竜王戦第6局、2日目11時の状況 形勢、大きく傾く。終局間近か

スポンサーリンク

先手:広瀬章人八段(残り4時間06分)
後手:羽生善治竜王(残り2時間28分)
戦型:横歩取り青野流

現在は67手目。局面は素人目にも分かるほど差がついてしまった。
1日目の段階で既に広瀬八段が良さそうだったが、
54手目に羽生竜王が端の香を取った手が悪手で、
広瀬八段の▲28歩が馬を閉じ込める「一歩千金」の好手となった。
広瀬八段の二枚龍が羽生陣に侵入して大活躍しているのに対し、
羽生竜王の大駒は頼りない54の生角、19に隠居している馬。
この働きの差が形勢に直結しているようだ。
3勝3敗のタイ、第7局が近づいてきたように見えるが
ここから奇跡のマジックは起こるのか。
羽生竜王は悲願のタイトル通算100期を果たせるのか。
万一、今回の竜王戦で敗れて無冠に転落してしまうと
48歳という年齢、豊島二冠、渡辺棋王、斎藤王座、佐藤名人、
藤井七段といった若い世代の台頭等を考慮すると
最悪もうタイトル戦に出られないという可能性まである。
あの中原十六世名人でさえ45歳、谷川九段も40代前半が
最後のタイトルになってしまった。羽生竜王は、羽生竜王だけは
特別だと信じたいが…。99期で終わってしまっては余りにも
寂しすぎる。
とにもかくにも、ファンとしては何とかここで通算100期を
決めて欲しいと願うばかりだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA