ついに優勢を掴む!歴代最高勝率へ―藤井聡太七段 VS 久保利明九段 17時半の形勢

スポンサーリンク

現在、残り時間はお互いに5分。難解な終盤へと突入した。
形勢は、難解な駆け引きから端攻めが厳しく藤井七段が優勢を掴んだ。
ただし久保王将も粘っこい刺し回しで全く楽にさせない。

残り時間が互いに切迫しており、まだまだ予断を許さない状況が続く。
久保王将の左辺が広く、下手に追い回せば入玉模様で粘られかねない。
藤井七段も有利を自覚している筈だが、ここから簡単に押し切れる相手でもない。決着は18時前後になりそうだ。
勝てばほぼ当確、敗れればもう更新不可能。
51年振りの最高勝率記録更新なるか―

スポンサーリンク

【17時の形勢】藤井聡太七段対久保利明九段 棋聖戦 歴代最高勝率なるか?

スポンサーリンク

先手:久保利明九段
後手:藤井聡太七段
戦型:四間飛車対居飛車穴熊模様

まずここまでの形勢の推移は

1、藤井七段がやや有利に
2、久保九段が一瞬のスキをついて絶妙のサバキを決め、逆転
3、藤井七段が飛車取りを手抜く驚愕の勝負手で猛追
4、久保九段が藤井七段の連続勝負手に捕まり、形勢互角

スポンサーリンク

現在このような状況になっている。
残り時間は先手が18分、後手が11分。
ここからは時間との戦いになりそうだ。
藤井七段は本局に勝てば中原誠十六世名人の記録を抜いて、
年間最高勝率記録を51年振りに塗り替える可能性が高い。
可能性、というのはもし勝っても3月中にもう1局組まれる可能性が
あるのでまだ未確定という意味。
ここは将棋連盟の手合い係さんに空気を読んでもらうしかない(笑)
本局で勝って、もう1局指すことになって、それも勝って記録更新となれば
確かに一番カッコいいが・・・。