三間飛車VS居飛穴 厄介な中田流

スポンサーリンク

初手からの指し手
▲76歩△34歩▲66歩△84歩▲78飛△85歩▲77角△62銀▲68銀△42玉▲48玉△32玉▲56歩△33角▲58金左△22玉▲38銀△12香▲39玉△11玉▲46歩△22銀▲36歩△54歩▲16歩△42角▲57銀△74歩(第1図)


第1図から▲65歩(▲59角は後述)△73桂▲68飛△53銀(第2図)

後手としては、一目散に穴熊に囲って素早く引き角に持っていくのが大事な手順なようだ。そして第2図が基本図。ここから1、37桂  2、45歩 に分岐。
ここから1、37桂△64歩▲45桂△65桂(第1失敗図)という筋がある。


これはなんと中田―羽生戦の進行。△64歩には▲同歩△同銀に▲35歩△同歩▲45桂や▲22角成△同玉▲75歩(or▲63銀)も有力。後手はこの変化を避けるなら△64歩で△32金か△44銀がおすすめ。△44銀はよく私が実戦で使う手で、以下▲15歩△32金▲47金△51金▲25桂とよくある筋に△86歩▲同歩△41金▲45歩△33銀(第3図) で銀桂交換にはなるものの、ソフトの評価値は後手有利。私も玉の方さが違うことや駒損ながら端攻めが無いので後手有利と思っている。


△32金はプロの実戦も多い有力な変化。以下▲15歩△51金▲25桂に△44歩▲45歩(第4図)と進むと後手怖そうだがどうか。評価値は互角を示している…。

スポンサーリンク


再掲第2図から2、45歩 を検討してみる。以下 △32金▲47金△51金▲37桂に△64歩(第3図)。これは先攻して後手良し。

第1図から▲65歩に代えて▲59角も検討してみる。以下△74歩▲47金△32金▲45歩△51金▲46銀△41金(第4図)


ここから▲55歩△同歩▲58飛は△86歩▲同歩△75歩でどうか。ソフトの評価値は後手+500と大きく後手に振れた。三間飛車を調べていてずっと感じていたのだが、ソフトは三間飛車を低く評価しているようで互角に見える局面でもずっと居飛車側にプラスに振れていたのが印象的だ。だが、郷田王将(2017年3月現在)が中田功プロに4連敗したこともあるように、三間飛車は非常に有力だしやられたら嫌な戦法だと思っている。私もよくやられるので、これはもうコーヤン本を買うしかないのだろう。プロの本に共通しているのは、いくら頑張って独学で研究してもあっさりその上をいく内容がギッシリ詰まっているということ。定跡だけでなくその戦法に特化した中・終盤の感覚も非常に勉強になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA