丸山ワクチン

スポンサーリンク

後手中飛車に対して主に自分が使っている丸山ワクチンについて解説したい。
初手からの指し手
▲76歩△34歩▲26歩△54歩▲25歩△52飛▲22角成(大事な手)△同銀▲96歩(▲78銀△88角に▲97香の準備)△94歩▲78銀△62玉▲68玉△72玉(第一図)


第1図で▲66歩が大事な手。将来の55歩に▲67銀と出る準備。後手も△33銀で2筋を守る(△55歩は負担になって中飛車若干不利)。以下、▲67銀△82玉▲78玉△72銀に▲75歩!で第二図。


これが山﨑ー久保戦で現れた丸山ワクチンの最新変化で、個人的には先手やれると思っている。従来の丸山ワクチンは突き詰めていくと後手やれる変化が多く、減少傾向にあったがこの手を見て個人的にはやる気を取り戻した。
以下、山﨑ー久保戦は△84歩▲76銀△83銀▲58金右△22飛▲67金△52金左に
▲86歩と進展した。


以下、ソフト同士で対戦させたところ、△72金▲56歩△62金左▲48銀△92香▲57銀△91玉▲68金△82金▲77桂△44銀▲65歩(第四図)


と進展した。以下、△33桂▲46歩(▲64歩は△同歩▲31角△52飛▲64角成△55歩で難解。桂のサバキを封じる方が先決)△52飛▲24歩△39角▲27飛△55歩▲同歩△24歩▲85歩(第5図)と進んで難解ながら先手ペースか。

スポンサーリンク

ネット対局の実戦で何度も使ったが、位を張っている居飛車側がペースを握りやすい感じがした。実戦的には穴熊に潜れているのも大きく、いい勝負だと思う。
またプロの実戦例などを解析して記事にしていきたいと思う。
自分は後手中飛車に対しては、超速か丸山ワクチンで行くことにしている。先手中飛車に対しては郷田流か一直線穴熊にしている。そちらの記事もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA