀以下は、△同桂▲同歩成△同金▲34歩△32金▲33銀△同金▲同歩成△同玉▲45桂打△42玉▲23飛成△52玉▲22竜と一気呵成に攻めまくって、以下上手く粘られたものの何とかリードを守り切って勝利をもぎ取りました。