デビュー29連勝なるか!? 藤井聡太四段 VS 増田康宏四段 10代対決!

スポンサーリンク

藤井四段の非公式戦・公式戦の全対局成績は こちら

第30期竜王戦決勝トーナメント
対局日:2017年06月26日
先手:藤井聡太四段
後手:増田康宏四段

【20時半~22時】
各所で報道されたのでご存じの方も多いと思うが、藤井聡太四段が見事に勝ち切って連勝記録の歴代単独1位となる29連勝を達成した。ここまで神谷八段と並んで歴代1位タイだったが、30年ぶりに記録を更新した。歴史的瞬間に立ち会えてとても幸せに思う。途中、角2枚と桂2枚だけで攻めつけるという滅多に見れない光景も見れて非常に面白い将棋だった。序盤は増田四段の雁木作戦が見事にハマり、藤井四段がピンチの局面もあったと思う。1局を通して引きしまった名局なので是非日本将棋連盟モバイルなどで観戦して欲しいと思う。基本有料、月額500円ですがこの1局だけは無料で見れます。
私の作った本局のハイライト動画は こちら

 
【19時半~20時半】
藤井四段が突如、角2枚、桂2枚を乱舞させる猛攻を開始。正確に受ければやや無理筋だったようだが増田四段が誤り、一気に藤井四段が勝勢に。前人未到の29連勝が大きく近づいてきた。この後、事件が起こらなければ歴史の変わる瞬間を目の当たりに出来そうだ。
 
【夕食休憩~19時半】
夕食
藤井四段:わんたんめん(紫金飯店)
増田四段:ヒレカツ定食ライト+肝吸い(ふじもと)

藤井四段は昼の豚キムチうどんに続く麺類、増田四段は昼に続いてカツとなった。
カツを食べることによって勝つというゲンをカツいだか。
局面は、増田四段はっきりリードという所から藤井四段が守りの桂馬を2段跳ねする気迫の勝負手を見せ、それに増田四段がやや対応を誤ったか後手のリードが吹き飛んだ模様。エルモ評価値は完全に互角に戻った。29連勝を応援する者としては嬉しいが、増田四段は終盤力にも定評がある。まだまだ胃の痛くなるような戦いは続きそうだ。
 
  【15時~18時】
増田四段が巧みな反撃から飛角交換に持ち込んだ。飛車を持てば藤井陣のスカスカの右辺に打ち込む手が非常に厳しい。はっきり増田四段のリードと言ってよさそうだ。elmoの評価値は+400程度。ただ、終盤が藤井聡太タイム。今までも400程度の差を跳ね返して勝ったところを5回は見たことがある。プロデビュー以降、藤井四段相手に400程度の微差からそのまま押し切れたのは非公式戦ながら羽生三冠、豊島八段、永瀬六段の3名のみ。増田四段もそこに加われるか。
この局面からどちらが勝つか賭けろと言われたら、私は正直増田四段に賭けたい。もちろん藤井四段を心底応援してはいるものの、増田四段クラスの実力者がここから簡単に逆転を許してくれるとも思えない。

スポンサーリンク

【昼食~15時】
藤井四段が「スキ有り」と見て果敢に攻め立てたものの、
15時13分現在の局面は増田四段の反撃が的確で棒銀が立ち往生しそうなため微差ながらやや後手良しか。評価値は後手+150といったところ。とはいっても後手玉は居玉、先手玉は次に一手で囲いに入れる形ということで実戦的にはほぼ差が無いといっていいのかもしれない。とはいえ、現状は飛角交換が濃厚で、飛車を手に入れられそうな後手に不満は無いだろう。

 

先手:藤井聡太
後手:増田康宏
【昼食】
藤井聡太四段:豚キムチうどん(みろく庵)
増田康宏四段:ミニとんかつ丼(みろく庵)
  
【開始~11時まで】
藤井四段歴代単独1位の29連勝をかけた運命の一局は10代対決となった。(藤井:14歳 増田:19歳)藤井四段の活躍は今更言うまでもないが、増田四段も16歳でプロデビューして昨年新人王を獲得したり今季は竜王戦5組で優勝したりとその実力は疑いようが無い。
また、増田四段の森下九段直伝の勉強法(記事は こちら
も非常にためになるので強くなりたい方はぜひ真似てみるといいと思う。私も最近マネしています。
 〈対局開始〉
 角換わり調の出だしから、増田四段が角交換を拒否。雁木囲いに進展していきそうだ。藤井四段は右銀を早繰り銀の構えにして速攻していく姿勢を見せた。27連勝目の藤岡隼太アマとの将棋では華麗に雁木を粉砕して完勝したが、本局ではどうか。11時17分、早くも駒がぶつかった。大乱戦の予感だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA