もし自分だけが将棋ソフトを使える世界があったら

スポンサーリンク

もし15年前に戻って、自分だけが将棋ソフトを使える世界があったとしたら
私はプロになれただろうか・・・
とたまに妄想してしまう。私の中での答えはYESだ。将棋ソフトを用いて毎日猛勉強すれば誰にどんな戦法をやられても互角以上に戦えるようにすることは理論上可能だと思っている(ものすごく時間はかかりますけどね・・・)。ましてや当時は誰もソフトを使った研究をしていなかった時代なので、おそらくはアッサリ優位を築けるだろう。問題はそこから勝ち切れるかどうかだが、これも毎日ソフトと対局していれば嫌でも中盤、終盤は強くなっていくので大丈夫だろう(ストレスはたまりますが(笑))。
当時指せば「歴史的妙手」と称えられるようなレベルの手が当たり前のようにポンポン繰り出されるので、自分だけがそれを日々吸収して強くなれる。少なくとも当時の奨励会レベルの対戦相手ではついてこれない領域まで容易に辿り着けたのではないか。そんなこんなで、プロになるところまでは可能だったと思う。
プロにはなれそうだ。じゃあタイトルは獲得できたか?七冠王にはなれたか?
という問いに関してはYESとはとても言い難い。全盛期の谷川先生の光速流の攻め、羽生先生の圧巻の勝負術(ソフトでの研究が主流になった今でも未だに三冠を堅持)、森内先生の正確無比の鉄板流の受け、渡辺先生(15年前じゃないですが)の竜王戦での鬼のような防衛力…
あのレベルと渡り合うのはいくらソフトで鍛えてもちょっと厳しいかなーと思ってしまう。
まあ、そんな妄想をしても始まらないので今日も私は仕事の合間にせっせと将棋ソフトで序盤の研究をし、一日一局はソフトと対局してボコボコにされるという生活を送っている。ちょっとは強くなれただろうか?今度大会に出て試してみたい。尤も今では他のアマ強豪もソフトをがんがん研究に使っていらっしゃるので、相対的にみんな強くなっちゃって代表にすらなれなかったよ、という残酷な結末が待っているような気がしないでもないが・・・(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA