将棋実況動画を投稿していて気付いたこと

スポンサーリンク

私はいつも、主に将棋ウォーズや将棋クラブ24の将棋をyoutubeにアップし続けている。有難いことに動画に対してコメントを頂くことも多い。
で、いつも思うのが視聴者様の「感動するポイント」と私の「感動するポイント」というのは結構ずれているなと。勿論どっちが悪いとかじゃなく、そのズレこそが面白かったりする。
例えば、私が負かされて「あー強かったなあ・・」となるのは
①相手の粘りが凄かった
②相手の仕掛けの手順が巧妙だった
③手待ちの駆け引きがとても上手かった
などで、あまり「エッ…そんな詰みがあったの!?」などと
感心することは少ない。敗勢の場合は適当に形作りして、あとはそこそこ綺麗に詰ましてもらって終わろう、という程度のものだ。
極限の1手違いの将棋でこちらの玉に想定外の詰みがあって敗れるということも勿論あるが、まあ少ない。
特に早指し将棋の場合は大体中盤までで大差がついて最終盤は「あとはどう決めるか、お好みでお願いします」という感じになる。
で、適当に形作りをしてキッチリつまして頂いて終わって、
「中盤のあの仕掛けが凄かったなあ~」等と思って動画をUPすると、
視聴者の方の反応が
「最後の詰み凄すぎましたね!」「あの詰みが見えるなんてプロかな?」
「駒が舞うような華麗な詰将棋」
とかだったりする。私からすると「え、そこ・・・!?」とびっくりしたりする。
勝った将棋も同様で、「いやあ劣勢だったけどあの自陣飛車が良くさせたなぁ」
「あの馬引きから流れが変わったよなぁ」「自陣飛車褒めてくれないかなあ」
とか思いながら編集してUPすると
やっぱり
「最後の詰みが凄かったです!」「(以下略)」
となったりする(笑)

要は、やっぱり皆さん詰将棋や派手な手が大好き(笑)
飛車捨て、角捨て、2ケタ手数の詰みなどに対しては
とてもいい反応がもらえたりする。
勿論、狙ってできるようなものではないので視聴者受けを狙って
無用な駒捨てをしたり詰まさなくてもいいのに長手数の詰みを狙って
読み切れてないのに詰ましにいったりとかはせず、
これからも自然体で頑張っていきたい。

スポンサーリンク

いつもご視聴頂き、本当にありがとうございます。
ブログもたまにはこんな感じで更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA