羽生三冠 VS 菅井七段 王位戦第5局2日目 菅井七段の王位近づく

スポンサーリンク

無料中継サイトは こちら 

王位戦第5局は下図△38角まで進んだ。恐らくここで昼食休憩というところ。


上図から▲67銀と固めるのが第一感。以下△47成桂には▲95歩と攻めてどうかだが、△47成桂▲94歩△38飛成(第5図)と一直線にこられ、


以下▲93歩成~▲94歩と攻めても手が止まった瞬間に
△57成桂や△69銀とひっかけられてどうもダメなようだ。

ということでソフトの推奨手は▲65金!だが、これも△56角成▲67銀打△46馬(第6図)が冷静な手順で、次の△56歩を見せられて大差だ。評価値は後手+800程度。
菅井七段の初タイトルが限りなく近づいてきている。

スポンサーリンク

と記事を終わりにしようと思っていたら、12時現在
下図から▲67金打!と羽生三冠が指した。確かに金の方が
ヨコからの攻めに対応できるメリットがあり流石の一着だ。


ただ、△49角成~△69銀が非常に速い攻めとなっているため、
後手の攻めを振りほどくのは容易ではない。評価値は
後手+1000前後といったところ。
ここから奇跡の逆転はあるのか。「羽生マジック」で何度も
奇跡を起こしてきた絶対王者の底力に期待したい。ただ菅井七段もこのシリーズは本当にタイトルに相応しい見事な将棋を指し続けているという印象で、もしタイトルに輝いたなら素直に心から祝福したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA