後手ノーマル四間についてその1

スポンサーリンク

※申し訳ありません。全部「第四図」になってしまいました・・
さて、下図は後手の△44銀型に先手が▲67金型にしてきたところ。ここで
後手の手が力強かった。


 【棋譜並べ動画】最強ソフトが居飛穴退治

上図から△85歩!部分的には昔の佐藤康光ー久保戦であった。その将棋は久保がやはり穴熊の弱点の8筋を攻めて勝っている。まさか、またこの局面がソフト同士の対戦で再現されるとは思っていなかった。以下▲48飛△53銀▲46歩△同歩▲同銀の仕掛けにいきなり△86歩!とついて一気に激しい攻め合いとなった。評価値は若干四間飛車側に振れていた。進んで下図。次の手が凄い受けだった。【下図次の一手、5分で四段】

正解は・・・△37桂打!!ここに桂馬を投資してでも角道を止めてしまえば8筋の拠点や58の馬が生きて自然に良くなるという考え。実戦も▲25飛~▲37角で二枚替えになったが△36馬と追って▲41歩成△同飛▲64銀に△37馬とうるさい角を追い払いつつ、急所に馬を利かせて後手優勢。先手も▲53歩成はあるもののやはり馬は大きかった。
進んで下図。ここからの後手の決め方がえげつなかった。【次の一手、先手を消耗させる。5分で二段】


正解は・・・
△46角。次の79角成が詰めろになるので▲68桂と受けたが、駒を使わせて△74銀が渋い手で先手の切れ模様がハッキリ。その後、優勢を拡大し迎えた下図。どう指しても勝ちだが、ここで更にカラ~い手を指して勝勢を決定づけた。その手を当てて頂きたい。5分で二段くらいだと思う。

スポンサーリンク

正解は・・
△64飛!歩が利かないのを見越している。以下▲78金打と消耗させてじっと△62金で完封。こんな指し回しが出来たら全国優勝も夢じゃないだろうなぁ。
ということで、ノーマル四間飛車も結構やれるということが分かった。
次回ノーマル四間を扱う時は難敵の松尾流について触れていきたいと思う。これは自分の中では結論が出ている。
ノーマル四間は「石井本」がおすすめです。プロ間でもよく勝っており、研究の深さや独特の大局観がうかがえます。

 

“後手ノーマル四間についてその1” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA