メリケン向飛車について

スポンサーリンク

メリケン向飛車といえば「島ノート」にも記載されている非常に有力な戦法だが、相手がメリケン用に最善を尽くした陣形を取ってきた場合は残念ながら厳しいと言わざるを得ない。しかし、「全く別の将棋を指そうとしていたが、気づいたらメリケン向飛車が炸裂する局面になっていた」というのはしょっちゅうあることだ。私もよくメリケン向飛車に持ち込むことがあるが、決して最初からそう決めていた訳ではなく相手の陣形にスキがあるからそうするというだけだ。前置きが長くなったが、始めていきたいと思う。


上図は私の将棋ウォーズでの対局。後手の方が対石田流の定跡とばかりに早めに左美濃を作ってこられたので、メリケン向かい飛車で行くことを思いついた。端を伸ばしてきたのは明らかな緩手で、△63銀~△74歩を狙うべきだった。上図で▲86歩と仕掛け、早くも先手が有利となった。以下飛車交換をして下図。ここで有利に導く手がある。【下図、5分で1級】


上図以下・・・
▲85飛△82歩▲83歩△同歩▲同飛成。先手だけ龍を作ることに成功。以下下図の△19龍までと進展した。次の△28桂成~△49角があるが、ここで決め手がある。【下図、5分で初段】


正解・・・
▲16龍△同龍▲63歩成。と金は遠いようだが、次に▲64角と打つ手と連動すると滅茶苦茶に早い。
本局は後手の陣形のスキをうまくとがめて、メリケン向飛車がさく裂した将棋となった。


なお、メリケン向かい飛車に対しては上図のように△64歩△63銀の形を早めに作って早めに△74歩と仕掛けられれば居飛車良し。ちなみに上図のソフト評価値は後手に300ほど振れている。私も上図の対応が嫌なので最初からメリケン向飛車を狙うようなことはせず、後手の陣形を見て隙あらば・・・という感じである。例えば本局のように序盤の駆け引きの中で早石田を匂わせてスキを作らせることが出来ればメリケンは炸裂する。後手が早めに端を突き越してきたり、△64歩でなく△54歩を先に突いてきたりする形の場合は大チャンスなので、積極的に狙っていくといいと思う。以上、覚えて損のないメリケン向かい飛車戦法でした。

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA