藤井聡太 VS 竹内雄吾 デビュー18連勝なるか

スポンサーリンク

第7期加古川青流戦トーナメント戦
戦型:ゴキゲン中飛車 VS 角道不突型左美濃急戦
対局日:2017年5月18日

各道を開けずに右銀を繰り出していく形は「居合抜き超速」と言われていることを最近初めて知った。もちろん形自体は知っていましたが。いいネーミングセンスだと思う。さて第1図。先手のゴキゲン中飛車に対して後手は左美濃+超速といった構え。


第1図での評価値は後手プラス50位で僅かに後手寄り。藤井四段も当然知っていての採用だろう。要するにソフトは第1図で先手の得は既に消えている、と判断している。そんな事言ったら中飛車がそもそもダメってことになるじゃないか…本当に恐ろしい時代になったなぁ…。


進んで第2図。▲65歩~▲57銀と積極的に繰り出していった手に対し、後手は△14歩、△34歩、△44歩で端に角を活用する含みを持たせつつ▲54歩~▲44角の筋を消す無駄のない駒組み。あとは機を見て仕掛ければよい。と思っていたらここで早くも△64歩。良さを求めにいった。以下、▲68飛△62飛から妥協のない攻防で第3A図と進展した。


ここで△57桂成▲同金△73銀打!が恐るべきソフトの推奨手(第3図)。定跡になるかもしれない。


非常に指し辛い手だが、こうなれば後手やや良しだったようだ。以下▲65桂なら△94歩▲73桂成△同銀▲62飛成△同銀。後手の左美濃が固い。私事だが第3図の前後を指定局面にして何局か友人と指してみることになっている。藤井四段のことだから、まさかここまで研究していたのか!?と寒気がしたが本譜は第3A図から△63飛。なんだかちょっとホッとした(笑)ただ、形勢はここで先手に少し傾いたようだ。以下△13角▲69飛△14歩に▲68角とぶつけて先手好調。後手は角打ちのキズが多く交換しづらい。やむない△22角に▲67金が力強かった。(第4図)


放置すれば▲56金~▲59角~▲65銀と取られてしまう。竹内四段の実力、才能が発揮された金の使い方で藤井四段の18連勝に黄信号が灯ったか。第4図から△54歩▲同歩△45歩と勝負手を放つが・・・

第5図と進んで、はっきり先手がリードした格好になった。以下△52歩なら歩切れを突いて▲85桂!が絶妙手(かなり指しづらそうな手だが・・・)で先手プラス600点といったところ。。86角の活用が厳しい。本譜は△55歩と頑張って次の△54金を見せたがやはり▲85桂!が絶妙手※本譜は▲65桂(というか10年に1度くらいの絶妙手順と言われてもおかしくないレベルですね(笑))以下、次の▲86角が厳しいので△33角と上がり▲86角に△22玉と逃がすが、そこで▲73桂成!△同銀▲55銀!というスペクタクルな手順(第6図)があった。


△57桂打なら▲同金△55角に▲67金がピッタリ。放置すれば▲66歩から桂を取って完封ペース。ただ、85桂とソッポに跳ねて桂をタダ捨てするような絶妙手順を一体人類の誰が指せるというんだ・・とあまりのソフトの凄さに呆れてしまった。

ということで本譜に戻りたい。▲65桂 も自然な活用で、全然悪い手には見えない。▲85桂が人間が指したら「10年に一度級のミラクルな手」というだけだ。ここで先手のリードは無くなり局面は全くの五分に戻った。冷静に考えて、▲85桂はイレギュラーな手なので竹内四段がチャンスを逃したというよりは藤井四段の勝負術が功を奏したと捉えるべきだと思う。そこから互角に推移していって第7図。△66歩で後手リードしたかに見えるが、ここで先手も魅せる。


上図から▲77角が華麗な返し技。対して△65桂と打ったが、そこで▲63歩成!△77桂▲53桂!なら先手の攻めが1手早く有利だったようだ。ただ、早指しでそんな数時間考えて思いつくかどうかという手を指すのは酷というもの。むしろ追いつかれて焦りそうなところで粘り強く指していった竹内四段の強さをほめたたえるべきだと思った。局面は進んで第8図。厳しい角打ちだがここでまた竹内が根性を見せる。

スポンサーリンク


第8図から▲65飛!が好手。以下△46歩に▲66飛△同飛成▲44金!△同金▲53角△42飛▲44角成~▲53角△42飛▲54桂と華々しい攻防が続く。形勢はなんと、これだけやってもまだ互角。すばらしい熱戦になった。そして第9図。先手にビッグチャンスが訪れていたが・・・


第9図は端をついたところだが、藤井四段の力を考えると信じられないミス。ここで▲41金△同銀▲52金△51歩▲41金△同玉▲22金(詰めろ)△31金▲63歩成△22金▲52とと龍を抜けば先手がはっきり優勢だった。本譜はそれを逃し、再逆転。先手の攻めが徐々に切れ模様になっていき、第10図。
※5月19日追記)△31金 では △54角!という受けの妙手があって互角でした。検討不足をお詫び致します。ソフトで30秒程度考えさせてようやく出てきた手でした。藤井四段には見えていたのでしょうか…。


ここで△42歩ではっきりした。32成香では届かないので▲52と△43銀▲51ととしたが、△55角と遊び角が急所に働いてきてどうしようもない。以下、第10図までと進んで竹内投了。

そして藤井のデビュー以来公式戦18連勝が決まった。
本局に関しては早指しいうこともあり、いつもの正確無比な指し回しではなく二転三転の末の怪勝という形だった。ただ、竹内四段の剛腕が一方的な勝利を許さなかったという点は大きいと思う。
見応え満載の素晴らしい将棋だった。

この将棋の棋譜並べ動画は こちら

 

 

 

後手ゴキ中対超速、銀対抗しない形。44角型と22角型 その②44角型の進行

スポンサーリンク

前回記事では△44角型でなく△22角型を調べた。記事は こちら 

今回は▲34銀に△44角と上がる形を見ていきたい。以下、飛車先を交換して△22歩と謝って第1図。凹まされて苦しいようだが、非常に反発力の強い形だ。


この形の参考棋譜
藤井聡太ー斎藤慎太郎 藤井聡太炎の七番勝負第3局

藤井ー斎藤戦ではここから▲28飛と引いた。一見当然のように見えるが、
第1図では以下の4通りがあり、実はどれも有力。
A、▲23歩
B、▲25飛
C、▲27飛
D、▲28飛
ゴキ中をやる側からみると「え、4つ全部おぼえないとダメなの?」とゲンナリさせられる(笑)。残念ながら覚えていないと一発でやられる変化ばかりだ。ただ、深く追求しだすとキリがないのでAから順ににざっと見ていきたい。
Aの▲23歩に対しては1、△33銀と2、△同歩!▲同銀成△31金に分かれる。

1、△33銀以下は▲22歩成△同銀(△24銀▲32と△56歩は▲44角△同歩▲43銀成で若干先手良し)▲96歩△94歩▲48金!△71角▲28飛△26歩▲37金!(第2図)が進行の一例。後手の狙い筋△26歩を金でむしり取りにいって、elmoはやや居飛車持ち。個人的には薄いので居飛車を持ってやりたくない(笑)


2、△同歩▲同銀成△31金も何かの時に応用できそうな面白い手筋。
以下▲22歩△33銀▲同成銀△同角▲28飛△22角▲23飛成で竜は作られるが△56歩と捌く(第3図)


評価値はほぼ互角。Aの▲23歩は有力ながらあまりやる人は居なさそうだ。

ということで、Bの▲25飛車に移る。意味は2筋の歩が切れたときに後手から△26歩で飛車を封じこめられないの意。見ればなるほどと思うが私の自力ではとても発見できそうにない手でちょっと感動した。以下、進行の一例は△51飛▲96歩△94歩▲79金!△33銀▲45銀△71角▲35歩(第4図)


第4図以下は△44銀▲同銀△同角▲26飛△35角▲36飛△34歩▲59金右が一例で、そうなればやや先手持ち。ただ△51飛では△31銀!▲23歩△同歩▲同銀成△33桂!(第5図)というような進行もあるようで


以下はおとなしく▲28飛と引いて△26歩なら▲32成銀~▲35金を狙うか、▲24飛と抑え込まれないように頑張るか。難解ながらソフト評価値は何れも先手若干良し。Aの▲23歩よりはBの▲25歩の方が個人的には好み。

続いてC、▲27飛を見ていきたい。意味は将来の△55角が両取りにならないようにということ。対して後手には△31銀、△51飛、△33桂など様々な有力手があるが一例として△31銀▲79金△71角▲77角!△56歩▲46歩!(第6図)

スポンサーリンク


△56歩のさばきを飛車の横利きで受けるというまさかの展開だが、変な形ながら先手陣はしっかりしており、以下一例として△57歩成▲同銀△54飛▲45銀△74飛▲56銀引。これは指せば指すほど先手陣が引き締まっていくような感じで、人間にも優しい将棋(笑)だ。27飛型は2筋の歩が切れると△26歩が一発で飛車取りになるので、2筋には触らずこういう感じで指すのが良さそうだ。

最後にD,▲28飛を見ていきたい。藤井聡太四段も指した手で、トリッキーな上の3つの候補手に比べてやはり本命といえる。因みにソフトは▲27飛と▲28飛でかなり迷っていたのでどちらも有力なのだろう。
対して後手は 一、△56歩と軽くさばく手(先手有利になる)
二、△51飛(本筋) 三、△31銀などがあるがまずは 一から見ていきたい。

一、△56歩以下▲44角△同歩(△57歩成は▲77角)▲56歩に△64角は▲18飛△31金(▲65角をあらかじめ受ける)▲57銀△33桂▲46歩(第7図)
これは先手やや良し。以下△45歩に▲77角と据え、△32金に▲45歩で次の▲44歩を狙っていく。後手も△23金▲同銀△同歩▲55金に△同飛▲同歩△45桂と暴れてくるが、▲46銀△56歩▲45銀△57歩成に▲27飛(第8図)と受ける。
第8図は評価値でいうと先手+300なものの人間同士でやると先手が受け間違えて負ける可能性も十分ありそう。ただし、現代ではここからelmo同士で何度も指させて最終盤あたりまで暗記するという裏技があるため恐らくこの図は後手の選択肢から消えていくのだろう。

ということで二、△51飛を見ていきたい。以下は▲24歩と垂らすのがソフトの推奨手で+200程度(先手やや良し)。以下、進行の一例は△94歩▲37桂△95歩▲77角△14歩▲79金△15歩▲23歩成△同歩▲同銀不成△33金▲45桂(第9図)


こうなればはっきり先手良し。14歩~15歩はばからしい手待ちだが、△94歩にかえて△56歩と突いても▲44角△同歩▲56歩で取れば▲65角があって先手良し。
本筋と書いた△51飛がなぜか先手良しになってしまい戸惑っているが、上に調べた結果からざっくりと結論を述べると
第1図ではDの▲28飛が最有力で、ソフト(elmo)の評価値は先手やや良し。

となった。「やや良し」となった局面から最新ソフト同士で指させて徹底的に研究し、「ここからなら勝てそう」というところまで暗記しておけば理論上はどんな人間相手にも勝てそうだがどうか。流石に無理か(笑)

それでは今回はこの辺で。御覧いただいてありがとうございました!またいろいろな戦法を研究して記事にしていきたい。

前回記事では△44角型でなく△22角型を調べた。記事は こちら 

 

後手ゴキ中対超速、銀対抗しない形。44角型と22角型 その①22角型の進行

スポンサーリンク

さて、前回記事では超速の銀対抗の形は居飛車がいいらしく消え始めていることを述べた。 前回記事は こちら
サラっと書いたがソフトが進歩する前だったらあと30年は指せたであろう形で、本当に恐ろしいことが起こっているなあと思う。
今回は超速の銀対抗しない形について調べていきたい。プロ間でも主流はこちらに移っているようだ。

初手からの指し手

▲76歩△34歩▲26歩△54歩▲25歩△52飛▲48銀△55歩▲68玉△33角
▲36歩△42銀▲37銀△62玉▲46銀△72玉▲78玉△82玉▲68銀△72銀
▲45銀(▲77銀から一歩交換させる指し方も有力か)△32金▲34銀(第1図)


第1図からの後手の指し手は2通りで、I、△44角とⅡ、△22角。
因みに藤井ー永瀬戦が22角で、藤井ー斎藤戦が44角だった。

参考棋譜

藤井聡太ー永瀬拓矢 藤井聡太炎の七番勝負第2局
藤井聡太ー斎藤慎太郎 藤井聡太炎の七番勝負第3局

Ⅱの△22角以下は
▲24歩△同歩▲同飛△54飛(第2図)が一般的。

スポンサーリンク


プロの実戦例はここから▲35歩△33歩▲23銀成△24飛▲同成銀△27飛▲25飛△同飛成▲同成銀△27飛▲26飛△47飛成▲59金左(第3図)
因みに▲35歩では▲28歩! ソフトの推奨手でそちらの実戦例もあったような気がする。意味は予め△28飛の打ち込みを消すというシンプルなもの。後手は△31銀と受ける手がほぼ必然で、以下一例は▲77銀△56歩▲同歩△27歩!▲35歩。評価値はやや居飛車良し。


さて第3図。ここからは△56歩がほぼ絶対手のようで、▲同歩に△45竜と竜を活用する。以下▲55歩と進んだのが藤井ー永瀬戦の進行。因みに▲55歩ではソフトは▲37桂!△65竜▲77桂!(第4図)という進行を推奨している。

ここから△74竜では▲24成銀で問題なく先手優勢になってしまうので
△76竜の一手。そこで▲24成銀と突っ込む。以下は進行の一例としては△75竜に▲25飛と際どく受け、後手は△34歩!と華麗にさばきにかかる。以下▲23成銀△77角成▲同角△31金▲89玉(第5図)


最後の▲89玉が凄い手で、△85桂を防ぎつつ69金~78金の余地も見せている。ここまでくるとやや先手良しか。

△22角型の進行は大体こんな感じになる。ソフトやVS相手との実戦でたくさん指して経験値を高めてまたブログや実況動画などで披露していきたい。
超速に限ったことではないがelmo同士で対戦させるなどして徹底的に突き詰めていったら、割とあっさり結論が出てしまいそうで怖い(というかもう出てるかも)・・・そんなこんなで、次回は△44角型を調べていきたい。

次回記事:△44角型は こちら 

 

デビュー17連勝なるか?藤井聡太四段 VS 西川和宏六段

スポンサーリンク

第67期王将戦一次予選
持ち時間各3時間
戦型:先手中飛車 VS  後手超速
先手:西川和宏六段
後手:藤井聡太四段

棋譜並べ動画は こちら 

第1図。角道も開けずにいきなり△75歩と開戦するのが後手超速のキモ。
元々はソフトの発案で、有力さに気づいたプロがこぞって採用するようになった。第1図では▲同歩、▲67銀ともに有力だが本譜は▲同歩。


仮に第1図▲67銀なら△64銀で、そこで更に1、▲75歩と2、▲65歩に分岐。この辺は変化も多いところで、動画の中で解説しているが1、▲75歩なら△同銀▲68角△86歩▲46角の要領でさばく。2、▲65歩なら△76歩▲同銀△75歩▲64歩△76歩▲95角△64歩▲73銀という要領で戦う。何れもソフト評価値は若干居飛車良し。
本譜は第1図から▲同歩△64銀▲65歩(同銀なら▲67銀)△75銀▲54歩△同歩▲同飛と進展して▲55角を狙っていった。これもソフトの評価値は恐ろしいことにわずかではあるが居飛車側に触れている。
進んで第2図。


西川六段の指し手に大きなミスがあったようには到底思えないが、第2図の△87歩の局面でソフト評価値は+300程度で大きく後手に振れた。以下は▲64歩△88歩成▲77銀成△同銀▲同桂に△45銀打と飛車角両取りがかかり、見た目にも後手ペースがはっきりしてきた。
そして第3図で▲63歩成に対して恰好いい手が出る。


上図で△47銀成!が流石の手だった。▲同玉は△74角でと金を抜かれて厳しいと見た西川六段は▲28玉と鬼辛抱だが、流石に角損ではまずそうだ。
それでも進んで第4図となってみると、先手陣は好形で駒損とはいえ攻めがつながりそうだが、またしても後手に好手があった。

スポンサーリンク


上図から△同金が正確な応手。この手以外では飛車の横利きが止まっておりまぎれるところだった。以下▲同金△同飛となって非常にスッキリした形になったうえ、遊んでいた飛車が活用できた。以下、右辺からと金ににじりよられながらも先手が必死に粘って第5図。▲63角が次の▲41角成~▲23飛成と▲52とを見せてうるさそうだが。


第5図で△31金がまたまた正確な手。以下▲54金△58と寄▲55金△49とで
はっきり後手の勝ちが見えてきた。そして第6図。華麗な詰みがある。


第6図から△88飛成▲58歩に△38金!!と打ち込んだところで先手の投了となった。以下、一、▲同銀なら△39銀▲同玉△48金▲28玉△38金▲18玉に△28金と押し売りして、▲同玉に△58竜で▲38銀(角)なら△39銀だし▲38金なら取って△47と以下簡単に詰む。二、▲同玉なら△47と▲28玉△39銀▲同玉△38金以下詰み。
圧倒的な内容で、これでデビュー以来公式戦17連勝となった。次の相手は澤田六段と強敵だが、ここであっさり勝つようなら王将リーグ入りも十分見えてくる。

 
藤井聡太関連記事は こちらから 

 

後手ゴキゲン中飛車が消える?その3

スポンサーリンク

今回は 最新版の超速 VS 穴熊 の戦いを見ていきたい。
elmoで解析した結論から言うと、穴熊は「間に合わない」ので居飛車良しになる。

後手ゴキゲン中飛車が消える?その1は こちら 
後手ゴキゲン中飛車が消える?その2は こちら 

さて、前回記事の後手ゴキゲン中飛車が消える?その2で
美濃に組んで持久戦になる場合の戦い方を述べたが、どの変化も居飛車が有利になっていた。そこで第1図。△72銀に代えて穴熊にしたらどうか?という実戦だ。三段リーグの 藤井聡太 VS 西山朋佳 戦でも指されている。


第1図からいったん▲58金右と固め、△91玉の瞬間に▲24歩が急所。
超速側にまともに穴熊に囲わせる気はさらさら無い。以下、△同歩に▲37桂と跳ねて第2図。既に後手の指し方が難しい。
候補手は
A、△51飛 と B、△82銀(西山三段が指した手)に分かれる。


因みに第1図で△35歩は▲45桂△42角▲35歩で、△36歩には▲38飛だし
△32金なら▲55銀左で先手良し。
まずは B、△82銀から見ていきたい。
△82銀には▲45銀(実戦通り)とぶつけてしまう。 △同銀なら▲同桂△42角に▲53銀と放り込んで△同角▲同桂成△同飛▲24飛△31金に▲96歩(第2B図)が落ち着いた手で良し。次の▲97角に△64銀と投資するのでは後手辛い。


実戦は△同銀ではなく△35歩(最善手)▲同歩△51角と進行したが、▲44銀△同歩▲26飛で次の▲55銀や▲96歩~▲97角を見せ先手良しとなった。
△51角で△51飛(最善手と表示される手)ならじっと▲36銀が好手。放置すると▲46歩~▲45歩で完封になるので△56歩と暴れてくるよりないが▲同歩△同飛に▲46歩が好手。以下△55銀▲47金△66飛△同歩△56銀打に▲58歩!(第2C図)が好手で先手良し。

ということで、第2図から△51飛の変化を見ていきたい。
対しては▲96歩といったん待つ手も非常に有力だが、▲45銀(第3図)とぶつける方が分かりやすいか。


第3図で△同銀▲同桂△42角はやはり▲53銀で悪いので、
1,△32金か
2、△35歩
に分岐するが
1、の△32金は▲34銀△42角に▲23歩(第4図)が好手。


次の▲22歩成から▲43銀成があるので△33銀と受けるか
以下▲同銀成△同角に▲96歩が好手。以下△82銀に▲45桂~▲53銀から精算して▲55銀(第4Å図)で先手良し。
以下△51飛ならじっと▲46銀と引いて△33桂に▲22歩成△同金▲42角△52飛▲31角成。

スポンサーリンク

ということで第3図から△35歩▲同歩を入れて△36歩を見せて先手の銀に制約を与えてから受けに回ることになりそうだがそこから△32金には
▲36銀(第5図)がやはり好手で先手良し。▲37桂~▲36銀は攻めの理想形。

第5図から進行の一例は△82銀▲46歩△71金▲96歩△42角▲34歩△74歩▲29飛(第6図)
評価値は先手+200~300程度といったところ。後手としてはここまで最善を尽くしてこの形勢では辛そうだ。しかもこの変化に至る手順中、一手でもミスをすれば形勢は大きく傾いて二度と挽回できなくなる。


第6図は先手良しと思うが、穴熊の固さを生かして後手もチャンスはありそうだ。藤井聡三段ー西山三段戦も西山三段がそうした進行を狙っていたと思うが藤井三段の完璧な指し回しの前にリードを広げられ、完敗した。超速は玉が薄いので良くなってから勝ち切るまでがなかなか大変だが藤井三段は見事にそれをやってのけた。次回はその棋譜並べをやっていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

後手ゴキゲン中飛車が消える?その2

スポンサーリンク

後手ゴキゲン中飛車が消える?その1は こちら
後手ゴキゲン中飛車が消える?その3は こちら 


第1図から△72銀~△64歩~△65歩と▲66銀型を迎撃していく指し方は
前回記事参照(前回記事:後手ゴキゲン中飛車が消える?その1)
その1は こちら

今回は第1図から△72玉と穏やかに囲っていく順を調べていきたい。プロの実戦例も多い形だ。

△72玉以下は▲66銀△82玉▲78玉△72銀▲58金△94歩▲96歩△32金▲37桂(第2図)

第2図までは一本道といったところ。以下△51飛▲16歩△64歩▲29飛△14歩と進んで第3図。ここで▲45桂と仕掛ける手もあり、それも居飛車やや良しと思うがelmoの推奨手は更に上を行っていた。


第3図から▲68金寄!が面白い手。
後手も分岐点で、
A、△63銀
B、△42角
C、△22角に分かれる。

まずAの△63銀はすかさず▲45桂。△22角に▲24歩△同歩▲同飛と進め、
△23歩なら▲34飛△33角▲55銀左で先手優勢。よって△23歩とは打てず△33桂と跳ねるくらいだが▲同桂成△同角▲28飛と進めて、
△84桂にはいったん▲77銀と受けて次の▲86歩~▲85歩を見せて良し。
△23歩なら▲35歩△同歩▲38飛(第4図)と進めてこれも先手良し。

スポンサーリンク


第4図から△54桂には▲35銀。△42金ならいったん▲34歩を利かせて▲35銀で良し。

続いてBの△42角(▲55銀なら銀交換後に△38銀の狙い)ならいったん▲26飛と浮くのが好手。今度こそ▲55銀が来るので△33角しかないが、そこでいったん▲77角(第5図)と手を渡すのが好手。elmoの評価値は先手+300。


ここで後手は指し手に困る。△63銀なら▲35歩△同歩▲45桂で先手良し。△42角も▲55銀△同銀▲同銀△53角▲28飛で先手良し。
△22角も▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲26飛(第6図)で、


第6図から△33角、△63銀、△54飛などの候補手があるが何れも▲35歩△同歩▲45銀と仕掛けて先手良し。

という感じで、後手ゴキゲン中飛車が消える?その1、その2を解説させて頂いたが如何だっただろうか。
もし、後手の修正手順などがこざいましたらご教授いただければ幸いです。

後手ゴキゲン中飛車が消える?その3は こちら

 

後手ゴキゲン中飛車が消える?その1

スポンサーリンク

後手ゴキゲン中飛車が消える?その2の記事は こちらです

最近、玉形を68玉で留めて攻撃の形を作り、場合によってはそのまま攻めつぶしてしまうタイプの「超速68玉型」が猛威を振るっている。

初手からの指し手

▲76歩△34歩▲26歩△54歩▲25歩△52飛▲48銀△55歩▲68玉△33角▲36歩△53銀▲46銀△44銀▲78銀(第1図)

この▲78銀が新しい指し方で、美濃囲いにするわけではなく、このまま▲66銀型を作って場合によってはそのまま攻め潰そうという指し方。
以下、△62玉▲77銀(第2図)と進んだところが早くも後手の分岐点。


第2図から A、△72玉と B、△72銀に分岐する。
Aは穏やかに王様を囲う順、Bは▲66銀型超速を咎めようという指し方。
結論から言うとAが本筋だが、Bに対する指し方をまず見ていく。
△72銀以下、▲66銀△64歩 と、△65歩▲同銀△63銀の銀ハサミの筋を狙って動くがそこで▲24歩(第3図)が大事な一手。


以下、△同歩▲37桂で攻撃準備完了。対して△71玉の局面はelmoや浮かむ瀬によれば評価値先手プラス200超え。いったん駒組みを進めてから機を見て▲45桂で先手やや良し。
という訳で、後手が良さを求めるなら▲37桂に△65歩と突くしか無いが…
▲同銀△63銀に▲25歩(第4図)が一手早く決まる。


第4図以下は△同歩しかないが、▲同桂△22飛に▲38金!(第5図)がうまい手。


角を逃げれば▲55銀なので△64歩と打つくらいしかないが、▲33桂成△28飛成▲同金△33銀に▲82角(第6図)で、


以下七段の人に△92飛▲91角成△同飛▲22歩と進んで勝った実戦がある。実戦の動画は こちら です。

ちなみに▲82角には△65歩▲91角成△48飛▲58飛△49飛成もあるが、▲81馬と桂馬を取っておいてやはり先手が良さそう。勝ち切るまでは大変だとは思うが、ゴキ中側も悪くなると知っていてこの変化を指すのは辛いだろう。

次回は第2図から A、△72玉で穏やかに囲っている順を調べていきたい。結露からいうと、これも評価値的には居飛車やや良し。

次回、後手ゴキゲン中飛車が消える?その2の記事は こちらです

スポンサーリンク

 

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

【1日1回のランキング投票です。押して頂けると大変うれしいです!】

将棋 ブログランキングへ

次の一手・詰将棋コーナー総合ページ