(随時更新)羽生三冠、竜王挑戦を「勇気流」に託す

スポンサーリンク

第30期竜王戦決勝トーナメント準決勝
挑戦者決定戦3番勝負進出をかけた戦い
先手:羽生善治三冠
後手:稲葉陽八段

【20時までの形勢】
難解な中盤から、羽生三冠が角を切って気合の猛攻を開始。これに稲葉八段がややひるんだか、攻めが急所に刺さってきた様子。羽生三冠が有利な形勢を掴んだようだ。ソフト評価値は先手プラス400~500程度。まだまだ予断は許さないが、羽生三冠が勝ちやすい形勢なのは間違い無さそうだ。

【18時までの形勢】
非常に難解な中盤で、一手で決着がついてしまいそうなだけに中々手が進まない。羽生三冠が51手目を指した局面で夕食休憩に入ってしまった。
夕食は
羽生三冠:中華そば(ほそ島や)
稲葉八段:若鳥から揚げ定食(みろく庵)
再開は18時40分らしい。形勢は難解で、ほぼ全くの互角。
このまま羽生三冠が飛角と左右の桂馬を使って軽く攻めていくのに対して、稲葉八段が深い陣形でじっくり受ける展開が続いていきそうだ。

【16時までの形勢】
稲葉八段はご存じの通り今季名人戦の挑戦者。
実績こそ劣るものの、本日付の実力レーティングでは全棋士中4位(羽生三冠は3位)と、タイトルホルダーに匹敵する最強クラスの実力を誇る。

スポンサーリンク


戦型は、上図のように羽生三冠が「横歩取り・勇気流」に誘導した。藤井聡太四段の連勝を29でストップさせた戦型としても有名だ(その将棋、出だしは相掛かり模様だったがそこから佐々木六段が巧妙に横歩取りに誘導した)。
16時現在の形勢は、ほぼ互角ながら攻めている羽生三冠が少し勝ち易そうな将棋だ。
だが、稲葉八段は不利になってからの粘りの凄まじさと圧倒的な終盤力を生かしてここまで駈け上がってきた棋士。羽生三冠としては終盤に入る前に大差をつけておきたいところだろう。あと1期竜王を獲得すれば、ファンが待ち望んでいる「永世竜王」の称号が手に入る。出来たばかりの叡王戦を除けば、竜王以外全てのタイトルで永世称号を獲得している羽生三冠。目の前の稲葉八段、挑決戦の松尾八段、そして宿敵渡辺竜王と非常に厳しい戦いは続くが、10年来の羽生ファンとしてはどうにかして獲得して欲しいと願うばかりだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA