第67回NHK杯 中村修九段 VS 佐々木勇気五段

スポンサーリンク

中村九段の先手で、▲76歩△34歩▲58金右!!!といきなりすごい出だし。準備の深さを伺わせる3手目だ。対して佐々木五段は△35歩と伸ばし、早石田の構え。以下第1図と進展。佐々木五段はなんと石田流と穴熊を両立しようとしている。無理気味の構想だが、通してしまえば後手有利。ここで中村九段、動く。

第1図から▲46銀!(第2図)が凄い手


以下△45歩▲57銀で何をやっているかわからないようだが、以下△71金に▲46歩と、手損をして位を取らせてその位を攻める、という高等戦術なのだった。
以下、ソフト検討でも互角という手順が続いたが、続く第3図で均衡が破れた。
第3図は佐々木五段が13の角を22に引いて王手したところ。角筋が止め辛く厳しい手に見えたが、結果的にこれが疑問手となってしまった。中村九段の受けが素晴らしすぎたのだ。

ここから、▲98玉! と凄まじい受けが出る。以下△88銀で早くも詰めろがかかったが、▲55歩!でしっかり受け止める。続いて△99銀成~△42香(第4図)と攻防に香を据えられて困ったようだがそこは「受ける青春」。素晴らしい受けを用意していた。


第4図で▲56銀打!が手厚い受け。△44歩は▲35銀で困るし、次の▲45銀を受ける適当な手段もない。ここではっきりと先手が優勢(+1000程度)になった。
以下、中村九段が快調にリードを広げていくがそこは昨年度勝率No1を争っていた佐々木。第5図で妖しい受けを見せて混戦に持ち込む。


第5図では桂、香が急所に利いていて受けが無いようだが△85飛!が好手。一気に差が縮まった(先手+500程度)
以下、後手が猛烈に追い込んで逆転寸前までいった第6図。▲72歩の垂らしが疑問で(正着は▲41飛)後手にチャンスが訪れていた。

スポンサーリンク


正解は・・・
△41飛!と打つ手があった。▲15歩と突く位しかないが、△22角と活用して後手もかなりやれる形だ。実戦は△82銀と打ったため▲41飛△42飛に香を取らずに▲61飛成!が好手ではっきり先手優勢になった。以下、中村九段が完璧な指し回しで押し切って若手のホープに快勝。ベテランが底力を見せつける恰好となった。

動画での棋譜並べはこちら

高速棋譜並べ(2分半):こちら
通常棋譜並べ(12分半):こちら

※通常棋譜並べは4月9日18時半に公開されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA