後手ノーマル四間についてその2 VS松尾流

スポンサーリンク

初手からの指し手
▲76歩△34歩▲26歩△44歩▲25歩△33角▲48銀△42飛▲56歩△32銀▲68玉△72銀▲78玉△52金左▲57銀△43銀▲36歩△62玉▲77角△64歩▲88玉△74歩▲66歩△73桂▲98香△45歩▲99玉△44銀▲88銀△71玉▲67金△82玉▲78金△63金▲68銀 (第0図)


第0図から1、△55歩 と 2、△53銀に分かれる。

2の△53銀以下は、ソフト同士でやらせたところ▲24歩△同歩▲65歩△77角成▲同金△65桂▲67金△22飛▲37桂△33桂▲79金(第02図)。評価値は先手プラス450程度


ここから1、△42銀には▲16角!という手があるらしい。角で受ければ▲46歩~▲48飛で良し。2、△44銀は▲66角△62角▲35歩△同歩▲46歩で良し。サラっと書いてるけど超絶技巧のオンパレードだ。

さて、△53銀が解決?したところで1、△55歩の解説に戻る。以下、▲同歩△46歩▲同歩△55銀▲24歩△同歩▲35歩△46飛▲34歩△44角▲24飛△22歩▲25飛△45歩で第1図。

下図は見たことのある方も多いのではないだろうか。四間飛車側が△44銀型に組んで、先手が松尾流に組もうとすると大体図の局面になる。第一図。△45歩は▲45歩の防止。ここで重要な手がある。


正解は・・・
▲37桂。以下、△47飛成▲45飛△37龍▲56歩△34龍▲55飛と進み、ソフトの評価は先手がプラス200で優勢。それが第二図。
【棋譜並べ動画】ソフトVSソフト名局


第二図は新しいテーマ図とも言えそうな局面。後手は△63金の一手を△94歩に代えたりと工夫の余地はありそう(△71玉型だけはNG.それは後で解説します)だが、大差ないと思う。ここからソフト同士でやらせると、△57歩▲同金△55角▲同歩△39飛▲16角!と進んだ。△39飛で△39龍が自然だが、▲79銀右と締めるのが面白い手で先手が優位を拡大しているそうだ。最後の▲16角が格好いい。
以下、△31龍▲52銀△同金▲同角成△61銀打▲16馬と進む。▲52銀が私にはできない発想。金銀交換で馬を作って得をしているのは分かるが、後手を引くので中々指しづらい。しかし、ソフト先生はそれで先手が優位を拡大しているとの判定。これはこのまま定跡になりそうだ。以下、△51龍▲54金△同金▲同歩△19龍▲75歩△85桂と進んで第三図。次の手が好手だった。【第三図、5分で二段】


正解は・・・
角を見捨てて▲74歩。これが強い手で、放置すれば▲86角が厳しいので△77桂成だが、▲同銀左で「堅い、攻めてる、切れない」の格好が実現。以下△92玉(地味だが好手)の早逃げに▲85桂△81桂と攻めつけて、第四図の次の一手がまた好手。【第四図、5分で二段】

スポンサーリンク


正解は・・・
▲71金!コンピュータはここしかないという空間に放り込むのが上手い印象がある。以下、△45角と攻防手を放つも▲67金右に△62金に▲81金から▲73歩成を実現してしまった。それが下図。


 急所にと金を作って、先手陣はまだ堅い。▲49歩や▲79歩があるのも頼もしい。
以下、後手も粘りを見せたが先手が順当に勝ち切った。
 戻って下図。後手が△71玉型なら、先手は▲37桂よりさらに有力な手段がある。【下図、5分で四段】


正解は・・・
▲56歩△同銀▲65歩。以下、△77角成▲同金寄△65桂に▲35角から飛を取って▲22飛成で先手優勢。

ということでノーマル四間には松尾流が有力で、先手がよさそうというのが現時点での私の結論。ご覧いただき、ありがとうございました。ただ、石井プロはノーマル四間でよく勝っているので、秘密の研究があるかもしれません。

 

 

“後手ノーマル四間についてその2 VS松尾流” への1件の返信

  1. こんばんは〜)^o^(

    正解は・・・
    ▲56歩△同銀▲65歩。以下、△77角成▲同金寄△65桂に▲35角から飛を取って▲22飛成で先手優勢。
    ▲5六歩に△2五桂▲2四角△5四銀では、振り飛車悪いですか(?−?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA