先手石田流・相振り飛車

スポンサーリンク

後手の振り方は色々あって、

・相三間飛車
・四間飛車
・33角型向かい飛車
・44角型向かい飛車(本項)

等々、非常にたくさんある。
一先ず石田流をやったときに一番嫌だった△44角型向かい飛車を少し調べてみる。他のものも順次追加していきたい。

初手からの指し手
▲76歩△34歩▲75歩△54歩▲66歩△42銀▲78飛△53銀▲68銀△44角▲48玉△22飛(第1図)

ここからソフト先生同士で対局して頂いたところ、▲86歩!△24歩▲38玉△25歩▲85歩△62玉▲65歩!(第2図)というカオスな展開に・・・。

以下、進行の一例は△82銀に▲28銀(▲79金も有力候補だった・・)△72玉・・・これはやや後手が作戦勝ちか?向かい飛車の攻撃力がえげつない。金無双を完成させても44銀~35銀~45角なんて筋さえチラチラする。本を読んで勉強しなければ・・・。

スポンサーリンク

 

【おすすめ書籍】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA