私が将棋を続ける理由

スポンサーリンク

将棋動画を投稿し始めてまもなく2年になろうとしている。こうして続けられているのも皆様の支えの賜物であり、本当に感謝している。こんなに素晴らしい環境でなければ間違いなく早い段階で投げ出していた。
 youtubeで動画投稿を始める前は、惰性で毎月送られてくる詰パラを解く程度だった。何故送金をやめてしまわないのか自分でもよく分からなかったけど、不思議とやめるつもりは無かった。
詰将棋を解いている時間でさえ「こんなものに時間をかけるのなら、もっと他にやるべきことがあるんじゃないか」と自分の中の自分が何度も何度も問いかけてきた。その度に「脳トレだから」「時間は決めてやるから」と言い訳しながらごまかしてきた。指し将棋は時間がかかる。お気楽なネット将棋でも1局20~30分だ。そこに感想戦でのソフト検討等を入れると1時間程度になってしまう。正直これは痛い。
 だから指し将棋からはずっと遠ざかっていた。自分に対する言い訳が思い浮かばなかったから。俺が今更将棋を指す理由ってなんだ?そんなもの、もう何も…時間の無駄じゃないか。
 youtubeを始めたのは、その理由を用意するためだったと思う。つまり、自分は結局ただの将棋が大好きな人間で、ずっと指したくて指したくて仕方なかった。でも出来なかった。何でもいいから指すきっかけを探していた。きっとそうだった。
今では「何故将棋を指すのか」と問いかけてくる自分も居なくなった。はっきりと「皆が見てくれるから」と答えられるようになったから。弱くてもいい。自分より強いアマや奨励会の人達からは私の将棋はバカにされていると思うし、プロが見たら鼻で笑うレベルのものでしかないだろう。でもそんなことは関係ない。毎日見てくれて応援してくれる人がいる。その事実だけで十分だ。今は弱いなりにもたくさん将棋を指すことができて毎日が楽しい。皆さん本当にありがとう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA