一手損角換わり

スポンサーリンク

※本頁では最有力と思われる早繰り銀のみ取り上げます。
腰掛け銀や棒銀は機会があればやりたいと思います。
個人的には、一手損角換わりに対しては早繰り銀で行くのが面白いと思っている。
一手損角換わりVS早繰り銀の初手からの指し手は
▲76歩△34歩▲26歩△84歩▲25歩△88角成▲同銀△22銀▲78金△32金▲38銀△33銀
▲68玉△72銀▲36歩△64歩▲37銀△63銀▲46銀△54銀▲35歩で第一図。

後手の指し手は
1、△同歩 2、△44歩 に分かれる。

1は以下▲同銀に△55角と反撃してどうか。▲37歩△24銀▲同飛△23歩▲28飛で第2図。


ここで△36歩は▲56歩△37歩成▲55歩△28と▲54歩△同歩▲53角で、以下△19とには▲37桂、△29とには▲63銀で若干先手良しか。
かと言って△36歩で△33桂では▲77角で、局面が収まれば先手が飛車先の歩を切りつつ銀交換している得が生きて良くなりそう。ということで、2、△44歩の方が有力か。
それは以下▲34歩△同銀▲24歩△同歩▲同飛△23金▲28飛△24歩に▲35歩(第2図)が有力。▲77銀なら△36歩とたらして後手も面白そうだが。


第3図で後手の指し手は
1、△45銀  2、△25銀 3、△43銀ですが
1、△45銀 は以下▲同銀で△同歩▲44角も△同銀▲43角も後手がまずそう。以下△55角の筋には▲46銀で受ける。
2、△25銀は以下▲77角がソフトの手で△42飛なら▲55銀とぶつけ先手良し。
3、△43銀が最善ですが▲37銀がソフト推奨の柔軟な繰り替え。以下△33桂▲36銀△55角▲46角△同角▲同歩△45歩が一例ですが、若干先手が良さそう。
という訳で、自分が先手で一手損角換わりをやられたら早繰り銀をぶつけている。実戦例などもどんどん追加していきたい。

スポンサーリンク

【一手損角換わりおすすめ本】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA