第59期王位戦挑戦者決定戦、羽生善治竜王(先)対豊島将之八段戦、18時の形勢

スポンサーリンク

角換わりの48金型ー62金型の対抗形から後手の豊島八段が先攻し、両者一歩も引かない壮絶な打ち合いとなった。
17時頃までは豊島八段がやや良しという流れだったが、羽生竜王も上手くピンチを凌いで18時現在は、ソフト評価値でもほぼ±0という互角の形勢になっている。
ちなみに81手目の▲45歩ではソフトは▲86銀または▲45銀を推奨しており、
それなら少し検討した感じだと先手+200程度の局面だったが、深く読ませると別の結果が出てくるのかもしれない。それにしても▲45歩は仮に最善では無かったとしても凄い手だ。忙しそうな局面でじっと手を渡して相手のミスを誘う。羽生将棋の真骨頂のような一着だと思う。
個人的には菅井王位へのリベンジマッチを期待したい所だが、豊島八段にそろそろ初タイトルを…という気持ちもありどちらを応援していいか迷うところだ。
・名人戦がカド番で、第6局の後手番でブレークしないと奪取できない
・タイトル100期まであと1
・昔から羽生先生の大ファン
という理由で今回は(ほぼ毎回ですが笑)羽生先生を応援したいと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA