王位戦2日目 羽生王位VS菅井挑戦者~挑戦者会心のサバキ~

スポンサーリンク

挑戦者先勝で迎えた2局目。ここでも菅井七段の勢いは止まらず、初日から華麗に作戦勝ちを築く。そしてリードを広げて迎えた下図。
羽生王位の△16歩に、菅井七段の眼鏡が光った。

私なら上図から何も考えず▲同香と取り、その後のことは△24桂打たれてから考えるところだが、菅井七段はなんとここで手抜いて▲54歩!これが凄まじい手だった。仮に△17歩成とすると、▲同桂と取った手が▲25桂を見せて非常に厳しい一着となる。まさか29の桂が攻めに働く変化があったとは・・・。菅井七段の恐るべき着眼点、読みの深さに脱帽といったところ。
実戦は羽生三冠が▲54歩に黙って△31角と引く流石の辛抱を見せたが、そこで▲43歩と追い打ちをかけたのが好手。
このまま勝ち切れば、菅井七段の名局として語り継がれることになるかもしれない。

スポンサーリンク

【15時00分】
菅井七段の29にいた桂が25まで出世し、羽生陣に容赦なく襲いかかる。形勢は先手+2000程度。
残り時間は先手3時間以上。後手40分程度。
最早逆転はなさそう。
挑戦者が完璧な内容で連勝を決めるという形になりつつある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA