広瀬流四間飛車穴熊の現在 その1

スポンサーリンク

第1図は△54歩まで。これが広瀬流穴熊の基本図。手順はこちらの基本図から▲66銀△64歩▲78金△91玉▲99玉△82銀▲88銀△52金左▲68角△45歩▲59金△62金寄▲69金△65歩▲77銀△63銀▲36歩に△54歩。

ここから、▲24歩と仕掛けるか(本頁)▲79金寄(クリックでリンクに飛べます)か。どちらも有力だ。
6筋に金銀の壁を作って、5筋から軽く捌くイメージで指す。広瀬八段が王位を獲得する原動力になった戦法だ。
だが、現在は若干居飛車側が有利という結論が出ているようでプロ間では指されていないようだ。今回はその理由をソフトを使って調べていきたいと思う。
居飛車側は▲78金、▲68角型を早めに作ってその後に右金を寄せていくのが大事な手順なので間違えないように気をつけたい。


第一図で先手の指し手は▲79金寄(クリックでリンクに飛べます)か▲24歩△同歩▲35歩に分かれる。今回は▲24歩を詳しく見ていく。
以下△同歩▲35歩に△32飛▲38飛△42角▲34歩だと△64角が絶好のサバキで振り飛車も十分やれる、と解説されることが多いようだがウォーズの実戦にてそこで▲22歩と打たれて困った。
▲22歩以下、△19角成▲21歩成△29馬▲35飛△47馬と気持ちいい手順は続くのだが、▲79金寄と寄られて次の▲33歩成が受け辛い。
実戦は第2図のように△66歩と突いたが、ここで正着を指されていたら難解だった。
【第2図、正着は?5分で五段】


正解・・・
▲66同銀。
以下、△74桂▲77銀△66歩▲同歩△56馬▲33歩成△67歩▲59角△66桂▲同銀△同馬▲32と・・・(第三図)

第三図から△68銀と打ってどうか。以下▲同角△同歩成▲同金上にぱっと見は△64香や△88馬▲同金△79銀・・・難解としか言いようがなさそう。

実戦は第2図で手抜きで▲33歩成だったため、△67歩成~△66歩▲同銀△65歩▲同銀△58馬▲57金△68馬▲同金△44角で後手が有利な展開になった。

・・・という訳で、第1図ではいったん▲79金寄の方がやはり無難な感じだ。

スポンサーリンク

////広瀬本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA