角換わり腰掛け銀

スポンサーリンク

ここでは従来の角換わり腰掛銀を研究しようと思っていたがやめた。もう現れない可能性が高いから。今まで一生懸命研究してきたのは一体なんだったんだろう。そう思わされるほど、広瀬ー千田戦で後手番の千田が見せた構想で角換わり腰掛け銀の歴史が大きく変わった。ちなみに元々はソフトが見せた構想らしい。

初手からの指し手▲76歩△32金(挑発的。振る手もあったと思う。)▲26歩△84歩▲78金△85歩▲77角△34歩▲88銀△77角成▲同銀△22銀▲38銀△72銀▲46歩△64歩▲47銀△63銀▲68玉△74歩▲58金(今後はこれが悪手と言われる可能性が)

△73桂▲96歩△94歩▲56銀△33銀▲16歩△14歩▲79玉△42玉▲66歩△81飛▲36歩△62金▲37桂△54銀▲25歩△65歩(第1図)


この局面、最新ソフトの見解ではなんと既に後手有利。広瀬―千田戦も千田快勝。以下、私のPC(COREI7-7700k)でここから実際に対戦させてみた。まず第1図では▲同歩△同桂に 1、▲同銀 と 2、▲66銀 を読んでいたが、▲66銀が勝ると判定していた。順に見ていく。
1、▲同銀には△同銀▲63歩△72金▲64桂△73金▲62歩成△64金▲45桂△86桂馬▲同歩△同歩▲同銀△76銀(第2図)と進んで後手優勢を示した。


2、▲66銀 には△64歩。以下、▲88玉△86歩~△81飛で第3図。こうなると後手は飛車先の歩は切れているわ桂で陣形を乱しているわで大満足だと思う。

スポンサーリンク

上図以下、▲67銀に△75歩▲同銀△39角と進んで後手が快勝してしまった。
今後第1図はもう現れないのかもしれない。もちろん、先手で▲48金型、後手で△52金型だと1手早い分、更に強烈になる。そこで・・・新しい時代の同形は第4図のようになるのかもしれない。次回、この形を研究して記事を書き足そうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA