プロ棋士の「貧乏ゆすり」問題について

スポンサーリンク

プロ棋士の「貧乏ゆすり」問題について

私のコメント欄やツイッターのDM、メールとかに
たまにプロ棋士とか将棋やってる人への誹謗中傷とか、
苦言とか、まあ取るに足らないような悪口とかが
良く来るんですけどその中に、
「子供がプロ棋士の貧乏ゆすりをマネして困ってる」

というご意見を頂戴することがあります。最近とある
スーパースターのお陰でこういうお問い合わせが本当に増えました。
まあこれに関しては、私も尊敬しているプロの先生の多くが
そういうことをしていらっしゃるので、あまり強いことは言えないなと
思っています。子供って絶対ヒーローの真似しますからね。
藤井四段が体揺らしながら指してるなら、そりゃ真似るわなと。
まあ必然的に体揺らしながら指す子供が激増したということですね。

私はそんなに気にしてないんですけど、女性目線で見るとあの
体を揺らしながら考えてる姿がビジュアル的にかなりキツい
らしいんですね。試しに知り合いに見せてみたら
ちょっと無いわー無理だわー。と言ってましたね

もし、お子さんが体揺らすのがイヤでやめさせたいとしたら、

体揺らすのやってもいいけど好きな子の前では絶対やっちゃダメだよ。
気持ち悪がられるからね。ってところですかね。

私も実は昔幼い頃、主に羽生先生のまねをして
考えている時に体を前後に
揺さぶってみたり、相手を睨んだりとかやったことあるんですけど
まあ羽生ニラミですね。
おじいちゃんに見つかって凄く怒られて、「何だあれは」「みっともない、やめなさい」
と言われてしまいました。
相手を睨むことに関しては確かに悪いなってその場で納得したんですが
体を揺らしたりすることに関しては別に相手に迷惑かけてないし
いいじゃないか、と反抗心を抱いたんですけどね。
その場で反論したら、あの人は将棋の先生ではあるけど
道徳の先生では無いんだ。将棋に打ちこんできた分欠けている部分もあるんだ
悪いところまで真似してはいけない。という感じで言われてしまって、
当時幼少期の私にとって羽生先生って神様ですからね。何でそんなこと言われなきゃ
いけないんだってなって、それからしばらくおじいちゃんと
口きかなくなりましたね。

スポンサーリンク

それを父に伝えたら、「じゃあお前は体を揺らしながら将棋を指してる奴と
背筋を伸ばして凛々しく将棋を指してる奴、どっちがカッコいいと思うんだ」
って言われて、まあ確かに揺れてるとちょっと見栄え悪いなと。
で、そこに母が「あれなんなの?気持ち悪いよね」
って被せてきて、その時に子供心に体揺らすのやめようと思いました。

で、まあそんな感じですね。
基本的に個人の考え方で揺らさないように気をつけるか、
勝負を優先して体に任せるのか選んだらいいと思いますね。
あんまり自分の考え方を押しつけたりとかはしたくないので、
別にどっちでもいいと思いますね。
そもそも女にもてたいと思って将棋やってる人は居ないでしょうからね。
まあもし万が一、観戦している人の中に女性がいて、その女性を
貴方が口説きたいと思っているのであれば、
死んでも体を揺らさないでください。それだけは断言できます。
それはもう理屈じゃないですね。でも間違いないです。
という感じですね。

私はどんな環境でもポリシーとして体を揺らしたことはありませんが、
別に相手が体を揺らしてても全く気にしたりバカにしたりってことは
ありませんでしたね。だから男しかいない環境とかだったら別にどうでもいいの
かなっていう感じですかね。

結論から言うと、周りに意識している女性がいないなら体を
揺らそうが揺らすまいがどっちでもいいということですね。
相手に迷惑かけたり不快な思いをさせなければ
別にそれでいいと思います。
それでは失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA