羽生三冠 VS 松尾八段 竜王戦挑戦者決定戦1局目

スポンサーリンク

先手が羽生三冠、後手が松尾八段で第1図の局面。19時16分。


elmoによれば後手は上図から△45歩が最善で、以下▲同銀
△35金に▲37桂!!!(第2図)と頑張れば若干羽生三冠が有利なようだ。

スポンサーリンク


しかし▲37桂とは恐ろしく頑張った手だ。確かにもし△37角成から2枚替えなら▲73歩が軽妙手で、同飛なら▲25飛が決まるし
△同桂なら▲81角~▲74歩が決まる。▲37桂に対する最善は△46歩の切り返しだが、▲29飛と引くのが渋い手で、次の▲38銀や4筋の歩が切れれば▲44歩の反撃を楽しみにして先手有利のようだ。
竜王戦に関しては誰が相手でも10対0で羽生三冠を応援している。たとえ藤井四段が無敗のまま挑戦者決定戦で羽生三冠と相対していたとしてもそうだっただろう。やはり永世竜王、永世七冠がこの目で見たい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA