王位戦紅白リーグ最終局 素晴らしい名局 菅井-渡辺

スポンサーリンク

白組の菅井(3-1) VS 渡辺(1-3)戦が名局だったので振り返っていきたい。
菅井はこれに勝てば白組優勝、澤田六段との挑戦者決定戦進出が決まる。渡辺は消化試合だが竜王の意地を見せたい。第1図。ゴキゲン中飛車と思いきや、早くも面白い作戦だ。


対して渡辺は銀冠を作って無難に駒組を進めていって第2図。ここでソフト推奨の面白い構想があった。


第2図では▲48金!~▲29飛が角打ちの隙を作らない面白い構想で、それならごくわずかに先手リードとソフトの見解。この辺りは角換わりの最新定跡と通じるものがあるようだ。
とは言え先手が歩交換を果たした第3図は上手くやったように見えるが・・・。ここで反撃があった。


第3図から△45桂が強烈な返し技。同桂△同桂▲同銀と進んで、空いた空間に△37角が入った。馬が出来て難解ながらやや後手リードといったところ。ただ、渡辺もさすがに竜王。しぶとく辛抱して巧みに反撃して第4図。


第4図では2枚目のと金を作った先手が逆転してややリードといったところだが、ここで△28歩が粘り強い一着。先に駒損はするが、飛を捕獲されて先手も非常に嫌な形になった。そして第5図。渡辺が両取りを放ったところで菅井に最大の見せ場が訪れる。


第5図では△53金とかわす手が本命とみられていた。それならやや先手良しながらまだまだ長い戦いが続く。ところが、ここで△31飛!が凄い手。この手を見れただけでも本局を並べて良かったと思った。以下▲43角成△39飛成(第6図)と進行し厳密には先手良しながらかなりの迫力になった。


第6図では▲61馬(本譜)が第一感ながら▲54馬か▲79金打が有力だったようだ。本譜は以下△18と▲62金△69飛▲79桂(第7図)と進んだが後手に凄い手があった。

スポンサーリンク

上図から△68馬!がほぼ決め手。▲同金なら△79飛成から決めるだけ決めて△71桂と埋めれば勝ち。本譜は▲97玉と早逃げしたが△79飛成が厳しく、以下数手で菅井の勝ちとなった。

これで王位戦の挑戦者決定戦は 菅井七段 VS 澤田六段の顔合わせとなった。どちらが挑戦しても初タイトル戦となる。
どちらも十分タイトルを狙えるレベルの実力者だが、菅井七段の独特の間合いは羽生王位にとってもかなり嫌なのではないだろうか。まあまずは挑戦者決定戦。すっかり菅井ファンになってしまった私としては、本局のような素晴らしい戦いを王位戦の舞台でも見せて頂きたい。ただし小さい頃から羽生三冠の大ファンなので、そうなった場合どちらを応援すればよいのかは非常に難しいところ。

 

 

チャンネル登録者6000人突破記念感謝企画 例のアレの歌詞

スポンサーリンク

動画は こちら (5月22日18時アップ)

HEY GIRL !

HEY BOY !

将棋キッズもヘッズも熱狂!
よい子のみんなここで勉強!

知りたいか俺のプライバシー?まあ待てよまずは美濃崩し
美濃の急所なら脇コビン端  ここ攻めりゃいつもだいたい勝ち
持ち駒に歩三枚と桂ならば キングに待ってる悲惨な処刑
香で歩を吊り上げ 桂で仕留める
恐怖のショータイムの 幕が上がる
なったか少しは君のため? ok、次はコビン攻め

角のラインに入った玉ならば74桂で華麗に処刑
持ち駒の金が肝心要 がんじがらめな三手詰
端コビンラストは脇責め(♡) 変なプレイのことではねえ

スポンサーリンク

下段飛車便りに金発射 金で取りゃ銀をさらに連射
いうまでもない これは崩壊 もはや原型をとどめてない

YEAH調子どう?3つの指導
忘れないようにどんな時も
君に教えちゃう秘密の呪文 それじゃあいまからい・く・よ?
「美濃囲い?弱いよね?端・コビン・脇・スキがあると思うよ?
だから、オイラ崩しちゃうよ?
駒G、駒たちが躍動するおいらの美濃崩しを
ベイビー達に見せたいね おいで」

 

 

藤井聡太四段の連勝はどこまで続くのか 今後の相手を徹底検証

スポンサーリンク

レーティングは こちら のサイトを参考にさせて頂きました。
対局者が不明な棋戦は、(未定)と注釈をつけてレーティングが一番上の相手が出てくると仮定して調査しました。

※対戦相手の推定レーティングは5月18日現在です。
藤井四段のレーティングはまだ対局数が少ないため参考にできませんが、実力レーティングは既に10位以内と推定しています。

次戦:5月25日 近藤誠也五段 竜王戦6組決勝(持ち時間5時間)
現在レーティングは30位程度。
寸評:デビューからの通算勝率は7割超え。王将リーグ入りして豊島、羽生を破った実績も。かなり厄介な相手であるのは間違いない。

対局日未定:森内俊之九段 NHK杯(持ち時間10分)
現在レーティングは40位程度。
寸評:永世名人資格保持者。突然のフリークラス転出宣言は将棋界にとって大サプライズだったが、実力は未だにAクラスか。森内九段にトーナメントプロとしてのモチベーションがどれだけ残っているかも重要な要素かもしれない。
また、早指しなので不確定要素が多く、勝敗がどちらに転ぶか全く読めない。

対局日未定:都成竜馬四段(未定) 加古川清流戦(持ち時間1時間)
現在レーティングは50位程度。
寸評:新人王獲得経験あり。持ち時間も短く、非常に危険な相手。
ゴキ中超急戦における「都成新手」の発案者でもある。
 
対局日未定:佐々木大地四段(未定) 新人王戦(持ち時間3時間)
現在レーティングは50位程度。
寸評:好成績を修めてフリークラスを脱出し、C2昇級が決まった。NHK杯でも丸山九段を倒して非常に勢いに乗っている相手。全く油断はできない。

スポンサーリンク

対局日未定:澤田真吾六段  王将戦(持ち時間3時間)
現在レーティング10位程度。
寸評:今期王位戦リーグ白組にて4勝0敗。挑戦者決定戦進出が濃厚。
言うまでもなく最強の相手。この壁を破れるかどうかで、連勝記録だけでなく
今後の棋士人生も決まってくるかもしれない。

対局日未定:澤田真吾六段 棋王戦(持ち時間3時間)
同上。澤田六段との2連戦は、28連勝の記録更新の大きなヤマ場になりそうだ。

以上、直近で当たる対戦相手についてまとめてみた。相手もかなり強敵揃いで、いつ誰に負けてもおかしくないような状況だ。ここまで来るのにかなり劣勢に追い込まれた将棋もいくつかあった。(大橋四段との新人王戦(評価値マイナス1000くらいまで追い込まれていた)、竹内四段との加古川清流戦(竹内四段に、指せれば形勢を決定付けられるレベルの妙手順があった)、千田六段とのNHK杯(途中は苦しかった)、などなど・・・。まあ、そうしたギリギリの状況で積み上げるからこそ連勝記録というのは価値がり、皆が注目するんだろうなとも思う。18連勝の現時点で既に将棋界歴代7位という大記録である。もうここまで来たら何とか連勝を29まで積み重ねてほしいと願うばかり。

第75期名人戦 佐藤天彦名人 VS 稲葉陽八段 第4局

スポンサーリンク

昨日の記事は こちら (2日目お昼まで)

さて、上の記事から△84桂に▲99玉とアナグマに囲いつつ△75歩▲同歩△76歩を避け、△34歩と打たれた局面。ここで角をどこにひくかな?と思ってみていたらなんと・・・


何と上図で▲44角!これにはびっくりした。ソフトで検討すると「最善手」と出るので二度びっくり。信じられないが△同銀▲同歩となった形が次の▲75歩~▲54角を狙っていたり先手玉がとても固かったりするのでそうなのか・・・と無理矢理自分を納得させた。といっても、駒得が大きく若干後手有利。先手としても、若干不利を承知の勝負手だったのだろう。

進んで第2図。名人が△76桂▲同銀△49角と思い切った攻めに出たところ。ここで先手に勝負手があったようだ。


本譜は▲48飛△76角成▲77銀△54馬と自然な進行だが名人の馬が手厚く、後手のリードが広がった格好になった。ここは▲58飛!と回る勝負手があったようだ。以下一例としては△57歩▲同金△69銀となって怖すぎる格好だが、そこで▲67銀打と頑張り、△58角成▲同金△78銀成▲同銀△79金▲87銀引△29飛▲88銀打・・・と永遠に受け続ける展開になる。こうなれば評価値はほぼ互角。先手もまだ十分戦えたようだ。ただ、とても恐ろしくて選び辛い順だと思う。本譜に戻って第4図。挑戦者が48の飛を▲47飛と移動し△59銀の筋を消しつつ飛を横に使う面白い手を指したところだが、名人の次の一手が素晴らしかった。

スポンサーリンク


上図から△33桂。これが格調高い手だった。意味は次に△56銀~△45桂とさばくということ。本譜もこれが実現し、最終的には21の桂が57まで出世することになった。とても感動させられた手だった。続いて第5図。挑戦者の鋭い勝負手が飛んだところだったが、ここで名人が手厚い一着を放つ。


上図から放置すると▲75歩△同歩▲83角のような筋が気になるが、
△84銀と埋めたのが好手。これで先手から思わしい手が無い。△33桂と言い、△84銀といい、名人が落ち着いた手でリードを広げていく。そして着実にリードを広げて第6図。名人が決めに出る。


ここから△同馬▲同銀△67銀!が鮮やかな寄り身。清算して△87銀と打てばほぼ必至だ。△67銀に▲87銀打と根性の受けを見せたが、いくばくもなく名人が寄せ切った。
これで名人戦は2勝2敗のタイ。ここからの「三番勝負」でどちらが勝つのか、目が離せない。

 

2017年5月現在、プロ間で流行している戦型と廃れた戦法

スポンサーリンク

2017年5月現在、プロ間で流行している戦法

・角換わり48金、29飛型と62金、81飛型の対抗形。
NHK杯の千田ー藤井戦でもあったが、後手が△44歩を突かないと▲45銀と仕掛けて若干先手良しか。
参考棋譜並べ
第67回NHK杯トーナメント 千田ー藤井戦

また、角換わり48金ー29飛型(62金ー81飛型)に対して後手が△52金(先手なら▲58金)と上がる形はソフトの評価値によれば48金(62金)と上がった側が少し良くなるので消え始めているようだ。
参考棋譜並べ
藤井聡太ー増田康宏 藤井聡太炎の七番勝負第1局

因みに、2016年の終わり頃からずっと話題になっていたこの上図▲25歩△33銀にいきなり▲45桂!と跳ねる手法は
藤井聡太ー羽生善治三冠(藤井聡太炎の七番勝負最終局)

で、先手良しがはっきりと証明されてしまった(元々ソフトはずっと先手+500位を示していた)。藤井四段があの羽生三冠にあの大舞台で▲45桂定跡で完勝してしまったことはアマプロ問わず強烈な印象として残っただろう。もう上図がプロの実戦で現れることは無いのかもしれない。

・矢倉、急戦左美濃
5手目▲66歩を絶滅させてしまうかも知れない恐ろしい戦法。
ソフトの評価値では後手が良くなる変化が殆ど。

参考棋譜並べ
金井ー藤井戦 竜王戦6組

そこで最近では5手目▲77銀と上がる形が復活してきている。ただ、元々これは後手の急戦に対応し辛いと言われて切り捨てられた形。後手の作戦にどこまで対応できるのか、今後が注目される。

・先手超速 VS 後手ゴキゲン中飛車

これはゴキ中側に、I、銀対抗と Ⅱ、銀対抗せずに早めに美濃に囲う
という2パターンがあり、Iの銀対抗はちょっとゴキゲン中飛車側が苦しそう、Ⅱの早めに囲うパターンはいい勝負という感じになっている。
参考棋譜並べ、I、銀対抗、後手穴熊に対して先手が速攻した棋譜
三段リーグ 藤井聡太ー西山朋佳

定跡講座(動画)
銀対抗、後手早めに△64歩で銀を追い返そうとするパターン
銀対抗、後手普通に美濃囲いに囲うパターン

参考棋譜並べ、Ⅱ、銀対抗せずに早めに美濃に囲う
藤井聡太ー永瀬拓矢 藤井聡太炎の七番勝負第2局
藤井聡太ー斎藤慎太郎 藤井聡太炎の七番勝負第3局

スポンサーリンク

・先手早石田
根強い人気。久保王将が筆頭となって盛り上げている印象。
どんどん棋譜並べもやっていきたい。

定跡講座(動画)
先手早石田徹底対策(5部作)
・端桂戦法対策
・石田流77角対策
・4手目14歩の世界
・石田流本組対策
・超急戦▲78飛ー△45角 の進展

・先手中飛車
こちらも根強い人気。対郷田流△52金右はソフトの評価値で見る限り若干先手良しのようだ。そこで・・・

・先手中飛車、後手超速
後手超速は斎藤慎太郎七段や糸谷八段の見解では当初「無理気味」とされていたがその後ソフトを用いた研究が進み、現在は「後手かなりやれる」という感じになっている。

参考棋譜並べ:西川和宏ー藤井聡太

とまあ、色々な参考棋譜を紹介していったが殆どが藤井聡太四段絡みになってしまったことに関してはとても反省している。藤井四段に限らず、毎日プロの棋譜並べをやってUPしていきたいと思う。

 

 

 

 

もし自分だけが将棋ソフトを使える世界があったら

スポンサーリンク

もし15年前に戻って、自分だけが将棋ソフトを使える世界があったとしたら
私はプロになれただろうか・・・
とたまに妄想してしまう。私の中での答えはYESだ。将棋ソフトを用いて毎日猛勉強すれば誰にどんな戦法をやられても互角以上に戦えるようにすることは理論上可能だと思っている(ものすごく時間はかかりますけどね・・・)。ましてや当時は誰もソフトを使った研究をしていなかった時代なので、おそらくはアッサリ優位を築けるだろう。問題はそこから勝ち切れるかどうかだが、これも毎日ソフトと対局していれば嫌でも中盤、終盤は強くなっていくので大丈夫だろう(ストレスはたまりますが(笑))。
当時指せば「歴史的妙手」と称えられるようなレベルの手が当たり前のようにポンポン繰り出されるので、自分だけがそれを日々吸収して強くなれる。少なくとも当時の奨励会レベルの対戦相手ではついてこれない領域まで容易に辿り着けたのではないか。そんなこんなで、プロになるところまでは可能だったと思う。
プロにはなれそうだ。じゃあタイトルは獲得できたか?七冠王にはなれたか?
という問いに関してはYESとはとても言い難い。全盛期の谷川先生の光速流の攻め、羽生先生の圧巻の勝負術(ソフトでの研究が主流になった今でも未だに三冠を堅持)、森内先生の正確無比の鉄板流の受け、渡辺先生(15年前じゃないですが)の竜王戦での鬼のような防衛力…
あのレベルと渡り合うのはいくらソフトで鍛えてもちょっと厳しいかなーと思ってしまう。
まあ、そんな妄想をしても始まらないので今日も私は仕事の合間にせっせと将棋ソフトで序盤の研究をし、一日一局はソフトと対局してボコボコにされるという生活を送っている。ちょっとは強くなれただろうか?今度大会に出て試してみたい。尤も今では他のアマ強豪もソフトをがんがん研究に使っていらっしゃるので、相対的にみんな強くなっちゃって代表にすらなれなかったよ、という残酷な結末が待っているような気がしないでもないが・・・(笑)

 

スポンサーリンク

将棋の結論が出るXデーはいつか

スポンサーリンク

最近、定跡の研究をしていて思うことがある。
「性能の良いPCと強い将棋ソフトがあれば、将棋に結論を出すことは可能なのではないか」と。現に今、プロの一線級で戦っている人たちの棋譜を見てほしい。明らかにソフトで研究しているであろう棋譜ばかりだ。
 一昨日(5月10日)、昨日と「後手ゴキゲン中飛車が消える?その1~3」という記事と動画をアップさせて頂いたが、早くも5000再生、高評価が3桁超えと反響が大きかった(ありがとうございます)。藤井聡太四段も後手ゴキ中に対してはほぼ全て超速で対抗しており、勝率も高い。

後手ゴキゲン中飛車が消える?その1
後手ゴキゲン中飛車が消える?その2

後手ゴキゲン中飛車が消える?その3

スポンサーリンク

元々これは自分の使う戦法の序盤の研究が一通り終わったら、満を持してアマ大会に出ようと思って始めた研究だった。個人的に後手番で指したい戦法No1だったゴキ中だったが、最新版の超速が非常に有力でいくら研究しても後手が互角に戦える変化すら出てこない。困ったな…と思い、動画やブログでUPして「そうじゃないよ、〇〇が有力で後手も戦えるんだよ」というコメントを密かに待っていた。実際に幾つかそうしたご意見も頂戴した。本当にありがとうございます。具体的に言うと、「後手は△72玉~△62銀型の早囲いで戦う順が有力で一時期永瀬六段がたくさん指していましたよ」や「5筋の位を取らない指し方で有力なものもありますよ」等。一つ一つ調査し、また動画やブログでまとめさせていただきたい。
炎の七番勝負であった藤井聡太ー永瀬拓矢戦や藤井聡太ー斎藤慎太郎戦の
進行も現在まとめ中で1~2週間位でまとめてまた記事を書きたい。
 さて、そうは言っても既に超速VSゴキ中でゴキ中側が銀対抗で美濃囲いにする順と穴熊にする順、プロ間で何百局も指されてきた形が何れも「居飛車やや良し」という恐ろしい研究結果がelmo+ハイスペックPCでやった結果出てしまった。もちろんこれが100パーセント正しいとは言わないし思っていない。しかし10年前ならトッププロ達が何十局、何百局指してやっと結論に辿り着くレベルの変化もソフトなら数秒でかなりの部分まで解析してしまうことは事実だ。既にノーマル四間飛車をはじめ絶滅しかかっている戦法も多い。この調子で行くと、個人的には5年以内には主要な戦法がすべて解析されてしまうのではないかと思っている。そうなったら、羽生さんがインタビュアーに「将棋の変化がすべて解析されたらどうしますか?」と聞かれて、「桂馬が後ろに飛べるようにとか、ルールを少し変えればいいんですよ」と(冗談めかしてかもしれないが)答えた世界が現実になるのかもしれない。

 

プロ棋士の棋譜並べに対して思うこと

スポンサーリンク

youtubeに棋譜並べの動画投稿をしていていつも思うことがある。
人間では「藤井聡太」と「羽生善治」の棋譜とタイトル戦の棋譜以外はあまり伸びないということだ。
たとえば、5月10日現在
中村修九段 VS 佐々木勇気五段の NHK杯戦の再生回数が2000回弱、
佐藤天彦名人 VS 稲葉陽八段の名人戦第3局が4000回ちょっと、
羽生善治三冠 VS 糸谷哲郎八段 の 竜王戦1組トーナメント準決勝が 7000回程度、
藤井聡太四段 VS  豊島将之八段の 将棋まつりの席上対局(持ち時間5分、秒読み20秒) の再生回数が9000回前後となっている。
また、忍びないので名前は出さないが私が個人的に名局だと思って意気揚々と並べた某四段対某五段の対局は1000回にも満たなかった。実はこれで藤井四段と羽生三冠とタイトル戦以外の棋譜を並べる気を完全になくした(笑)

 二日制で行われる、時の名人 VS  A級順位戦を勝ち抜いてきた挑戦者の名誉とプライドと大金を懸けた戦いより持ち時間5分、秒読み20秒のお気楽な非公式戦の方が倍以上伸びるというのが、藤井四段人気の凄いところであり恐ろしい所だ。
流石に棋譜としてのクオリティは圧倒的に名人戦の方が上だ。持ち時間が百倍以上違うので当然と言える。それでも藤井将棋の方が再生数は圧倒的に伸びる。
youtubeに動画投稿する者としてはどうしても再生数の伸びるものを優先的に扱っていく方向になってしまうのだが、注目されない対局でも素晴らしい棋譜はたくさんあるので、出来るだけそういうものも並べていきたいと思っている。
ただし、私程度の人間がただ普通に並べるだけでは再生数やその対局者に興味を持ってもらうことはあまり期待できないので、ここはひとつ体を張ろうと思う。
今現在企画しているのは
・ラップで棋譜並べ
・競馬実況風棋譜並べ
・豊川語録を使ったダジャレ棋譜並べ

だ。下の二つは既にやったことがあり、特に豊川語録のダジャレ棋譜並べは高評価も3ケタに乗っていい感じだった。 動画は こちら

上記のようなものを、藤井聡、羽生、タイトル戦以外の棋譜並べにおいて毎日1局づつUPしていきたいと思う。

スポンサーリンク

やっぱりチャンネル登録者減るの怖いしやめとこ

 

 

藤井聡太 デビューからの全記録(2017年0518版)

スポンサーリンク

【公式戦】

○:12・24:加藤一二三九段:竜王戦6組

○:01・26:豊川孝弘  七段:棋王戦予選

○:02・09:浦野真彦  八段:竜王戦6組

○:02・23:浦野真彦  八段:NHK杯予選

○:02・23:北浜健介  八段:NHK杯予選

○:02・23:竹内雄悟  四段:NHK杯予選

○:03・01:有森浩三  七段:王将戦予選

○:03・10:大橋貴洸  四段:新人王戦

○:03・16:所司和晴  七段:竜王戦6組

○:03・23:大橋貴洸  四段:棋王戦予選

○:04・04:小林裕士  七段:王将戦予選

○:04・13:星野良生  四段:竜王戦6組

○:04・17:千田翔太  六段:NHK杯1回戦

○:04・26:平藤眞吾  七段:棋王戦予選

○:05・01:金井恒太  六段:竜王戦6組準決勝

○:05・04:横山大樹  アマ:新人王戦

スポンサーリンク

○:05・12:西川和宏  六段:王将戦1次予選

○:05・18:竹内雄悟  四段:加古川清流戦

○:05・25:近藤誠也  五段:竜王戦6組決勝

【非公式戦】

○:03・23:先崎学    九段:獅子王戦準決勝

●:03・23:羽生善治  三冠:獅子王戦決勝

○:03・13:増田康宏  四段:藤井聡太炎の七番勝負 第1局

●:03・19:永瀬拓矢  六段:藤井聡太炎の七番勝負 第2局

○:03・26:斎藤慎太郎七段:藤井聡太炎の七番勝負 第3局

○:04・02:中村太地   六段:藤井聡太炎の七番勝負 第4局

○:04・09:深浦康市  九段:藤井聡太炎の七番勝負 第5局

○:04・16:佐藤康光   九段:藤井聡太炎の七番勝負 第6局

○:04・23:羽生善治  三冠:藤井聡太炎の七番勝負 第7局

●:05・07:豊島将之 八段:第24回将棋まつり席上対局

 

将棋ウォーズ 私の六段昇段までの記録(10秒将棋編)

スポンサーリンク

三段まで・・・ノンストップ。初期の方は動画を撮影しながら実況していたところでアンドロイドがフリーズすることが多く、そのせいで五段到達まで80局近く余分に指すことになろうとは思いもしませんでした(笑)

三段・・・22勝3敗
一度ある段位で止まってしまった場合、昇段まで20連勝くらいが必要になります。

四段・・・40勝11敗
四段は私の中では結構苦戦した印象なのですが、こうして見てみると好成績ですね。

三段、四段合計 76局 62勝14敗 (千日手も1、2回あったような) 

五段・・・約 100勝40敗

スポンサーリンク

五段では並みいる強豪たちに苦戦しながらも割と早めに達成率99%近くに到達していました。弾丸で六段になれないと10秒が六段に上がれない縛りがあったためにずっと達成率90~99パーセントの間をうろちょろしていました。

次回は、弾丸の成績を調べてみたいと思います。
こちらは最新定跡研究開始前と研究後でだいぶ違います(笑)