王座戦1局目 羽生二冠VS中村六段 16時現在は羽生二冠優勢

スポンサーリンク

羽生二冠の雁木に中村六段が棒銀で積極的に仕掛けていったものの、羽生二冠が老獪な受けから巧みな反撃で優位を掴んだ。


16時現在は▲77桂と跳ねて第0図だ。仮にここから△75歩なら
▲65歩に△57歩(下図)が絶妙手で後手が優勢のようだ。


上図で▲64歩なら△26角が詰めろ桂取り。
▲同角も△76歩後の△65桂打がきつい。▲同銀は△55銀だ。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA