角交換四間飛車対策▲46歩

スポンサーリンク

初手から▲76歩△34歩▲26歩△88角▲同銀△42飛に▲46歩!と進んで第1図。


ソフトの見解によるとなんと既にこの時点で先手やや良し。流石にそれは無いと思うが…。以下、居飛車は右銀を繰り出して素早く▲56銀と腰掛け銀を作っていく指し方が有力だ。以下、駒組みの一例は△62玉▲48銀△72玉▲47銀△82玉▲96歩△94歩▲78玉△33銀▲58金△72銀▲86歩△52金▲56銀△64歩▲25歩△63金▲87銀△74歩▲77桂△73桂▲88玉△84歩▲78金△54歩▲66歩(第0図)


確かにこうなれば▲68金と固めたあといつでも▲65歩と突けるし△22飛は▲45歩~▲46角のような筋も生じる。微差だが居飛車を持ってみたい気もする。だが、藤井九段などはこういう局面から非常に上手く捌くので、そういった感覚は本を読むしかなさそうだ。

再掲第1図で△55角と打つとどうなるか。


△55角以下は▲77銀△46角▲48飛△55角に▲65角△52金左▲83角成△88歩▲65馬(第2図)


第2図から△33角▲44歩△同角▲同飛△同歩▲88銀(第3図)


第3図までは私の実戦そのままで、以下△43金▲同馬△同飛▲32角△41飛打▲43角成△同飛に▲32金と重く打って良し。以下、△55角▲78玉△45歩▲85飛△44角打▲77銀△82歩に▲21金(第4図)

スポンサーリンク


第4図となって、次の▲56桂が厳しくはっきり先手優勢。ということで、▲46歩に△55角は成立せず、第0図のように進展する可能性が高そうだ。そうした進展以降の戦いは、やはりプロの先生の著書が非常に参考になる。

【おすすめ書籍】

“角交換四間飛車対策▲46歩” への2件の返信

  1. こんばんは〜)^o^( ▲76歩△34歩▲26歩△88角▲同銀△42飛に▲46歩の指してですが、局面は2二銀が入ってますが…。▲4六歩に△4七角と打たれても大丈夫でしょうか。

  2. こんばんは〜)^o^(

    第4図となって、次の▲56桂が厳しくはっきり先手優勢…とありますが、▲5六桂に角引かれた時、どう指すかわかりません(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA