藤井聡太二冠の活躍をエヴァンゲリオン風にまとめる

スポンサーリンク

「人の域に留めておいたソウタが本来の姿を取り戻していく…!」
「人のかけた呪縛を解いて人を超えた神に近い存在へと変わっていく…!」
「天と地と万物を紡ぎ相補性の巨大なうねりの中で自らを最善手の凝縮体に変身させているんだわ。
純粋に将棋を極める、ただそれだけのために!」
「将棋界の理を超えた新たな生命の誕生。代償として古の将棋は滅びる」
「そう…ソウタインパクトが始まる!世界が終わるのよ…!」

スポンサーリンク

藤井二冠が強すぎて将棋界の未来が本気で心配というお話

スポンサーリンク

最近の藤井二冠の将棋はあまりにも凄すぎる。最早AIレベル。ほんの少し局面をリードしてしまえば、あとは全く逆転を許さずに勝ち切る。

普通、人間の将棋というのはそうじゃない。どんなに強い人同士が指したって結構な頻度で逆転が起こりうる。

例えば豊島竜王・叡王対永瀬王座の叡王戦9番勝負。逆転に次ぐ逆転、といった将棋が多くエンタメとしてはこの上なく楽しめた。

また斎藤八段対渡辺名人の名人戦第一局。斎藤八段の素晴らしい粘りから、見る者の心を揺さぶる凄まじい逆転劇だった。

このように現代のトッププロ、渡辺名人や豊島竜王、永瀬王座ですら数多くの逆転負けを喫している。藤井二冠だけが異質なのだ。

有志の方がやっている棋士の実力レーティングを数値化するサイトにおいては、藤井二冠のレートが他のタイトルホルダーをぐんぐん突き放し、既に100点以上の差が開いた。

現時点で実力レート第二位の渡辺名人に対する期待勝率は6割5分を超える。平均的な棋士に対してはなんと9割近くだ。これは前期の勝率が8割3分6厘ということからも納得の数字だろう。

しかも恐ろしいことに、このレートはまだ高校退学後に更なるレベルアップを果たした藤井二冠の強さをまだ十分に反映しきっていないと言われている。

というより、序盤で少しでも有利になればそのまま持っていく現在の藤井二冠に勝てる棋士など果たして存在するのだろうか。

もはやNHK杯やJT杯、abemaなどの早指し棋戦くらいしか負ける姿が想像できない。

藤井二冠の強さは既に人間の理を超えてしまった。「絶対逆転されない将棋」というのは素晴らしいけど、最早そこにエンタメ要素は無い。

スポンサーリンク

自分が生きている間にこんな事を考えるとは思いもしなかったけれど、将棋というゲームの寿命、限界が想像以上に近づいているのかもしれない。

今後もし今の藤井二冠を更に強くしたような棋士が次々と現れたとしたら…

例えば少しリードした方が100%そのまま勝ち切ってしまうので、見所は序〜中盤で評価値が揺れ動くその一瞬だけ。それ以降の中〜終盤はただの余興。

そんな将棋が当たり前になってしまったら、ファンはついてくるのだろうか。飽きられて「オワコン」になってしまうのでは…。

なんていうのは心配しすぎだろうか。まあ私がただ異常なまでに心配症なだけということにしておく。

今後もずっと将棋ブームが続くことを心から祈る。

王位リーグ白組 永瀬拓矢王座 VS 羽生善治九段戦結果およびリーグ表

スポンサーリンク

羽生九段が先手で相掛かりに。途中は羽生九段も十分に見えたが、永瀬王座が香を浮かせて角を打ち、

羽生九段の陣形を上ずらせたところで羽生陣深くに垂れ歩を放ったのが好手順でリードを奪う。
以下は60手目に△15角と決め手級の一着が飛び出し、粘りを許さず一直線に押し切った。

永瀬王座の会心譜。これで白組は永瀬王座が唯一の全勝で抜け出す形に。残りは佐々木五段、近藤七段戦。
連勝すれば白組優勝が決まるが、一敗でもすると羽生九段か佐々木五段に追いつかれる可能性が高い。
羽生九段は3-1で最後に佐々木五段と戦う。2-1で永瀬戦、羽生戦を残している佐々木大地五段は連勝すれば
プレーオフ以上確定。
紅組も白組も大詰めを迎えているが、どちらも三つ巴の戦いが続く。
藤井聡太二冠への挑戦者は誰に?

スポンサーリンク

第4回AbemaTVトーナメント、藤井聡太二冠チームVS稲葉陽八段チーム結果速報

スポンサーリンク

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CHOUHAYAZASI.png

結果はご覧の通りとなりました。伊藤四段が久保九段、船江六段に勝って見事に連勝。
高見七段や藤井二冠に比べると実績で劣る(というか四段になったばかりで未知数)のでどうなるかと
思われましたが、安定感のある内容で連勝。
高見七段もフィッシャールールの適正抜群、藤井二冠は今回は1-1ながらAbema杯個人戦で連覇したことや
前回はチーム永瀬の優勝に9-3で大きく貢献した事を考えると、
やはり優勝候補筆頭と言えそうです。
次はチーム三浦と対戦し、勝てば決勝トーナメント進出決定。敗れると他チームの結果次第となります。

スポンサーリンク

藤井二冠、人間を超える。ほぼ水匠3改の第一候補手のみで決着。

スポンサーリンク

上が藤井(先)ー広瀬戦の評価値推移。
広瀬八段が序盤でやや疑問の仕掛けをし、藤井二冠が完璧な応対でリード。
その後普通なら微妙に形勢が揺れ動いたりするものだが、
藤井二冠はほぼAIの示す第一候補(最善手)を選択し続ける。
恐ろしいことに30手目付近から終局(75手)までそれはずっと続いた。
藤井二冠が1分将棋に入っても続いた。

終局後の広瀬八段は、悔しさを通り越して最早「お手上げ」というコメント。
これで18連勝。決勝トーナメント進出決定。
最近の藤井二冠の将棋はもはや人間を超えている。

スポンサーリンク

折田四段、竜王戦6組決勝進出&5組昇級!

スポンサーリンク

準決勝、佐藤秀八段との一戦は後手の佐藤八段が一手損角換わりに誘導。経験豊富な手慣れた指し回しを見せたが、折田四段は細かい駆け引きから矢倉に組むと駒損を厭わず猛攻開始。桂損ながら玉形の差で優位に立ち、以下は丁寧な指し回しで粘る後手を振り切った。これで5組昇級決定!

決勝は小山アマー長谷部四段戦の勝者と。勝てば6組初参加で初優勝、決勝トーナメント進出となる。

また、直近10局の成績は8勝2敗。フリークラス脱出も見えてきた。フリークラスからC級2組へ昇級するための条件は

A「年度の通算成績が所定の条件で6割以上の勝率」

B「直近の30局以上の対局で6割5分以上の勝率」

C「年度の対局が所定の局数(30局)に達する」

スポンサーリンク

D「全棋士参加の棋戦優勝またはタイトル挑戦」

今までフリークラスからC級2組に昇級した棋士は全員Bの条件。目安として20勝10敗が昇級ライン。

折田四段はプロ入り後の通算成績が13勝9敗で初戦黒星なので、良いところどりで13勝8敗。ここから7勝2敗以上の成績をあげれば晴れてC級2組昇級となる。

また、8勝2敗からカウントするとここから12勝8敗以上の成績でもOK。十分いけそうな数字だ。

wordpressでパスワードが打ちこめず、ログインできない時の対処法

スポンサーリンク

私の場合はですが、
〇〇.com(お使いのサイトURL)/public_html/wp-content/plugins/

からjetpack フォルダを jetpack_no
などとリネームすることでパスワードを打てるようになりました。

要は、普段使っているFTPソフトかファイルマネージャーで
jetpack フォルダをリネームすれば大丈夫だと思われます。

色々試しましたがようやく復活できました。良かった…