本日はA級順位戦とC2順位戦。羽生竜王と藤井四段の豪華共演。

スポンサーリンク

本日はA級順位戦10回戦とC2順位戦9回戦。
A級では羽生竜王対屋敷九段、C2では梶浦四段対藤井四段のカードが組まれている。
羽生竜王はここまで5-4で挑戦の目はほぼ無く、残留は確定しているので文字通り来季の順位のためだけの「順位戦」となる。
対戦相手の屋敷九段はここまで2勝6敗と大苦戦。負ければ即降級だ。
一方、藤井四段は8-0で単独トップ。今日梶浦四段に勝てば昇級確定。負けても最終日で勝てば昇級となる。ただ、最終戦の相手は敗れたこともある強敵三枚堂六段。ここで勝って決めないと非常に危ない。
A級は三浦九段(3-5、11位)、屋敷九段(2-6、6位)、行方八段(2-6、5位)が「連勝しなければ降級」という崖っぷちに立たされている。本日、全ての降級者(3名)が決まってしまう可能性もある。
挑戦争いの方は豊島八段が6-2で抜け出した格好。今日勝って5-3の佐藤康九段、久保王将が揃って敗れれば挑戦が確定する。両者が揃って勝った場合でも、本日豊島八段が勝てばプレーオフ以上は確定だ。

C2は全勝の藤井四段(45位)以外は今泉四段(47位)、佐々木大四段(48位)が7-1で自力だが、都成四段(3位),増田康五段(5位),石井五段(7位)などが6-2で追っており、
1敗も許されない状況が続く。
今泉四段の対戦相手は中田功七段。これに勝つと最終戦で瀬川五段戦が組まれており、アマチュアから這い上がってきた者同士の運命の一戦となるかも知れない。
佐々木大地四段の対戦相手は今日が村中六段、最終戦が藤森五段。共に若手の実力者で容易く勝てる相手では無い。

持将棋や想像を絶する大熱戦等が無ければ、15~16時間後には全ての勝敗が出揃う見込み。追って結果も書いていきたい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA