竜王戦第2局 羽生善治棋聖 VS 渡辺明竜王 午後3時の形勢

スポンサーリンク

棋譜はこちら  (竜王戦公式サイト。無料中継)
現在、82手目の△64桂まで。
ソフトの見解では▲65銀!!と強く出て、△55角▲同角△同歩に
▲73角!が好手で以下△19龍▲64角成△21玉▲55馬はいい勝負のようだ。以下は△79角の詰めろ銀取りなら、▲88桂△57角成に▲86歩と突いてどうか(下図)。先手も後手も相当怖い局面だ。
 

以下後手は△87歩!の焦点の歩が有力。▲同玉なら△99龍が詰めろ。
ちなみに▲73角で▲64銀と桂を取ると、△54角!が好手で先手負け。
ただ▲65銀は相当に恐い手なので、気楽な検討ならともかく果たして実戦で
出るかどうか。因みに、▲65銀を避けるためにソフトは△64桂では△84桂を本手としていた。なお、▲65銀で▲67銀なら△55角で後手よし。この変化なら桂は△64の位置の方が働いている。
三時のおやつは二人ともフィナンシェチョコで、飲み物は
羽生棋聖が紅茶、渡辺竜王がホットコーヒー。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA