将棋の結論が出るXデーはいつか

スポンサーリンク

最近、定跡の研究をしていて思うことがある。
「性能の良いPCと強い将棋ソフトがあれば、将棋に結論を出すことは可能なのではないか」と。現に今、プロの一線級で戦っている人たちの棋譜を見てほしい。明らかにソフトで研究しているであろう棋譜ばかりだ。
 一昨日(5月10日)、昨日と「後手ゴキゲン中飛車が消える?その1~3」という記事と動画をアップさせて頂いたが、早くも5000再生、高評価が3桁超えと反響が大きかった(ありがとうございます)。藤井聡太四段も後手ゴキ中に対してはほぼ全て超速で対抗しており、勝率も高い。

後手ゴキゲン中飛車が消える?その1
後手ゴキゲン中飛車が消える?その2

後手ゴキゲン中飛車が消える?その3

スポンサーリンク

元々これは自分の使う戦法の序盤の研究が一通り終わったら、満を持してアマ大会に出ようと思って始めた研究だった。個人的に後手番で指したい戦法No1だったゴキ中だったが、最新版の超速が非常に有力でいくら研究しても後手が互角に戦える変化すら出てこない。困ったな…と思い、動画やブログでUPして「そうじゃないよ、〇〇が有力で後手も戦えるんだよ」というコメントを密かに待っていた。実際に幾つかそうしたご意見も頂戴した。本当にありがとうございます。具体的に言うと、「後手は△72玉~△62銀型の早囲いで戦う順が有力で一時期永瀬六段がたくさん指していましたよ」や「5筋の位を取らない指し方で有力なものもありますよ」等。一つ一つ調査し、また動画やブログでまとめさせていただきたい。
炎の七番勝負であった藤井聡太ー永瀬拓矢戦や藤井聡太ー斎藤慎太郎戦の
進行も現在まとめ中で1~2週間位でまとめてまた記事を書きたい。
 さて、そうは言っても既に超速VSゴキ中でゴキ中側が銀対抗で美濃囲いにする順と穴熊にする順、プロ間で何百局も指されてきた形が何れも「居飛車やや良し」という恐ろしい研究結果がelmo+ハイスペックPCでやった結果出てしまった。もちろんこれが100パーセント正しいとは言わないし思っていない。しかし10年前ならトッププロ達が何十局、何百局指してやっと結論に辿り着くレベルの変化もソフトなら数秒でかなりの部分まで解析してしまうことは事実だ。既にノーマル四間飛車をはじめ絶滅しかかっている戦法も多い。この調子で行くと、個人的には5年以内には主要な戦法がすべて解析されてしまうのではないかと思っている。そうなったら、羽生さんがインタビュアーに「将棋の変化がすべて解析されたらどうしますか?」と聞かれて、「桂馬が後ろに飛べるようにとか、ルールを少し変えればいいんですよ」と(冗談めかしてかもしれないが)答えた世界が現実になるのかもしれない。

 

“将棋の結論が出るXデーはいつか” への1件の返信

  1. 初めまして。
    文中、羽生さんのコメントの引用に「ルールを少し変える」とありますが、そうしたところで、結局、COMがヒトとは桁違いの速さで解析するでしょうから、現状は何一つ変わらないと思います。
    (羽生さんと言えど、将棋以外の読みは意外と悠長)

    プロ棋士がCOMに敵わぬ事を認め始めた今日、プロ制度は廃止して現状のプロ棋士は‟普及員”として活動すべきと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA