竜王戦第3局、千日手含みも回避。難解な形勢続く

スポンサーリンク

棋譜はこちら(公式サイト)

72手目△34金をエルモで検討させてみると、
以下①▲51竜には△33金が最善手と出ます。

スポンサーリンク


ここで先手が▲58竜と引くと・・・そう、千日手です。
もしや?と思いましたが実戦は羽生棋聖が千日手を回避して決着をつけにいく手を選びました。73手目の▲82銀、初心者が指せば「超筋悪」と怒られてしまいそうですね。ただ、プロ同士だと筋悪な手は好手になるケースが多く、不思議なものです。エルモによると形勢は竜王僅かに良しとの判定。ただ、その後の検討手順はとても実戦に現れるような感じのものではないので、実質ほぼ互角とみていいと思います。
残り時間は先手が約1時間半、後手が約2時間半ということで、
1分将棋までもつれこむ可能性も出てきました。そうなればここ最近の傾向からして竜王がだいぶ有利になるので、羽生棋聖としては何とかそれまでに決着をつけたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA