三浦九段、将棋連盟と和解 会見まとめ

スポンサーリンク

会見要旨

・将棋連盟と三浦九段は23日に和解で合意した
・連盟から三浦九段に休場の強要はなかった
・連盟から三浦九段に「竜王戦が中止になった」という趣旨の発言は無く、10月11日の聴取の際の会話の中で三浦九段の認識と連盟の認識にズレがあった。
・連盟から三浦九段に慰謝料(金額非公表)が支払われる
佐藤会長「将棋連盟の原資で(払う)と考えている。高額になるので色々議論する。」
・三浦九段は今後、民事刑事ともに訴訟を起こさない
・三浦九段の主張「不正の根拠はない」と将棋連盟の主張「処分はやむを得ない」は双方がこれを受け入れる
・佐藤康光会長と三浦九段が笑顔で握手
・渡辺竜王から直接三浦九段に謝罪があった

記者 「今後対戦したい棋士3人挙げてください」
三浦九段 「藤井聡太四段、渡辺竜王、橋本八段」

先ほどの会見をメモをとりながら聞いて、それをまとめました。
もし間違っている部分があればご指摘お願いします。

スポンサーリンク

(参考)
竜王戦  
優勝賞金4320万円
七番勝負敗者 1590万円

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA