A級、C2順位戦の挑・昇級・残留予想

スポンサーリンク

まずはA級。
6-3が久保王将、豊島八段で並んでおり、最終戦は
久保王将が深浦九段、豊島八段が広瀬八段。
個人的には「ここ一番の強さ」「くぐってきた修羅場の数の違い」で
挑戦争いは久保王将が優勢だろうと思う。
ただ、負ければ降級の可能性が高い深浦九段は死に物狂いで勝ちにくるだろう。
勝敗予想は全くの五分と見る。
豊島八段は三浦九段に大逆転負けした精神的ダメージをどこまで立て直せるか。
勝っていればプレーオフ以上確定だっただけに、余計にきついかもしれない。
最終戦の相手は5-4でプレーオフ進出を狙う広瀬八段。広瀬八段としては自身が勝って久保王将が敗れればプレーオフということで、俄然やる気の出る対局だ。
メンタル的に考えて、やや広瀬八段が優勢と見る。
広瀬八段以外の5-4は羽生竜王(6-4、最終局は抜け番)、稲葉八段、佐藤康九段。
6-4の6者でプレーオフになる可能性もあるということで、非常に面白い展開だ。
続いて残留争い。
こちらは屋敷九段が羽生竜王に敗れて2-7で無念の降級確定。
これで降級3名のうち1名は確定。
問題は残り2名だが、これが大混戦になっている。
まず危険な順に3-6の行方八段(5位)。自身が勝ち、深浦九段と三浦九段が揃って敗れれば残留。
次に4-5の三浦九段(11位)。負ければ4-6者の中で最下位となり問答無用で降級だが、勝てば残留。非常に分かりやすい。
次に4-5の深浦九段(7位)。勝てば残留。負けると三浦九段、行方八段が揃って負けない限り降級となる。
次に同じく4-5の渡辺棋王(3位)。渡辺棋王がまでが降級に絡んでくる展開は、全く予想できなかった。勝てば残留。負けると深浦九段が勝てば降級となる。

最終戦の三浦ー渡辺戦はマスコミが好みそうな因縁のカードだ。
運命の神様というのはつくづく意地悪なことをする。

続いてC2。昇級枠は3。
藤井四段が9連勝。本当に見事な将棋で昇級を決めた。
ほぼ全ての藤井将棋を並べてきたが、少なくともトップ3には入る凄まじい内容だった。
2位以下は1敗の佐々木、今泉両四段が揃って敗れたため
何と2敗の都成四段が2位に急浮上。最終戦で杉本四段に勝てば昇級だ。
また、今季はもうダメだと思われた増田康五段も3位に帰り咲き。最終戦で「元祖28連勝男」の神谷八段に勝てば昇級だ。
続いて7位の石井五段、26位の遠山五段、46位の大橋四段、47位の今泉四段、48位の佐々木四段という順番になっている。今泉四段は最終戦が瀬川五段との「アマチュアからの這い上がり対決」ということで非常に注目されていたが都成、増田、石井、遠山、大橋の5者のうち4者以上が敗れねば3位以上になれないということで、事実上昇級を懸けた一番では無く「来季の順位だけを争う戦い」となってしまったのが残念。
順位戦は個々のドラマがあり非常に面白い。
最終局も心して見させて頂きたい。

【1日1回のランキング投票です。押して頂けると大変うれしいです!】

スポンサーリンク

ジャンル別オススメ書籍ランキング(詰将棋、手筋、定跡、初心者向等)

将棋世界 2018年3月号

マイナビ出版 2018-02-02
売り上げランキング :

by ヨメレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA