折田四段、竜王戦6組決勝進出&5組昇級!

スポンサーリンク

準決勝、佐藤秀八段との一戦は後手の佐藤八段が一手損角換わりに誘導。経験豊富な手慣れた指し回しを見せたが、折田四段は細かい駆け引きから矢倉に組むと駒損を厭わず猛攻開始。桂損ながら玉形の差で優位に立ち、以下は丁寧な指し回しで粘る後手を振り切った。これで5組昇級決定!

決勝は小山アマー長谷部四段戦の勝者と。勝てば6組初参加で初優勝、決勝トーナメント進出となる。

また、直近10局の成績は8勝2敗。フリークラス脱出も見えてきた。フリークラスからC級2組へ昇級するための条件は

A「年度の通算成績が所定の条件で6割以上の勝率」

B「直近の30局以上の対局で6割5分以上の勝率」

C「年度の対局が所定の局数(30局)に達する」

スポンサーリンク

D「全棋士参加の棋戦優勝またはタイトル挑戦」

今までフリークラスからC級2組に昇級した棋士は全員Bの条件。目安として20勝10敗が昇級ライン。

折田四段はプロ入り後の通算成績が13勝9敗で初戦黒星なので、良いところどりで13勝8敗。ここから7勝2敗以上の成績をあげれば晴れてC級2組昇級となる。

また、8勝2敗からカウントするとここから12勝8敗以上の成績でもOK。十分いけそうな数字だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA