藤井聡太 炎の七番勝負 第5局目 VS 深浦康市 九段戦

スポンサーリンク

ここまで藤井四段の戦績は
〇増田四段
●永瀬六段
〇斎藤慎七段
〇中村太六段
かなりの実力者相手に、鍛えの入った指し回しで3勝1敗。既にルーキーのイメージはない。私は今年中に藤井四段が何かタイトルを奪取すると思っている。
さて、注目の深浦戦は第1図。先手深浦九段の森下システムとなった。最近では左美濃や急戦など後手のバリエーションが広がってきたせいかなかなか普通の矢倉をお目にかからない気がする。深浦九段の経験値が最大限生きそうな戦型だ。


第1図からお互いに囲い合い、第2図のように進展した。現役A級の強豪深浦九段の攻めを、藤井四段が堂々と受けて立つ展開だ。


▲55歩が手筋で、単に▲45歩は△同歩▲同桂に△44角がある。ここでソフトによると△64歩!が最善で後手+200程度だが、人間ならまあ△同歩から考えるところ。実戦も同歩だった。以下▲45歩に△73銀!と超強気の攻め合いだ。この辺りの思い切りの良さも藤井四段の持ち味。勿論、深い読みの裏付けがあるのは言うまでもない。以下、深浦九段の激しい攻めを藤井四段がカウンター含みでいなすような展開になって第3図。▲36飛に対して好手があった。


第3図で△33歩が渋い好手。▲33歩のたたきをなくし、わずかに(+200程度)後手が優位に立った。先手は33歩を消されて45の桂が不安定なのが痛い。
以下、第4図へと進展したが、▲75歩に対して力強い好手がある。


第4図から△54金!が力強い。桂取りが受からない。やむを得ず▲33桂成と特攻していったがこれは後手の望むところ。リードは+500程度に変わった。
以下、先手も懸命に食らいついて第5図。ここで決め手級の手があった。


第5図で△42桂と打てばほぼ決まっていた。▲52歩が気になるが、△38飛▲42銀成に△33玉で後手優勢。成銀が重く残ってしまう。
実戦はこれを逃し金をボロっと取られ、難解な形勢に。深浦九段の気迫に圧されたか。それでもそこから冷静なのが藤井四段の一味違うところ。微差のリードを保ち、迎えた第6図で実戦的な好手順を指す。


第6図から△56桂▲57角△93香が好手順。一発、桂を利かすことで先手陣は大幅に薄くなった。深浦九段も▲23歩△13玉をきかせて▲95桂を粘る。そこで△94歩が緩手になってしまった。ここでは△58飛成が柔らかい好手だった。第7図では深浦九段にビッグチャンスが訪れていた。

スポンサーリンク


第7図で▲83桂成!△同飛▲36金が勝負手で、歩切れの上に飛車の利きがなくなった後手陣は弱い。実戦は単に▲36金だった。形勢は後手に傾いた。
以下、第8図へと進展した。▲25角に対して次の一手(詰将棋)を当ててほしい。

正解・・・
△66金が鮮やかな一手。以下▲同角△78竜▲同玉△68桂右成となれば即詰み。

実戦は△66金を見て深浦九段の頭が下がった。これで4勝1敗。ここまでくると、もう五~八段には一生ならないような気がする。(先にタイトル3期を獲得して九段になってしまうため)

動画での棋譜並べは こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA