ダイレクト向かい飛車

スポンサーリンク

ダイレクト向飛車は、第1図のようにダイレクトに飛車を向飛車に振ってくることがその名の由来だ。佐藤康光九段が連採して話題になった。現在でも非常に有力な手法だ。
第1図までの手順・・・
▲76歩△34歩▲26歩△88角成▲同銀△22銀▲68玉△33銀▲48銀

 

 

 

 

 

第1図から▲65角△74角と進んだ局面が先手の分岐点。私は▲同角△同歩▲79玉と進めることが多い。△74歩は手得というよりは傷になる確率が高いからだ。

スポンサーリンク

ただ、プロの実戦例では第1図より▲65角△74角から、▲43角成△52金左▲同馬△同金▲75金△42飛(第3図)と進むのが圧倒的に多い。


第3図から▲74金△同歩▲46歩(第4図)がプロ間での課題だった局面。46歩は取れば55角だし、放置すれば▲47銀~▲48飛で先手良し。ということで、
第4図から1、△55金2、△55角でアクションしていくことになる。順にみていく。


1、△55金には▲47銀△46金▲同銀△同飛▲48歩△42飛▲31金!△54角▲21金△27銀▲55角(第4A図)と指されたことがある。ここまで進むと居飛車よしか?※追記、▲48歩では▲59金左がなお良い


2、△55角 には▲78玉△46角▲58金△73角▲47銀△62玉▲77銀△72玉▲48飛(第5図)と進んでどうか。これは完全な力勝負。先手は▲65角、後手は△39金が切り札になる。実戦例などどんどん追加していきたい。


ダイレクト向飛車での戦い方については、やはりプロの本を読むのがいい。序盤だけでなく中・終盤の考え方なども詳しく載っていて非常に参考になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA