オール棋神戦 第3局 

スポンサーリンク

オール棋神戦(相手がすべての指し手を将棋ウォーズの棋神で指す、実力はプロレベルか)の第3局を振り返ってみたい。横歩取りになったので青野流をぶつけてみた。結果はともかく、最後まで精いっぱいさせた将棋だったと思う。
まずは第1図。早すぎる感じの桂跳ねがいかにも青野流っぽい。


以下、後手は横歩を取って難解な戦いの末に第2図となった。△36歩は▲45桂の反撃があるので人間なら少し考えるところだが、貫禄のノータイムだった(笑)
ここで若干リードを許してしまったようだ。


以下、▲45桂馬に△44角と「柔らかい好手」が飛んできて参ったが、とって53桂成~43角とめげずにせめて第3図。ここで勝負手がある。


ここで▲33歩が勝負手。同桂は▲24歩がある。実戦は△同飛▲21角成とすすみ、次の22馬を見て面白くなったと思ったが△54桂!が厳しく実際は後手ややリードだ。以下第4図と進んで、ここでシンプルかつ厳しい手があった。


ここで△37銀が厳しかった。対して▲22馬は△48銀成~△37歩成~△28歩~△39角の筋など色々あって指しきれなかった。実戦は▲24歩と無謀な攻め合いをしてしまったが、ここでは▲59銀と粘る手が最善だった。それで若干悪いながらもまだまだ戦えた。以下、第5図と進んだ。ここではまだ決定的に悪いとは思っていなかったが、すごい手順があった。

ここで△47角!が鬼手。次に△48金~△37歩成が厳しい。対しては▲65馬が最善で、△34金▲47馬△同金▲69玉△56歩▲同歩△57歩の展開は苦しいながらもまだ粘れたか。実戦は▲58桂に△38金が落ち着いた手で、▲23歩成△48金!
が厳しかった。

スポンサーリンク


以下、なんだかんだと必死に左に逃げて第6図。▲79銀と飛を取って次の▲43とが楽しみなのでまだいけるか?と色めきたったが、△71玉が好手。▲31飛△51歩で悪夢のように固い。以下▲41金と駒を渡さず、21の馬の利きを遮らないように攻めた(第7図)が、すごい決め手があった。


ここで△65桂!が凄い手。全く見えなかった。以下▲同馬△同桂▲同桂に△77金ではじくための金駒がなく、筋に入ってしまった…。

という訳で、中~終盤は力の差を見せつけられて完敗という感じだった。ただ、もう少し時間があれば・・・と思ったのも事実。次は10分切れ負けで挑戦させていただきたいと思う。お金のかかる棋神を私のために使用して対局していただき、本当にありがとうございました。ゆうちょProject(ツイッター名)様に心から感謝。

対局の実況動画はこちら

 

 

将棋ウォーズにてオール棋神(八段相当)の方と対戦!

スポンサーリンク

前の記事:藤井聡太 VS 深浦康市 は コチラ

ツイッターにて「僕が全部棋神で指すので、アユムさんと戦わせて下さい」というありがたい提案をいただいて実現したこの企画。因みに棋神代はすべて相手の方の自腹という。「負けるのは仕方ないが、何とか金額分はご満足いただけるような指し回しをせねば・・」と身の引きしまる思いだった。
将棋は私の先手でスタートした。76歩に2手目△32金だったので、振り飛車にしてみようと思い第1図になった。立石流だ。


第1図から△42金左!とわざわざ手損で船囲いに戻す後手。「これはいけそうだ」と思った。しかし数手進んで第2図。飛のブッツケを狙ったところで好手を食らった。


第2図から△35角!が全く見えていなかった手。▲68金には△44角がある。▲48金も△44角と戻られて、単に△44角と打たれるより損な恰好だ。実戦は▲68角と打って辛抱したがまだ▲48金だったか…ここから後手ペースになった。
以下どうにか飛交換に持ち込んで桂・香を拾ったところで端攻めを受け、読み進めてみるとそれが思いのほか厳しいことに気づいた。そして第3図で好手があった。


ここから△同香成が好手。同玉に△17歩とたたかれ、とれば△11飛なんていう洒落た手がありそうだ。そこで▲28玉と寄ったが平凡に△18飛~△28歩で不利に陥ってしまった。後手+1000といったところ。そして第4図。一見投了図にも見えるがここからある狙いがあった。


第4図から▲57玉!がCOMには一番有力な勝負手。以下△38と▲66玉と楽園目指して一直線だ。そして第5図へ。ここで少し恐れていた手があった。


上図から△74銀が怖かった。▲同歩△同歩▲66銀打なら△73桂がきつい。人間だったら△74銀を真っ先に考えるかもしれない。実戦はこれを逃してくれたので入玉することができた。そして第6図。


△72桂は今のソフトの限界を感じさせる手。全く無意味な捨て駒だ。

スポンサーリンク


そして、第7図で「入玉将棋で無駄にお金のかかる棋神を使わせるのは申し訳ない」と思って私が投了した。この行為には賛否両論あると思うが、私は正しいことをしたつもりです。次は入玉などではなく、スッキリ指してスッキリ勝ちたいと思う。

対局動画はこちら


将棋世界 2017年5月号

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

 

後手番用飛先交換させ型角換わり

スポンサーリンク

最近密かに流行っている後手番用の戦法、「飛先交換型角換わり。」
手順は▲76歩△34歩▲26歩△84歩▲25歩△85歩▲78金△32金▲24歩△同歩▲同飛△88角成!▲同銀△22銀 で第1図。


この戦法は、「先手にとって飛車先を交換する手は大して得になってないでしょ?」という主張をそのまま表現していて面白い。横歩取りを苦手としている居飛車党の方にはおすすめだ。

以下、後手は
A,早繰り銀にする指し方
B、腰掛け銀
C,右玉 

などあり、どれも有力だ。私は主に22銀型で早繰り銀に行く指し方を多用している。

Aは第1図以下、▲28飛△23歩▲77銀△72銀▲38銀△74歩▲36歩△73銀▲37銀△64銀(第2図)


第2図から▲46銀△42玉▲68玉△75歩(第2A図) の展開は後手も面白い。

または▲37銀に代えて▲46歩△64銀▲37桂△42玉(王手飛車のラインを避ける)で第3図。


評価値は何れも先手プラス250程度に振れており、やはり飛先を切った得は大きそうだが後手が先攻できるメリットも大きい。初めて見た人なら受け間違えてくれる可能性も大だ。

因みに私の実戦は第3図から▲29飛△75歩▲同歩△同銀▲76歩△64銀▲68玉△75歩(第4図)と後手が面白く戦えた。

スポンサーリンク

先手の早繰り銀に対する対抗策は、右玉が無難だろうか。あるいは


ソフトによると第5図のように早めに自陣角を打つのが良いらしい。第5図の局面のソフト評価値は、先手プラス250だ。この角は何れ▲34角~▲35銀~▲24歩の攻めを狙っており、確かにかなり厄介そうだ。
ただ、知らなければ打てない手だと思うので、先手の人がこの角打ちを知らないことに期待して目をつぶってやってみる価値は十分ある戦法だ。また、早繰り銀でなく普通に腰掛け銀にしていくのももちろんある。その指し方もまた追記していきたい。

【ソフト VS ソフト】 飛先交換させ型角換わり検討

【ソフト VS ソフト】 飛先交換させ型角換わり検討2

 

 

 

 

 

角交換四間飛車対策▲46歩

スポンサーリンク

初手から▲76歩△34歩▲26歩△88角▲同銀△42飛に▲46歩!と進んで第1図。


ソフトの見解によるとなんと既にこの時点で先手やや良し。流石にそれは無いと思うが…。以下、居飛車は右銀を繰り出して素早く▲56銀と腰掛け銀を作っていく指し方が有力だ。以下、駒組みの一例は△62玉▲48銀△72玉▲47銀△82玉▲96歩△94歩▲78玉△33銀▲58金△72銀▲86歩△52金▲56銀△64歩▲25歩△63金▲87銀△74歩▲77桂△73桂▲88玉△84歩▲78金△54歩▲66歩(第0図)


確かにこうなれば▲68金と固めたあといつでも▲65歩と突けるし△22飛は▲45歩~▲46角のような筋も生じる。微差だが居飛車を持ってみたい気もする。だが、藤井九段などはこういう局面から非常に上手く捌くので、そういった感覚は本を読むしかなさそうだ。

再掲第1図で△55角と打つとどうなるか。


△55角以下は▲77銀△46角▲48飛△55角に▲65角△52金左▲83角成△88歩▲65馬(第2図)


第2図から△33角▲44歩△同角▲同飛△同歩▲88銀(第3図)


第3図までは私の実戦そのままで、以下△43金▲同馬△同飛▲32角△41飛打▲43角成△同飛に▲32金と重く打って良し。以下、△55角▲78玉△45歩▲85飛△44角打▲77銀△82歩に▲21金(第4図)

スポンサーリンク


第4図となって、次の▲56桂が厳しくはっきり先手優勢。ということで、▲46歩に△55角は成立せず、第0図のように進展する可能性が高そうだ。そうした進展以降の戦いは、やはりプロの先生の著書が非常に参考になる。

【おすすめ書籍】

先手石田流・相振り飛車

スポンサーリンク

後手の振り方は色々あって、

・相三間飛車
・四間飛車
・33角型向かい飛車
・44角型向かい飛車(本項)

等々、非常にたくさんある。
一先ず石田流をやったときに一番嫌だった△44角型向かい飛車を少し調べてみる。他のものも順次追加していきたい。

初手からの指し手
▲76歩△34歩▲75歩△54歩▲66歩△42銀▲78飛△53銀▲68銀△44角▲48玉△22飛(第1図)

ここからソフト先生同士で対局して頂いたところ、▲86歩!△24歩▲38玉△25歩▲85歩△62玉▲65歩!(第2図)というカオスな展開に・・・。

以下、進行の一例は△82銀に▲28銀(▲79金も有力候補だった・・)△72玉・・・これはやや後手が作戦勝ちか?向かい飛車の攻撃力がえげつない。金無双を完成させても44銀~35銀~45角なんて筋さえチラチラする。本を読んで勉強しなければ・・・。

スポンサーリンク

 

【おすすめ書籍】

三間飛車VS居飛穴 厄介な中田流

スポンサーリンク

初手からの指し手
▲76歩△34歩▲66歩△84歩▲78飛△85歩▲77角△62銀▲68銀△42玉▲48玉△32玉▲56歩△33角▲58金左△22玉▲38銀△12香▲39玉△11玉▲46歩△22銀▲36歩△54歩▲16歩△42角▲57銀△74歩(第1図)


第1図から▲65歩(▲59角は後述)△73桂▲68飛△53銀(第2図)

後手としては、一目散に穴熊に囲って素早く引き角に持っていくのが大事な手順なようだ。そして第2図が基本図。ここから1、37桂  2、45歩 に分岐。
ここから1、37桂△64歩▲45桂△65桂(第1失敗図)という筋がある。


これはなんと中田―羽生戦の進行。△64歩には▲同歩△同銀に▲35歩△同歩▲45桂や▲22角成△同玉▲75歩(or▲63銀)も有力。後手はこの変化を避けるなら△64歩で△32金か△44銀がおすすめ。△44銀はよく私が実戦で使う手で、以下▲15歩△32金▲47金△51金▲25桂とよくある筋に△86歩▲同歩△41金▲45歩△33銀(第3図) で銀桂交換にはなるものの、ソフトの評価値は後手有利。私も玉の方さが違うことや駒損ながら端攻めが無いので後手有利と思っている。


△32金はプロの実戦も多い有力な変化。以下▲15歩△51金▲25桂に△44歩▲45歩(第4図)と進むと後手怖そうだがどうか。評価値は互角を示している…。

スポンサーリンク


再掲第2図から2、45歩 を検討してみる。以下 △32金▲47金△51金▲37桂に△64歩(第3図)。これは先攻して後手良し。

第1図から▲65歩に代えて▲59角も検討してみる。以下△74歩▲47金△32金▲45歩△51金▲46銀△41金(第4図)


ここから▲55歩△同歩▲58飛は△86歩▲同歩△75歩でどうか。ソフトの評価値は後手+500と大きく後手に振れた。三間飛車を調べていてずっと感じていたのだが、ソフトは三間飛車を低く評価しているようで互角に見える局面でもずっと居飛車側にプラスに振れていたのが印象的だ。だが、郷田王将(2017年3月現在)が中田功プロに4連敗したこともあるように、三間飛車は非常に有力だしやられたら嫌な戦法だと思っている。私もよくやられるので、これはもうコーヤン本を買うしかないのだろう。プロの本に共通しているのは、いくら頑張って独学で研究してもあっさりその上をいく内容がギッシリ詰まっているということ。定跡だけでなくその戦法に特化した中・終盤の感覚も非常に勉強になる。

先手中飛車対策・郷田流

スポンサーリンク

先手中飛車に居飛車で対抗したい場合、避けて通れないのが升田流向かい飛車にされる変化(第1図)。これはこれで有力戦法なので別途解説するが、さわりの部分だけ触れておく。
第1図までの指し手:▲56歩△84歩▲76歩△85歩▲77角△54歩▲88飛で第1図。ここから、△34歩▲68銀に△42玉!が大事な一手。


△42玉以下、▲86歩(佐藤康光VS鈴木大介戦だと思います)△77角成(△同歩は▲同角△32玉▲83歩で、逃げれば▲77角。△88角成は▲82歩成△同銀▲85飛(第3図)で振り飛車有利。以下△72金には▲31角成~88飛。)▲同銀△86歩▲同銀△74歩(第2図)。△73桂~△65桂の速攻が早く、実戦は佐藤九段の快勝という印象だった。

というわけで、一時期流行った▲88飛では▲58飛と普通に中飛車にする実戦が圧倒的に多くなった印象がある。

 

 

 

 

 

 

というわけで、第1図で▲88飛に変えて▲58飛以下、△62銀▲48玉△34歩▲68銀△42玉▲38玉△53銀で第4図。

スポンサーリンク


早めに銀を上がるのが非常に大事な形だ。私は間違えてつぶされたことがある(笑)以下、▲28玉△77角成▲同銀△14歩▲16歩△64銀▲38銀(第5図)


第5図以下、△32玉▲59飛△42銀▲78金(▲66銀は△88角~△86歩~△89角で後手よし)△44歩▲66銀△43銀▲77桂△52金右!(第6図)


これが郷田流の基本図。さあここからソフト同士対戦させて調べた。ここで▲55歩と仕掛けて、ごくわずかに先手良しとかいう評価値が出ている。以下、△同歩▲同銀△58歩▲同飛△69角に▲44銀!と出て第7図。


以下、△58角成▲同金△86歩▲66角!(下図)と進行した。評価値は先手良しだが、△44銀▲同角△54飛▲59歩△44飛▲71角△62飛の局面は駒損が酷くまずそうだ。この後も熱戦が続いたが、居飛車側が勝ち切った。▲44銀や▲66角では他の手を調べてみたい。

ここからの終盤は非常に複雑なので、また別記事にて追記していきたいと思います。
本記事では郷田流に対して普通に▲55歩と突っかける手を調べてみた。▲75銀とぶつける手や他の手も有力なので、また追記していきたいと思う。
▲75銀△同銀▲同歩以下は△64角と打って5筋を守る。以下▲66銀なら△86歩から一歩交換しておく。▲66角も8筋を交換しておく。以下▲65銀に△42角▲55歩△同歩▲同飛△64歩▲54銀△同銀▲同飛△43金で後手指せる。

 

角換わり腰掛け銀

スポンサーリンク

ここでは従来の角換わり腰掛銀を研究しようと思っていたがやめた。もう現れない可能性が高いから。今まで一生懸命研究してきたのは一体なんだったんだろう。そう思わされるほど、広瀬ー千田戦で後手番の千田が見せた構想で角換わり腰掛け銀の歴史が大きく変わった。ちなみに元々はソフトが見せた構想らしい。

初手からの指し手▲76歩△32金(挑発的。振る手もあったと思う。)▲26歩△84歩▲78金△85歩▲77角△34歩▲88銀△77角成▲同銀△22銀▲38銀△72銀▲46歩△64歩▲47銀△63銀▲68玉△74歩▲58金(今後はこれが悪手と言われる可能性が)

△73桂▲96歩△94歩▲56銀△33銀▲16歩△14歩▲79玉△42玉▲66歩△81飛▲36歩△62金▲37桂△54銀▲25歩△65歩(第1図)


この局面、最新ソフトの見解ではなんと既に後手有利。広瀬―千田戦も千田快勝。以下、私のPC(COREI7-7700k)でここから実際に対戦させてみた。まず第1図では▲同歩△同桂に 1、▲同銀 と 2、▲66銀 を読んでいたが、▲66銀が勝ると判定していた。順に見ていく。
1、▲同銀には△同銀▲63歩△72金▲64桂△73金▲62歩成△64金▲45桂△86桂馬▲同歩△同歩▲同銀△76銀(第2図)と進んで後手優勢を示した。


2、▲66銀 には△64歩。以下、▲88玉△86歩~△81飛で第3図。こうなると後手は飛車先の歩は切れているわ桂で陣形を乱しているわで大満足だと思う。

スポンサーリンク

上図以下、▲67銀に△75歩▲同銀△39角と進んで後手が快勝してしまった。
今後第1図はもう現れないのかもしれない。もちろん、先手で▲48金型、後手で△52金型だと1手早い分、更に強烈になる。そこで・・・新しい時代の同形は第4図のようになるのかもしれない。次回、この形を研究して記事を書き足そうと思う。

 

ダイレクト向かい飛車

スポンサーリンク

ダイレクト向飛車は、第1図のようにダイレクトに飛車を向飛車に振ってくることがその名の由来だ。佐藤康光九段が連採して話題になった。現在でも非常に有力な手法だ。
第1図までの手順・・・
▲76歩△34歩▲26歩△88角成▲同銀△22銀▲68玉△33銀▲48銀

 

 

 

 

 

第1図から▲65角△74角と進んだ局面が先手の分岐点。私は▲同角△同歩▲79玉と進めることが多い。△74歩は手得というよりは傷になる確率が高いからだ。

スポンサーリンク

ただ、プロの実戦例では第1図より▲65角△74角から、▲43角成△52金左▲同馬△同金▲75金△42飛(第3図)と進むのが圧倒的に多い。


第3図から▲74金△同歩▲46歩(第4図)がプロ間での課題だった局面。46歩は取れば55角だし、放置すれば▲47銀~▲48飛で先手良し。ということで、
第4図から1、△55金2、△55角でアクションしていくことになる。順にみていく。


1、△55金には▲47銀△46金▲同銀△同飛▲48歩△42飛▲31金!△54角▲21金△27銀▲55角(第4A図)と指されたことがある。ここまで進むと居飛車よしか?※追記、▲48歩では▲59金左がなお良い


2、△55角 には▲78玉△46角▲58金△73角▲47銀△62玉▲77銀△72玉▲48飛(第5図)と進んでどうか。これは完全な力勝負。先手は▲65角、後手は△39金が切り札になる。実戦例などどんどん追加していきたい。


ダイレクト向飛車での戦い方については、やはりプロの本を読むのがいい。序盤だけでなく中・終盤の考え方なども詳しく載っていて非常に参考になる。

相振り中飛車

スポンサーリンク

※本記事ではネットでよく見る55位取り型を調べます。位取りを保留する本筋の形は 後日取り上げます。

私の常識(だいぶ前ですが)として、中飛車には三間に振っとけば何とかなる、というのがあった。だが、研究が進み中飛車側もかなりやれることがわかっているらしい。

上記は鈴木八段の本。もう7年前の本なのに未だにアマゾンランキングも高く、名著であることがわかる。私も本屋で買おうとしたが残念ながら売り切れだった。できるだけ早めにアマゾンでポチりたい。
 さて、本記事ではよくやられる局面からソフトを用いて研究してみたのでそれをまとめていきたいと思う。

さて、第1図。初手から
▲56歩△34歩▲58飛△32飛▲68銀△35歩▲57銀△62玉▲76歩 の局面だ。
これは何局も指している形でパッと見は玉が囲いづらい先手がつらそうに見えるのだが、▲55歩~▲56銀の破壊力はなかなかのもので侮れない。私の実戦はここから△72玉(角交換して▲65角の防ぎ)▲55歩△42銀▲56銀(▲46銀は後述)△44歩▲38銀(▲38銀で▲65銀には△43銀▲54歩から銀交換後に△42金(第2A図)で後手指せる。居玉に対する反撃がきつい。)

43銀▲48玉(▲65銀は△34飛▲54歩以下銀交換後に△28銀で後手よし)36歩▲同歩△同飛▲37歩△34飛▲75歩(第2図)と進んだが・・・。


第2図、75歩の位は大きそうだがソフトの評価値は後手に大きく振れている。
▲65銀には△45歩が利くこと、後の14歩~13角~33桂~45桂が強烈なことがその理由だろう。第2図以下、△14歩▲39玉△62金▲65銀△45歩▲74歩△同歩▲78飛△82銀▲74銀(74飛は取って△64飛でダメ)△73歩▲65銀△33桂▲28玉△15歩と進んで第3図。ここまでくるとはっきり後手の作戦勝ち。

スポンサーリンク

戻って▲56銀に代えて▲46銀を検討してみる。

これも、△44歩▲79角△52金右と「ご自由におとりください」と対応され、▲35銀には△45歩(第9図)で中飛車不利。△54歩の反撃がきつい。

ということで、ネットで級位者から高段者までよく見かける相振り中飛車で5筋の位を取る指し方は中々上手くいかない感じだ。位は取らない方が無難だろう。

先手中飛車の新刊「伊藤本」に期待したい。また、パワー中飛車で攻めつぶす本も名著と評判だ。