変幻自在カメレオン戦法

スポンサーリンク


第一図は私の将棋ウォーズの実戦に現れた局面。先手が私。ここが結構悩ましいところだった。後手はここから右玉、右四間、中飛車など色々な含みがあって先手は指し手が難しい。結局ここから右玉に発展し、△45歩と突っ張ってきたので反発して第2図。
▲46同銀まで。ここで後手に鋭い反撃があった。

      【5分で初段、鋭い反撃】


第二図から、△86歩が鋭かった。▲同歩△85歩~△同桂に銀を逃げると△65歩が厳しすぎるので▲87歩と謝ったが、まんまと銀桂交換に持ち込まれて自信が無かった。
以下、△77桂成▲同桂△65歩に▲55桂と反撃して、△65歩▲同桂△64歩で第3図。
ここで勝負手がある。

   【先手の勝負手は何でしょう?】


ここから、単に▲45桂は△65歩で角は取れるが負け。
▲53桂成同金に45桂と跳ねたのが勝負手。瞬間、銀損になるが後手の陣形を薄くして実戦的な勝負手だ。以下乱戦になった。手順は動画等でも確認できるが、45桂以下
△同銀▲同銀△65歩!▲同金△64銀打▲63桂成△同金▲54金と進んだ。お互い妥協なく突進していく感じの手順だ。▲54金に△66桂なら▲88金と寄って凌いでいるようだ。実戦は以下△99角成▲63金△同玉▲54銀打に△72玉が悪手で▲63金から先手が勝ち筋に入ったが、△52玉▲46角(第4図)の変化なら後手が有利だったようだ。
そんな訳で第4図はこう指されていたら負け、という変化手順。▲46角が味良く一見先手勝ちのようだが、凄い手があった。

     【絶妙手、5分で四段】

正解は・・・△67香!とれば87飛成、▲68歩なら△57桂!▲同角△77桂!で負けそう。▲63銀打~▲52金~▲64角と攻めていくのが最善のようだが、手順に後手玉が安全地帯に逃げ込んでしまうため後手有利。
実戦は逃してくれたため辛勝となったが、後手の作戦はとても有力なようだ。
更に、△22角を上がらず△41金、△32銀型で右玉と左美濃を両天秤にしてくるような指し方もある。特に△85歩、△32銀型の右四間飛車はつい最近の竜王戦1組の高橋ー阿部戦であり、後手番の阿部が右四間飛車で快勝している。近いうちに新・右四間飛車について徹底的に研究してまた記事を書いてみようと思う。
長文ですがご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA