ノーマル四間飛車

スポンサーリンク

※先手ノーマル四間や急戦、左美濃などは後日調べます。
今回は後手ノーマル四間vs穴熊です。
初手からの指し手
▲76歩△34歩▲26歩△44歩▲25歩△33角▲48銀△42飛▲68玉△32銀▲78玉△72銀▲56歩△52金右▲57銀△64歩▲36歩△62玉▲58金右△71玉▲77角△74歩▲88玉△73桂▲66歩△43銀▲67金△45歩▲98香△44銀▲99玉△54歩▲88銀△63金(第一図)


後手の構えはいろいろあるところだが、ネット将棋でもよく見かける第1図を基本図としたい。先手の指し手は大きく2通り。クリックすると各記事に飛べます。
1、▲59角から角の転換
1の記事は第1図から▲59角△82玉▲26角△94歩(△55歩は精算後▲75歩で先手良し)▲79金△84歩▲37桂△85歩!・・・を調べた。久保ー佐藤康戦でも部分的に現れた変化だ。私の実戦やプロの棋譜なども随時追加していく。

2、▲78金から松尾流穴熊
2の記事は第1図から▲78金△82玉▲68銀△55歩▲同歩△46歩▲同歩△55銀▲24歩△同歩▲35歩△46飛▲34歩△44角▲24飛△22歩▲25歩
△45歩・・・を調べた。プロの実戦例・アマ大会ともに見たことのある形だ。私の実戦やプロの棋譜なども随時追加していく。

個人的には、2の松尾流穴熊は指定局面からソフト同士で何回も対戦させた結果、若干先手良しという認識をもっている。後手をもってこの変化の避け方が難しいために後手ノーマル四間が減ってきたのかな?と思っている。

ノーマル四間VS穴熊において「石井本」と「渡辺本」は特におすすめ。急戦や左美濃の潰し方、四間飛車の手筋を次の一手形式で学びたいなら「藤井本」がいい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA