角換わり早繰り銀

スポンサーリンク

・一手損角換わり、先手早繰り銀
【記事】一手損角換わりを窮地に追い込む早繰り銀

角換わり早繰り銀の基本的な受け方
(ノーマル角換わり編)

初手から第1図までの指し手
▲76歩△84歩▲26歩△85歩▲77角△34歩▲88銀△77角成▲同銀△22銀▲38銀△72銀▲78金△32金▲36歩△64歩▲37銀△63銀▲25歩△33銀▲46銀△54銀


・早繰り銀は一手損角換わりには非常に有力な戦法だが、ノーマル角換わりでは微妙な戦法だ。あまりやる人はいないだろう。ただし大会などでは「自分だけが詳細を知っている」というのは凄いアドバンテージで、終盤の入り口まで消費時間をあまり使わずにスイスイ進めることができるという意味では十分に使う価値がある。さて、第1図から▲35歩は△同歩▲同銀に△86歩▲同歩(銀は55角)△85歩が厳しい。以下、▲34歩△22銀▲68玉△86歩▲88歩となった第2図。本には先手失敗の図と書かれているが、実はそこまで悪くはない。第2図からは▲24歩△同歩▲同飛は△36角▲58金△25歩!で失敗するので、一旦▲58金と上がってどうか。8筋を詰めているのは後手の大きなポイントだが、具体的にリードするとなると大変だ。先手は2筋の交換など指したい手が多いし、壁銀を強要しているのもポイントだ。


第1図からは▲68玉が本線で、後手も△44歩とプレッシャーをかける。そこで
1、▲35歩 2、▲37桂に分岐する。
1は以下、△45歩▲34歩に
I、△同銀 Ⅱ、△46歩だが、
Ⅱの△46歩は▲33歩成△47歩成▲32と△46角▲44角(第3図)と進んでどうか。


実戦で先手をもってこの局面になったことがある。△57角成▲69玉△48歩に▲58銀と受けて難解だった。
また、Iの△同銀も経験があるが以下▲37銀△33桂▲24歩△同歩▲同飛△23金▲28飛△24歩▲58金△65歩(第4図)と進んだ。23金は悪形ながら次の△64角が厳しく、実戦的には後手が勝ちやすそうな感じがした。


再掲第1図から▲68玉△44歩に▲37桂も非常に筋は悪いが有力。以下実戦は△52金▲26飛△42玉▲58金(第5図、65歩でなく▲58金まで)と進んだ。▲35歩を狙って一局ながらあまり先手をもってやりたいとは思わない。ただ、こういうマイナーな局面をこっそり研究しておいて格上相手にここ一番でぶつけるというのは自分の得意戦法?でもある。

スポンサーリンク


何冊か角換わりの名著を紹介しておく。

・ノーマル角換わり、先手早繰り銀
【対局動画】3切れ 早繰銀で速攻
・ノーマル角換わり、後手早繰り銀
【対局動画】3切れ 先手腰掛銀45歩46角型
【対局動画】3切れ 先手腰掛銀76銀87金型

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA