電王戦2番勝負第2局 佐藤天彦名人 VS PONANZA 

スポンサーリンク

対局日:2017年05月20日
先手:佐藤天彦名人
後手:Ponanza 
持ち時間:各5時間

初手▲26歩に△42玉!とコンピュータにはよくある出だしになった。(未だに見慣れないが・・)そして第1図。飛先交換のチャンスだが・・・。


名人の指し手は▲76歩。ここでは飛先交換すると、1歩手にして飛先が軽くなる得よりも1手損するデメリットが大きいのかもしれない。実際、飛先交換させてから後手が早繰り銀にする指し方は今季の佐藤ー稲葉の名人戦でも登場し、後手が勝ってしまった。ということもあってか、先手は飛先交換を見送り、局面は普通の各換わりに進展していった。そして第2図。凄い形になった。


△62の銀を△51に引いた局面だが、個人的には初めてみた手。意味は52銀~43銀の銀矢倉を作ろうということだが通常は△54銀~△43銀というルートなのでこれは斬新だった。ただし形勢がここからやや先手に触れ始めたことを考えると、疑問の構想だった可能性はある。第2図以下、名人は一直線に棒銀を繰り出して2筋の歩交換を果たした。これが大きかったようだ。第3図と進展して、やや先手作戦勝ちか。評価値はプラス200程度。


第3図で▲96歩と突いてバランスをとっていけば、後手は徐々に手詰まりに陥っていくので先手がやれていたようだ。本譜は先手が穴熊の構想を見せていった。これを見て私は、名人は恐らく「いつも通り(人間相手のように)指そう」と決めていたのではないだろうかと思った。確かに人間相手なら非常に実戦的に好着想となりそうなところだが、相手はPonanza。右四間が先手陣のバランスの悪さを咎めており、第4図まで進んで後手作戦勝ち模様になった。


第4図で放置すると△65歩~△39角や△73桂 が来るので、先手から▲55歩と果敢に攻めていった。Ponanza相手に先に仕掛けるのは非常に勇気がいるところだが、名人は怯まなかった。対して△同歩なら▲54歩と垂らして先手も面白そうだが・・・△56角!が強烈な切り返しだった。この手を境に一気にPonanzaが差を広げていく。そして第5図。気が付けば端桂で守りの銀をソッポに行かせ、飛角は急所に利き、△86歩と穴熊の急所に歩が突き刺さっている。あっという間の大差だ。


名人もここで▲45桂!とさすがの強烈な勝負手で切り返す。第6図となり
穴熊は解体されてしまったが・・・・

スポンサーリンク


第6図から▲78角!が根性を見せた粘り。後手も間違えると▲53歩成が間に合ってきて大変だが、△63竜と引いたのが非情なまでに正確な受け。以下、桂と香を奪い合って第7図。天王山に馬を引き付けて王手!だが・・


上図から△44金と馬に当てたところで名人の投了となった。馬が逃げるようでは△46歩で絶望だし馬を切ってしまえば先手陣は持たない。1局を通して、名人の積極的な姿勢が目立っていた。変に腰が引けた指し方ではなく、あくまでも己の将棋を貫き通した将棋で敗戦とは言えとても立派だったと思う。さわやかな気分で観戦することができた。PONANZAは相変わらず悪魔のように強かった。

佐藤名人が僅差ではあるが優位に立つ場面もあり、非常に見応えのある対局だった。今後もまた人間対ソフトの対局を見てみたいと思う。

この将棋の棋譜並べ動画は こちら 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA