藤井聡太六段、七段昇段を懸けた戦い―15時の形勢

スポンサーリンク

前記事はこちら (井上一門に相性の悪い藤井六段。本局の船江六段も井上一門)

先手を握った船江六段が角換わり棒銀から一直線の攻め。対する藤井六段は筋違い角から銀を召し取り、船江六段は代償として香を取りながら馬を作る。形勢は一直線に攻め合えば藤井六段がやや有利な模様。
残り時間
船江六段:3時間56分
藤井六段:2時間49分

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA