定跡講座 先手早石田対策 その1 侮れぬ▲78飛△45角超急戦

スポンサーリンク

 苦手戦法は?とアンケートしたところ、▲76歩△34歩に▲75歩と突かれる形と答える人が結構多かった。実は私もその一人だ。そこで、今回から3~4回に分けて先手早石田の対策をやっていきたいと思う。 個人的に、▲75歩には△42玉と上がるのが最善だと思っている。そこから▲78飛と回って、後手が角交換から△45角と打ち返す超急戦がある。今回はこの形を調べていこうと思う。主流の変化ではないが、プロの実戦にも何度も現れている形で、「知らない」では通らない(というか私がハマってやられました・・・) 。さて、△45角と打てば下図の△33桂まではほぼ一本道。(▲58玉では▲68金もあるが善悪は微妙。今度調べてみたい)ここで▲74飛と走ってくる手に対して次の一手は何でしょう?


正解は・・・
△92飛。歩を温存して飛をかわす(ほっとくと▲82角成~▲72飛打!で崩壊)のが羽生ー丸山戦で丸山先生が指した手で、恐らく正着。長らく△73歩の一手と思われていたがその変化は詳細は省くが先手がやれそうだ。
そんなこんなで(△92飛以降▲34飛△32金)19手目は先手も分岐点。図の▲36歩では▲36飛もあるところだが、△54歩~△52飛と同じように反撃してどうか。プロやアマ高段者の実戦では▲36歩が多い。やはり▲36飛に比べ桂頭にプレッシャーをかけられるのは大きい。


上図では手が広いところだが、プロの実戦例やソフトでの検討によると、後手は先ほども述べた△54歩の筋で反撃するのがどうも最善のようだ。△26馬▲38銀(金)の展開もありそう。△54歩に同飛は△62銀と上がってやや後手が指し易そうなので、実戦例はだいたい▲77角だ。そこで△52飛と回って下図。

ここから▲86角が気になる筋だが、△41玉▲33飛成△同金▲53桂には△同飛!(逃げると▲61桂成で駒損が大きく後手少し苦しそう)▲同角成△62銀で▲35馬なら△55桂で若干後手よし、▲86馬なら△32玉と▲21飛の筋を消せばソフトは後手やれるとの見解。そこで、▲86角で無く▲35飛と引く実戦例が多い。以下、△26馬▲38銀に△44歩や△35馬~△55歩など色々あるが私の研究では下図の△24歩がのちの▲15角の筋を消して最善で、ごくわずかに後手持ちかなぁと言ったところ。

ソフト同士の実戦では以下、▲27歩△35馬▲同歩△55歩と進んで、24歩がぴったり働く展開になった。今回は一応ここまでで▲78飛△45角の筋の研究を終わりにしたい。

スポンサーリンク

【おすすめ書籍】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA