竜王戦挑戦者決定戦第3局、羽生二冠やや劣勢ながらほぼ互角

スポンサーリンク


上図が夕食休憩までの局面。図からは△22歩の一手のようだ。
以下、△36角を防いで▲26飛には△45歩▲同銀△55角の両取りがみえるが、▲88角と打って△19角成なら▲34歩△42銀▲23歩成(第1図)で決まり。


△同金は▲24歩、△同歩は▲11角成が痛すぎる。

よって、△22歩▲26飛にはいったん△75歩(下図)

スポンサーリンク


と突いてこれからの勝負のようだ。
▲同歩なら△65角▲69角△45歩~△24銀か
あるいは△45歩~△24飛のような展開か。

王座戦1局目 羽生二冠VS中村六段 16時現在は羽生二冠優勢

スポンサーリンク

羽生二冠の雁木に中村六段が棒銀で積極的に仕掛けていったものの、羽生二冠が老獪な受けから巧みな反撃で優位を掴んだ。


16時現在は▲77桂と跳ねて第0図だ。仮にここから△75歩なら
▲65歩に△57歩(下図)が絶妙手で後手が優勢のようだ。


上図で▲64歩なら△26角が詰めろ桂取り。
▲同角も△76歩後の△65桂打がきつい。▲同銀は△55銀だ。

 

 

羽生二冠、タイトル100期へ正念場 第65期王座戦五番勝負

スポンサーリンク

羽生二冠は前年度成績が27勝22敗、
今年度成績が13勝10敗(直近10局は4勝6敗)と、勝率7割を超えるのが平常運転だった数年前に比べて下降線をたどっている。
実力レーティングも豊島八段、菅井王位に抜かれて4位まで下がってしまった。実力レーティングでは1位の豊島八段と2位の佐藤名人が1900点付近で点数的に抜け出しており、3位の菅井王位から4位の羽生三冠、5位の斎藤七段、6位の永瀬六段、7位の稲葉八段、8位の久保王将、9位の渡辺竜王までは1800点台中盤から下でどんぐりの背比べといった状態になっている。
数年前までの羽生二冠は1900点台で安定して1、2位を行ったり来たりという感じだったのだが、最近は1800点台の中盤あたりまで下降してきてしまった。この辺は年齢的な問題もあり仕方ないのかと思う。
ついこの間まで行われていた王位戦も菅井七段(当時)の見事な指し回しの前に1勝4敗で失冠してしまった。
羽生二冠も9月27日で47歳になる。私が将棋を覚えてから今に至るまで常に棋界の最前線を走り続けてきたのは心から凄いと思う。いつかはタイトルに絡めなくなる日が来るとは思うが、一生応援し続けると決めている。
ただ、そうなる前にファンとしてどうしても達成してほしい記録がある。それが
・タイトル通算100期(あと2期)
・永世竜王獲得
だ。あと「たった」2期に迫った通算100期だが、実はこれが容易ではない。万一今回失冠してしまうと残るタイトルは「棋聖」のみになってしまい、その防衛戦で敗れれば無冠転落となる。
万一無冠転落となればまた挑戦者になる必要があるが、その道程は非常に険しい。実力レーティング1位が指定席だった頃と比べ、現在は羽生二冠より上の棋士や拮抗している棋士がゴロゴロいる。また、挑戦者になれたとしても実力レートが上の棋士相手に番勝負を制するのは難題だろう。

ということで、羽生ファンにとって最高のシナリオは
・中村六段の挑戦を退け、タイトル99期獲得
・渡辺竜王への挑戦を決め、奪取し、永世竜王とタイトル100期を
同時に獲得

スポンサーリンク

だろう。
永世竜王は確率的に考えて今季がラストチャンスになる可能性もあると私は見ている。何とか頑張ってほしい。心から応援したい。

藤井聡太四段の現時点(2017、9月)での実力とは

スポンサーリンク

竜王戦本戦Tで佐々木六段に敗れて連勝が29で止まり、
王将戦予選で菅井王位に敗れ、
棋王戦決勝Tで豊島八段に敗れ、中学生タイトルが事実上夢と消えた藤井四段。
マスコミの報道も連勝が止まった辺りから徐々にフェードアウトし始め、現在は藤井四段関連の報道をテレビで見かけることは無くなってしまった。
私のブログも、藤井四段が連勝中はまずまずのアクセス数を誇っていたのだが、今ではすっかり過疎化してしまい更新する気力も途絶えた。このブログは閉鎖して別の何かをやろうかと真剣に考えている位だ(笑) 
持ち時間の長い将棋で藤井四段が負けた、若しくは敗勢まで追い込まれた相手を見てみると
・澤田六段(実力レート全棋士中10番台)
・佐々木六段(同10番台)
・豊島八段(佐藤名人、渡辺竜王を抑えて1位)
・菅井王位(羽生二冠、渡辺竜王を抑えて3位)
といったとてつもない面々だ。
また、記録更新のかかった増田戦(30番台)では敗勢とまではいかなくても不利な局面まで追い込まれていた。
他にも早指し棋戦で井出四段や三枚堂五段に敗れているが、早指し戦の勝敗は個人的にはそこまで興味が無い。もともと藤井四段は深く正確に読むタイプなので早指しには向かないだろうと思っていたからだ(それでもYAMADA杯の持ち時間20分、秒読み30秒などの超早指し棋戦を乗り切って29連勝を達成したのは本当に凄いと思うが)。連勝記録が止まった時点で私の興味は中学生タイトルを獲得できるか否かの一点に絞られていた。
  佐々木六段に敗れた時は「まだ棋王と王将があるさ」と思っていたのだが、豊島八段、菅井王位に大差の将棋で敗れてしまったのでさすがに我に返って現実を見せ付けられた感じだ。
豊島八段、菅井王位戦ともに藤井四段の自爆気味の手順で終わってしまったので、恐らくはその辺がトップとの差なのだろう。
下位のプロ相手には通用する攻めでも実力レーティング20番以内の棋士には通用しないということか。そして、実力レーティング10番以内の棋士は持ち時間さえ残っていれば殆ど逆転を許さない。
炎の七番勝負で永瀬六段(6位)に敗れるも斎藤七段(5位)や羽生二冠(4位)、中村六段(15位)、増田四段(30位)、佐藤九段(25位)、深浦九段(22位)を破って6勝1敗で終え、前人未踏の29連勝を達成したあたりでの私の藤井四段への評価は
「早指しで勝っているのは流石に『運も持っている』としか言いようがないが、持ち時間の長い将棋では既にソフトと高いレベル融合している。もはや生身の人間では太刀打ちできない次元に達している」
というものだった。だがそれは流石に夢を見過ぎだった。
現在は
「トップとはまだ差があるものの既に実力レーティング20番以内の実力。中盤あたりでの駆け引きさえ無難にこなせれば、持ち前の凄まじい終盤力で確実にタイトルに届くだろう」
という見方に変更した。例えば最近の羽生二冠の将棋は最終盤の競り合いではトップレベルの棋士達に対して分が悪いものの、圧倒的な中盤力でリードを維持して押し切れるからこそ、今季も棋聖戦で斎藤七段を退け、竜王戦の挑戦者決定戦に辿り着くことが出来たのだろう。藤井四段が羽生二冠レベルの中盤力を身につけたとしたら、その時こそ本当に誰も勝てなくなるだろうと思う。

 

スポンサーリンク