プロ棋士の棋譜並べに対して思うこと

スポンサーリンク

youtubeに棋譜並べの動画投稿をしていていつも思うことがある。
人間では「藤井聡太」と「羽生善治」の棋譜とタイトル戦の棋譜以外はあまり伸びないということだ。
たとえば、5月10日現在
中村修九段 VS 佐々木勇気五段の NHK杯戦の再生回数が2000回弱、
佐藤天彦名人 VS 稲葉陽八段の名人戦第3局が4000回ちょっと、
羽生善治三冠 VS 糸谷哲郎八段 の 竜王戦1組トーナメント準決勝が 7000回程度、
藤井聡太四段 VS  豊島将之八段の 将棋まつりの席上対局(持ち時間5分、秒読み20秒) の再生回数が9000回前後となっている。
また、忍びないので名前は出さないが私が個人的に名局だと思って意気揚々と並べた某四段対某五段の対局は1000回にも満たなかった。実はこれで藤井四段と羽生三冠とタイトル戦以外の棋譜を並べる気を完全になくした(笑)

 二日制で行われる、時の名人 VS  A級順位戦を勝ち抜いてきた挑戦者の名誉とプライドと大金を懸けた戦いより持ち時間5分、秒読み20秒のお気楽な非公式戦の方が倍以上伸びるというのが、藤井四段人気の凄いところであり恐ろしい所だ。
流石に棋譜としてのクオリティは圧倒的に名人戦の方が上だ。持ち時間が百倍以上違うので当然と言える。それでも藤井将棋の方が再生数は圧倒的に伸びる。
youtubeに動画投稿する者としてはどうしても再生数の伸びるものを優先的に扱っていく方向になってしまうのだが、注目されない対局でも素晴らしい棋譜はたくさんあるので、出来るだけそういうものも並べていきたいと思っている。
ただし、私程度の人間がただ普通に並べるだけでは再生数やその対局者に興味を持ってもらうことはあまり期待できないので、ここはひとつ体を張ろうと思う。
今現在企画しているのは
・ラップで棋譜並べ
・競馬実況風棋譜並べ
・豊川語録を使ったダジャレ棋譜並べ

だ。下の二つは既にやったことがあり、特に豊川語録のダジャレ棋譜並べは高評価も3ケタに乗っていい感じだった。 動画は こちら

上記のようなものを、藤井聡、羽生、タイトル戦以外の棋譜並べにおいて毎日1局づつUPしていきたいと思う。

スポンサーリンク

やっぱりチャンネル登録者減るの怖いしやめとこ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA